ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



気象病
(天気病)



通 販 カタログ 病名(症状)


気象病
天気に合わせ 

このところ天気の変化がめまぐるしい。 


何となく体調がすぐれないという方 も多いのではないだろうか?


言うまでもなく、我々の身体は大気に包まれている。 


大気の状態は、温度・ 湿度・気圧・風など常に変化するので、身体は絶えず対応を迫られている。 

と ころがちょっと体調のバランスを崩していたりすると、身体はこの大気の変化に対応しきれなくなる。

大気の変化は天気の変動と連動している。
 

そこで天気によって体調を崩すこと になる。 

このような病的症状を一括して「気象病」という。
    • 雨が降ると頭痛がしたり古傷が痛んだり、
    • 又晴れると喘息の発作が出たりする。

いずれも典型的な気象病だが、原因がよく分からない医者泣かせの病状である。
  • (東京学芸大学教育学部助教授・加賀美雅弘)





天気痛
気圧の変化から起きる頭痛・関節痛 


耳で気圧の変化を感じる・・・耳が原因 


ストレス→側坐核の活性を抑える→脳内麻薬が出なくなる
  • 側坐核は痛みを感じると活性化する


気圧が下がる始めときに、酔い止め薬を飲むと良くなる






がんと電磁波
ガン細胞に電磁波を照射すると、最高24倍もスピードアップし悪性化することが分かっている

ニワトリの胚に1mmガウスの微弱電磁波を当てると奇形が発生した


人体では、
 

脳の神経ホルモン(セロトニンetc)の分泌異常が起こる

これらはうつ状態や行動異常などに関連しており
 

高圧電線周辺の住民に自殺が多い 
という疫学調査を裏付けるものです。 


ダウン症などの染色体異常も起こる。 


バイオリズムを狂わせる。 



慢性的なストレスの原因になり、免疫システムを弱体化させる 


学習能力を低下させる。 

これらは 

カルシウムイオンなど荷電粒子が電磁波からエネルギーを受け取って、旋回運動をしたりスピンアウト(螺旋運動)する現象(サイクロトン共鳴)などで説明される







太陽活動
「太陽活動が活発になると間接的に雲の量が減少し、地球が温暖化する、という仮説を、東京大学と名古屋大学の共同チームがまとめた。


太陽の活動が盛んになる→
  • @太陽磁場が強まる
    A宇宙からの宇宙線(放射線)が地球に届きにくくなる
    B宇宙線の作用でできる雲の量が減少
    C太陽光の反射が減って暖かくなる

研究チームは樹齢約2000年の屋久杉の年輪中の炭素同位体を手掛かりに、過去の温暖・寒冷期の太陽活動の様子を復元した。
ただ、研究チームは現在の温暖化は、二酸化炭素の増加など人為的な影響が大きいと見ている。
 

“近年の太陽活動は活発だが、中世の温暖期ほどではない”
  • (宮原ひろ子・日本学術振興会特別研究員)」




“月が軌道をはずれてさまようのだ。”
“常より地球に近づくと、人の心が狂うと言う”
  • (シャークスピア「オセロ」菅泰男訳)

  • 旧暦の各月は完全な新月の瞬間「朔」を含む日に始まる。
  • したがって「朔」の時刻は、最も早いときは1日午前0時になり、遅い時には2日の直前になる。

  • そこから「望」(完全な満月)に達するまでの時間は一定ではなく、13.8日〜15.8日かかる。

  • だから旧暦の15夜と満月の夜は必ずしも一致しなくなる。







倦怠感 
だるい
虚労 
疲れやすい 
脱力感 
元気がない

熱中症
高山病(低酸素症)
気象医学

太陽光線
地球





2006から続くnaoru.com/ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved