奔豚氣病脉證第八(1~5 )
132 1 師曰、病有奔豚、有吐膿、有驚怖、有火邪、此四部病、皆從驚發得之。

133 2 師曰、奔豚病從少腹起、上衝咽喉、發作欲死、復還止。皆從驚恐得之。

134 3 奔豚、氣上衝胸、腹痛、往來寒熱、奔豚湯主之。















  • 二両 四両 二両 五両 二両 四両 一升
  • 上九味、以水二斗、煮取五升、温服一升、日三、夜一服。

135 4 発汗後、焼針令其汗、針處被寒、核起而赤者、必發豚、氣從小腹上至心、灸其核上各一壮、與桂枝加桂湯主之。
  • 桂枝加桂湯方 桂枝 芍薬 甘草 生薑 大棗
    五両 三両 二両 三両 十二枚
  • 上五味、以水七升、微火煮取三升、去滓、温服一升。

136 5 発汗後、臍下悸者、欲作賁豚、茯苓桂枝甘草大棗湯主之。
  • 茯苓桂枝甘草大棗湯方 茯苓 甘草 大棗 桂枝
    半斤 二両 十五枚 四両
  • 上四味、以甘瀾水一斗、先煮茯苓、減二升、内諸薬、煮取三升、去滓、温服一升、日三服。

傷寒論/金匱要略






TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬