ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    


気象医学


情報TOP




気象病
天気に合わせ

このところ天気の変化がめまぐるしい。


何となく体調がすぐれないという方も多いのではないだろうか?


言うまでもなく、我々の身体は大気に包まれている。


大気の状態は、
温度・ 湿度・気圧・風など常に変化するので、身体は絶えず対応を迫られている。



と ころがちょっと体調のバランスを崩していたりすると、身体はこの大気の変化に対応しきれなくなる。


大気の変化は天気の変動と連動している。



そこで天気によって体調を崩すこと になる


このような病的症状を一括して「気象病」という。


・雨が降ると頭痛がしたり

・古傷が痛んだり、

・又晴れると喘息の発作

が出たりする。
いずれも典型的な気象病だが、原因がよく分からない医者泣かせの病状である

(東京学芸大学教育学部助教授・加賀美雅弘)



血管運動性鼻炎
#寒暖差による鼻炎


1日の温度差が7℃以上で起きるとされる


朝がたにクシャミ・鼻水が出るが
血中IgE抗体が少ない場合は、
[血管運動性鼻炎]
であって、アレルギー性鼻炎でないことがある.


アレルギーではない鼻炎だが、アレルギー性鼻炎の薬が有効


天気痛
気圧の変化から起きる頭痛・関節痛。


耳で気圧の変化を感じる・・・耳が原因。

→ストレス

→側坐核の活性を抑える

→脳内麻薬が出なくなる

気圧が下がるり始めるときに、酔い止め薬を飲むと良くなる。




“月が軌道をはずれてさまようのだ。常より地球に近づくと、人の心が狂うと言う”

(シャークスピア「オセロ」菅泰男訳)

旧暦の各月は完全な新月の瞬間「朔」を含む日に始まる。

したがって「朔」の時刻は、最も早いときは1日午前0時になり、遅い時には2日の直前になる。

そこから「望」(完全な満月)に達するまでの時間は一定ではなく、13.8日〜15.8日かかる。


だから旧暦の15夜と満月の夜は必ずしも一致しなくなる




ガン情報 

ガン治療
  

乳がんの病院


胸のしこり 

ページェット病
 

乳腺症


気痛の漢方薬

頭痛

気血水



解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査