ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    



基礎体温が低い



HOME ブログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





体温が低い」 

倦怠感」 

基礎代謝




基礎体温が低いときの漢方薬
  1. 四物湯
  2. 柴胡桂枝乾姜湯
  3. 十全大補湯
  4. 真武湯
  5. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
  6. 当帰芍薬散加工ブシ末   
  7. 当帰芍薬散







基礎体温が低い
肥満しやすい
  • 基礎代謝が低いと、摂取したカロリーが使われずに脂肪として蓄積されてしまいます。
    そのため、ダイエットなどでは基礎代謝を上げる事が大切になります。
    基礎代謝が上がると基礎体温も上がってきます。



35℃

  • ガン細胞は35℃で活発になる


  • リンパ球などは35℃では十分に働けない。
    1. そのため、体温が低い人はカゼでも長引きやすい。
    2. 酵素の活性も36℃より37℃の方が働きが良くなり、細胞活動が上昇する。
    3. 体が温まると緊張がほぐれ、副交感神経が働きやすくなる。








関連情報 体温が低い」 「倦怠感」 基礎代謝










    
ドクトルアウン         ツムラ番号
治るコム よく使う漢方薬
ブログdraun 漢方薬(症状別)
呼吸 針灸
自殺 音楽療法
突然死 栄養療法
死因 くすり一覧


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved