ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



気づかれ
(精神疲労)




通 販 カタログ 病名(症状)





広告







気分が落ち込む
気分が沈む
精神疲労







TGF-β
「精神的に疲労を感じたときに脳内で働く物質を京都大学の伏木亨教授と京都府立医科大学の花井一光教授らが動物実験で見つけた。
筋肉などの肉体疲労で生ずる物質とはまったく違う、いわば『気疲れ』の原因物質。長時間のデスクワークや精神的ストレスで疲労感を生じる仕組みの解明や回復薬の開発につながる可能性があるという。
この物質は人間や動物の脳にある[TGF-β]というタンパク質の一種。
通常は不活性だが、何らかの原因で活性型に変化する。
研究チームはストレスを与えたネズミの脳から[TGF-β]を抽出して全摘するとともに、この物質をネズミに投与して観察したところ、活動量が目立って減少したという。
筋肉活動による「末梢性疲労」に対し、
脳が疲れたと感じるのは「中枢性疲労」と呼ばれる。
この疲労にはセロトニンという神経伝達物質も関与することが分かっており、「TGF-βとセロトニンとの関係を明らかにすることにより疲労を感じる仕組みを突き止めるのが今後の課題」と研究チームでは話している。


精神疲労
酸化ストレスといい、精神疲労の大きな原因と考えられています。
  • ネズミなどの実験で脳に酸化ストレスを与えると、神経伝達物資の働きが低下し、行動や意欲が鈍ります。一方、酸化ストレス加えるのを止めると数十分〜数時間で回復し、人が一晩休むと疲れがとれるという経験的事実に一致する。
    活性酸素による神経機能の低下は初期なら回復可能です。
    そのため休息を取ることがいかに重要かを示しています





活性酸素が脳神経を損傷
脳を酷使したり心配事で悩むと、グッタリして疲れを感じて脳の働きが低下する。

こうした精神疲労は脳内で生じた活性酸素が神経系を傷つけて起きることが分かってきた。

活性酸素
は細胞で酸素を燃やしてエネルギーを取り出す際に生じ、組織や細胞を傷つける悪役です。


脳で消費する酸素は多臓器より数倍〜30倍も多い。

特に脳のニューロンが興奮すると、活性酸素がたくさんできる
(片岡洋祐・大阪市立大学大学院医学研究科)



脳の同じ領域を長時間酷使すること、たとえば、
  • ・事務処理に追われたり、
    ・受験が迫っているときや、
    ・何かに失敗してクヨクヨを思い詰める時
にも、
脳で生まれた大量の活性酸素が神経細胞や組織を傷つける


 頭を使い続けるとぼんやりしますが?
 ニューロン(神経細胞)の興奮が続くと、ある種の酵素が誘導され、睡眠物質のプロスタグランジンがつくられることが分かってきました。

このプロスタグランジンが眠気の正体です。

疲れて眠くなるのは“これ以上働かないで”という警報。
防御機構は他にもあります。


神経伝達物質を車のギアに例えると、
  • 興奮させる→[ドーパミン系]・・はトップギア、
    [セロトニン系]・・はローギアに相当する。

好きなことに夢中になっていても、数時間すれば徐々に飽きてきます。
  • このときセロトニン神経系が脳の機能をギアダウンし、興奮を静めていることが分かってきました。


これも脳自身が疲労の蓄積を防ぐ仕組みの1つです。

脳が疲れていると“警告”を出しているのに、逆らって休息を十分にとらなかったり、活性酸素の攻撃を抑える抗酸化物質が不足すると、神経系の機能低下が長引き『病的疲労』につながる可能性があります。


うつ病
無気力
憂鬱
不安
ストレス
ノイローゼ
肝機能障害
疲労倦怠


自殺







2006から続くnaoru.com/
ブログ(draun)ブログ(google)通販カタログ副作用 |
   
   

Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved