ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




近視



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告


関連情報 飛蚊症
見えにくい
視力障害

弱視





近視の漢方薬
苓桂朮甘湯
  1. 仮性近視:疑似近視の軽減または治癒した者(70.9%)《藤平健》






添加で「視力改善」

「魚の脂肪に含まれ「頭の働きを良くする」と言われているドコサヘキサエン酸(DHA)を加えたパンが、視力の改善に役立つ可能性があるという調査結果を農水省食品総合研究所と千葉県横芝町の食品会社「スゴウ」がまとめた。9月に開かれる日本脂質栄養学会で発表する。
同町の小学校3校(児童1000人)の給食に1994秋から週1回、DHAを300mg加えた菓子パンを導入。視力1.0未満の児童は1994年春に22%いたが、導入後の95年度は19%に減った。そこで昨年、眼科医の協力で、4〜22歳の近視の27人に毎日1個づつ1ヶ月食べ続けてもらってところ、40%にあたる11人の視力が0.2以上あがったという。



<1>レモン色
<2>黄色
<3>オレンジ色
<4>赤色





病的近視
40歳以上の日本人の約4割が近視。

病的近視は子どもの頃には、近視以外の症状が表れないが、大人になってから、問題が出てくる。
「小児期から眼底に兆候が見える」(大野京子・東京医科歯科大学教授)

強度近視 病的近視
前後方向に眼球が伸び、網膜で像が結べない。 眼球の後ろ側がいびつに変形している。
視細胞が集まる網膜が剥がれて網膜剥離を起こすことがある
視力が低下する 視力が低下
視野がゆがむ。
視野が欠け、黒くなる。
眼鏡で矯正できる

視力でなく、ゆがみが問題。
眼球の奥が変形するため、網膜や視神経が傷つき合併症がおこる。
・「網膜剥離」
・「緑内障」視神経が傷つくと視野の一部が見えなくなる。
・ゆがんだ眼球に亀裂ができ、新しい血管が黄斑に入り、「黄斑変性症





レーシック
レーザーで角膜を削って光の屈折率を変え、視力を矯正する。

切開した表面はフラップ(=ふた)のように閉じて接着する


・裸眼で生活できる

・視力の回復が早い

・不衛生なコンタクトレンズによる感染症が起きない

強度の近視は矯正できない

手術を受けるとやり直しがきかない。

・後遺症の恐れ

・見え方の質の低下
  • (夜間に光がにじんで見える)

・角膜の経年変化で視力が戻り再手術が必要になる






レーシック・・・健康被害
2009年2/25、
東京都によると「銀座眼科」で、近視を矯正するためにレーザー光線を使うレーシック手術を受けた患者のうち、少なくとも67人が健康被害を受けていることが分かった。
東京都福祉保険局によると、目の手術でこれほど多数の被害が出るのは異例。


症状の多くが感染性角膜炎という

2011年、レーシック手術後の補正に使うコンタクトレンズ(ハード)が発売された。





オルソケラトロジー・・・
角膜矯正法


専用のコンタクトレンズをつけて寝るだけで、近視を矯正できる。2009年4月に、国内メーカーのレンズが厚労省の承認を得た。
日本コンタクトレンズ学会も治療ガイドラインを作成。

(治療できる患者)
近視度が・・・・・-1.00D〜-4.00D
乱視指数・・・・・-1.50D以下


夜間に、特殊な形状のコンタクトレンズをつけて寝るだけで視力を矯正する

コンタクトで角膜の中央部を凹レンズ化させて光の屈折率を変える

昼間に裸眼で過ごせる(軽度の近視のとき)

特殊コンタクト毎晩つけることで感染症の恐れあり

特殊コンタクトの使用をやめれば角膜は本の形状に戻る






視力矯正RK手術
(角膜放射状切開(RK)手術)
医師側に・・・賠償命令


近視や乱視が手術で治る」という角膜放射状切開(RK)手術を受けた青森県十和田市の会社経営者(46)が「手術で乱視が進んだ」などとして、大阪市淀川区のRK手術専門医院「岩井眼科」(廃院)の執刀医らに、約1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、岡山地裁であり、小沢一郎裁判長は「手術の危険性を説明せずに手術した結果、後遺症が発症した精神的苦痛は計り知れない」として、医師側に300万円の支払いを命じた。
原告側によると、RK手術をめぐる損害賠償請求訴訟の判決は初めてという。
同病院で手術を受けた大阪などの47人も、総額約5億円の賠償を求め大阪地裁に提訴している。
判決によると、会社経営者は岡山県内に住んでいた91年9月、同病院で手術を受けたが、直後からまぶしさが残るなどの症状を覚え、乱視も悪化した。


同裁判長は「RK手術は視力が改善される症例がある」としながらも「後遺症や合併症を発症する危険性がある」と指摘した上、


「医師は手術を適正に行ったが、手術の成功の見通しや危険性に就いて説明しなかったため損害賠償の責任がある」とした







矯正手術
米食品医薬品局(FDA)は9日、角膜に半月状の薄い透明樹脂を埋め込む近視矯正の新たな治療法を認可すると発表した。

視力矯正法には、眼鏡やコンタクトレンズの外、レーザーで角膜を削ったり切開する治療法があるが、FDAがレーザー以外の矯正手術を認可するのは初めて。

レーザー治療に比べ安全性や効果の面で優れているとの見方があり、近視患者の多い日本でも関係者の関心が高まりそうだ。
認可されたのは、米医療器具メーカーが開発した「インタックス」。

薄さ0.3mm前後の半月状の2つのアクリル樹脂で、局所麻酔を使って角膜表面に埋め込み、レンズの屈折率を調節する。

手術時間は15分程度。





関連情報 飛蚊症」「見えにくい」「視力障害弱視













TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬