ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



機能性ディスペプシア(FD)
<機能性胃腸症>




HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






胃炎
萎縮性胃炎
慢性胃腸病
おけつ
広告



機能性ディスペプシア(FD)
機能性ディスペプシア(functional-dyspepsia)

ディスペプシアとは、上腹部消化器症状の総称です。
  • 2013年6月に正式に病名となった。 などの症状があるにもかかわらず、
  • 検査をしても何も異状が見つからないものです

正常なでは、
  • 食べると上部(胃底)の背側(後ろ側)に膨らむ。
  • →そこへ食べ物が詰まっている。
  • →すぐには流れていかない
  • →15分ぐらいから胃酸で消化されすこしづつ落ちる。

ディスペプシアの患者は、食べると、すぐに、幽門部に落ちてしまう。
そこに溜まって動かない。






機能性胃腸症
機能性胃腸症とは

  • ☆どうも、近頃、胃の調子が悪い
  • ☆食後に胃がもたれたり、
  • ☆みぞおちが焼ける感じがする。
  • 日本人の8人に1人が患者
  • 昔は
    • 「胃下垂」とか「胃アトニー」とか呼ばれ、
    最近まで などと診断されていた。


胃痛胃もたれ感を訴えている人を内視鏡などで検査しても炎症や潰瘍・ガンなどの病変が見られない方を、
  • 1 胃痛などの症状はあるが、内視鏡などで病変が見られないもので、
    2 体重の減少や貧血・発熱などが無い
    3 ヘリコバクター・ピロリ菌が見つからないケースを機能性胃腸症と分類するようになりました。
    4 患者は勤務時間が不規則になりがちな職種によくみられる
    たとえば、国際線の客室乗務員やタクシー運転手



慢性的な胃痛
  • 胃の痛みや胃もたれ感が続いている。
  • 胃腸薬を飲んでも良くならない。
    内視鏡の検査をしても異常がないといわれた。


1999年に国際的な診断基準ができるまでは
  • 「気のせいでは?」と言われたりした。
  • 1 食事の途中でおなかが一杯になってしまう
    2 食後に「胃もたれ」が続く
    3 胃のあたりに焼けるような感じがある
    4 おなかがいつも張って不快感がある
    5 突然、お腹が痛くなり下痢する
    6 腹痛の後、排便すると痛みが止まる。
    7 下痢や便秘を繰り返す


ひと言で言えば・・・・胃腸の働きが悪くなっている状態のこと。
  • 国内では4人に1人が経験するありふれた病気。
  • 食べた物は胃の中に入り、胃の出口(幽門)から流れ出る。
  • このとき、腸からの信号によって胃は大きく動いてかきまぜ、消化を促す。
  • ところが、機能性胃腸症では胃が動かないで、食べ物と胃酸が胃の出口付近にたまって、そのまま十二指腸へ流れて行く。このとき胃酸の刺激で痛みを感じる


ウツ傾向
  • 本郷・東北大学教授によれば、機能性胃腸症と診断された患者の約半数にウツ傾向が見られたという。
  • そのため機能性胃腸症の発症にはうつ病と同様に神経伝達物質セロトニンが関与している可能性が検討されている。





(機能性胃腸症の分類)

  • @ 食べたものがいつまでも胃の中に留まっているように感じる「胃もたれ感」が主症状のタイプ
    A 胃痛があり胃潰瘍に似た症状のタイプ
    B 上記のいずれとも違う非特異的タイプ。


(機能性胃腸症の原因)
  1. ストレス
  2. 胃の運動機能が低下
  3. 内臓の知覚過敏


(機能性胃腸症の対策)
  1. 睡眠を十分にとる
  2. ストレスをためない
  3. 1日3回、規則正しく食事を
  4. ゆっくり良くかんで食べる
  5. 脂っこいもの、甘いもの、塩辛いものをひかえめに
  6. アルコールはほどほどに
  7. 腹八分目に






機能性胃腸障害
内視鏡検査などで消化管に異常がみつからないもので、機能面で問題がある病気を、「機能性胃腸障害」と呼ぶ。


  • 機能性胃腸障害には
    FD (機能性ディスペプシア)
    • 内視鏡検査では異常が見つからない
    IBS (過敏性腸症候群)
    • 内視鏡検査では異常が見つからない
    NERD (非ビラン性胃食道逆流症)
  • が含まれる






新薬を製造承認申請
  • 胃に潰瘍や腫瘍が見つからないのに、痛みやもたれを感じる症状への治療薬候補が2013年、認可の予定。

機能性ディスペプシアの患者は、内視鏡検査では胃に腫瘍や潰瘍が無いのに、食べ始めるとすぐに満腹感を感じたり、みぞおちに痛みを感じたりする
  • ストレス
  • →アセチルコリンが低下する→
  • →胃腸機能が低下
  • →それがストレスに
  • →悪循環

アコファイド(一般名:アコチアミド)
  • 2013年から販売。
  • 胃に潰瘍などの痛みの原因となるものが無い状態で、痛みやもたれを感じる症状「機能性ディスペプシア」(FD)を改善する薬。
  • アセチルコリンの作用を強める薬。
  • 食物を胃から小腸に送り出すのが遅れるのが原因とみられている。



関連情報 胃炎」「萎縮性胃炎」「慢性胃腸病おけつ








通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査