情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



気うつ






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








気血水









気うつ(気鬱)
気ウツ


気剤(きざい)
  • 病気は気のうっ滞によって起こり、また病気になると、気が上衝し、気がめぐらなくなる。この気をめぐらし、上衝の気を下がる薬物が気剤。

  • “万病は一気の留滞によって生ずる”《後藤艮山》






気うつの漢方薬
  1. 加味逍遥散
  2. 香蘇散
    1. <ウツ傾向>
      昔西京に一婦人あり、心腹痛を患う。諸医手を尽くして癒えること能わず。一老医此方を用いて3貼にて霍然たり。気鬱を揮発せしが故なり。但し《和剤局方》主治に泥むべからず。《勿誤薬室方函口訣》
  3. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. 当今の病人は、気鬱と肝うつの病人が10中の7、8である。
      肝欝が募ると癇症となる。婦人はわけても肝欝と癇症が多い。この場を会得すれば当今の雑病の治療も困難ではない。《傷寒論》では胸満、煩驚、小便不利の者に用いている。この数症の中で、胸満が主症で、煩驚、小便不利が客症である。畢竟、胸満するから自然と胸中が煩する。煩するから精神が不安で事に触れて驚くようになる。気が胸に上って結ばれるからそこに鬱積してめぐらない。それで小便の不利が起こる。それ故にこの方を用いる標準は胸満である。もちろん大小便の通じ悪く、煩驚があれば正面の証である。さて癇症は色々の証を現す病で、夜床につくと、眼に色々のものが見えたり、また水気が臍の下から攻め上がって呼吸が促迫して、脚気衝心のようになったり、発作のたびに手足がひきつれ、ひどいときは痙病のように、反り返る。夜間たまたま眠ると夢を見、種々の症状を現す。このような場合、胸満、煩驚、小便不利があれば、必ずこの方を用いるが良い。《餐英舘療治雑話》
  4. 柴朴湯
  5. 滋陰降火湯
  6. 参蘇飲   
  7. 神秘湯
  8. 大柴胡湯
  9. 釣藤散
  10. 当帰四逆加呉茱萸生姜湯
    1. 27歳女教員。
      いかにも不快そうな顔をしている。患者の云うところによると、約3ヶ月前に胎児が死亡したので、掻爬手術を受けた。その後、めまい・悪心・腰痛が起こり、肩凝りがひどく、背も痛み、いつも頭が重いと云う。
      腹診すると、腹部は一体に軟弱であるが、回盲部のやや内下方の部位に、かなり強い圧痛を証明する。
      そこで私は先ず当帰芍薬散を与えたが効無く、加味逍遥散にしたところ、めまいは取れた。しかし頭痛はますます激しくなり、時には嘔吐を伴うこともあり、腰痛もとれず、足がとても冷えるという。それにとても気分が悪くて、勤務出来ないと言う。よって当帰四逆加呉茱萸生姜湯にしたところ、急速に快方に向かい。1ヶ月ほどで全快した。
      これらの経験から、私は呉茱萸が重大な働きをしているように思う。浅田宗伯はかって、難治の気鬱病に四逆散呉茱萸茯苓や、沈香降気湯呉茱萸黄連を用いて著効を得た例を報告している《大塚敬節》
  11. 当帰芍薬散
  12. 当帰芍薬散イソフラボン
  13. 当帰芍薬散紅参
  14. 当帰芍薬散アミノ酸
  15. 当帰芍薬散Q10
  16. 二陳湯
  17. 女神散
  18. 半夏厚朴湯
    1. 気鬱症:諸気疾に活用して良し。婦人は気鬱多き者故、血病も気より生ずる者多し《勿誤薬室方函口訣》
  19. 苓甘姜味辛夏仁湯





チェック
うつ病」「無気力」「憂鬱「不安」「ストレス








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬