ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



キトサン



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




キトサン
  • キチンを熱した濃いアルカリ溶液に浸漬しておくと、N-アセチル-D-グルコサミンからアセチル基が脱落してアミノ基に入れ替わったもの。

  • ・プラスに荷電した食物繊維。

  • ・有害金属イオン(例えばカドミウム・水銀)を包み込む(キレート化合物)働きがある。







キトサンの効能効果
  • アレルギー性疾患
  • ガン
  • 肝炎
  • 高血圧
    • 奥田拓道氏が、食塩の摂りすぎによる高血圧を抑制することを確認。
    • 血圧を上昇する物質が食塩のなかのナトリウムではなく、塩素であることを突き止めた
      塩素(マイナス荷電)をキトサン(プラス荷電)が腸管内で吸着して体外へ排泄してしまう
  • 高脂血症
  • 五十肩
  • 神経痛
  • 腎臓病
  • 糖尿病
  • 白内障
  • 腰痛
  • 慢性便秘





キトサンの種類
  • α型・・・カニ殻から製造
    1. N-グルコサミン残基が180度倒錯。
    2. 斜方晶系の結晶
    3. 水に溶けない。
    4. 希有機酸に溶ける。

  • β型・・・イカ軟甲から
    1. .N-グルコサミン残基が同一方向に一直線状になっている。
    2. 単斜晶系の結晶
    3. 水に溶ける。






アトピー治療へ
  • キトサンには皮膚のバリアー機能を高める働きがあり、塗り薬に利用できる
  • アトピー性皮膚炎では、バリアー機能の維持に関係する「フィラグリン」というタンパク質が皮膚細胞を覆っている。
  • キトサンは皮膚細胞に取り込まれると、フィラグリンを作る働きを高める効果がある。
  • だが、キトサンの分子は鎖状に長く伸びており、吸収されにくい。佐藤智典・慶應義塾大学教授らは、筋肉を構成するヒアルロン酸と混ぜる方法を検討した。

  • キトサンはプラス(+)、ヒアルロン酸はマイナス(ー)の電気を帯びており、結合させると、絡み合って直径が20ナノbの球状になった。そのままではほどけやすいので、「ヘパリン」を接着剤とした。
  • 培養した人の皮膚細胞を使って実験した。
  • その結果、細胞でできたフィラグリンの量が通常の約2倍になった。




オリコグルコサミン
  • キトサンオリゴ糖。 
    キトオリゴ糖 「キトサン」を、塩酸又は酵素(キトナーゼ)で加水分解し、精製して得られたD-グルコサミンの1〜6量体の混合物からなる。 
    増粘安定剤 Oligoglucosamine






関連情報 グルコサミン

キチン

イカ

食物繊維

オリゴ糖







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査