ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



いじめ・虐待



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告






子供を虐待
5歳の男の子を持つ30代前半の母親である。
  • 彼女が訴える主な症状は、地域での対人関係に端を発した不安と憂鬱であった。数回の面接を経たある日、話題が子供のことに及んだ。そのとき、彼女は「私、どうしてもこの子を好きになれないんです」と語った。子供が自分の意に反した行動をとると、訳の分からない感情に襲われ躾(しつけ)の域を超えて頬をたたいたり、血がにじむまで腕をつねったりすることがあると声を詰まらせながら話し始めた。

「腹を痛めた子にどうしてと思うかもしれませんが、腹を痛めた子だからこそ止められないんです」
「愛情が無いわけではないと思うんですけど、好きになれない。嫌なものがいっぱい詰まった生き物に感じることすらある」と言う。
彼女の生い立ちは、必ずしも恵まれたものではなかった。父は無愛想で怒りっぽく、すぐに母や子供たちに手をああげる人であった。母は父の前ではひたすら耐えていた。このような両親に愛された思い出はなく、いつもおどおどして自分に自信がなかった。
優しさが取り柄と思って選んだ夫は自分勝手で頼りなかった。子育てには無関心で子供が高熱を出した時も、仕事のつき合いだからと夜遅く酒の臭いをさせながら帰宅したという。

  • 虐待するものは自らも虐待された経験を持つことが多いという報告がある。
  • 愛された経験を持たない人は、子供にどう愛情を注いでいいか分からない。彼女なりの精一杯の努力が子供に伝わらなかった時、そこには怒りが生じる。
    彼女が言う「子供に詰まっている嫌なもの」とは、彼女が受け入れることが出来なかった。子供の頃の両親との関係や体験であろう。自分に自信がもてない彼女自身かもしれない。傷ついた子供を抱えられない彼女が、自らの子供を傷つけているとも言えるだろう。子供に対する虐待は、彼女自身の心を再び傷つけるものである。
    傷つく者と傷つける者の錯綜した関係に留意することなしには虐待の問題を本当に解決することは困難である。その後の面接で、彼女は自分の両親との関係を見つめ直し、心の中でそれを受け入れつつある。彼女の心の傷が癒えるには、まだしばらく時間がかかるだろう。だが子供を傷つけることは、もはやない」












米カリフォルニア大アーバイン校のタリー・バラム教授らは、人間や動物がストレスを受けたときに脳内に放出される副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)を生後2週間のラットに注射。その結果、1回の注射にも関わらず、脳内の記憶を司る海馬という部分の脳細胞が10〜20%も死滅。また、このラットを成長させ、空記憶間能力や物体の認識能力を調べる実験をしたところ、正常なラットに比べて極めて劣る事が分かった。詳細は、10日発行の「米科学アカデミー紀要」に発表される。






5倍 6年で5倍に急増(6932件)
「98年度に全国の児童相談所に寄せられた児童虐待に関する相談が過去最多を記録したことが1日、厚生省のまとめで分かった。」
45


「昨年1年間に全国の警察が事件として扱った児童虐待は120件で、被害を受けた子供は124人、うち45人が死亡したことが4日、警察庁のまとめで分かった。児童虐待の深刻化を受け、同庁が初めて年間統計を取った。

事件のうち、外傷が残ったり生命に危険が及んだ「身体的虐待」が52%を占め、性的虐待が28%、生活の中で保護責任を果たさなかったり、学校に登校させない「怠慢・拒否」が20%。

容疑別では、障害(致死を含む)が42件、保護責任者遺棄(同)20件、殺人(未遂を含む)19件などだった。
加害者として逮捕されたり取り締まりを受けた保護者らは130人で、実母が最多の52人、実父29人、母親と内縁関係の男など25人の順。
被害児童は1歳未満が36人(29%)と最も多く、6歳以下で62%を占めた。6割は女児だった。

殺人や障害の動機では
  • 「育児の悩み・疲れ」
  • 「子供が意のままにならない」
  • 「しつけと称し」
などが目立った
1万


1999年度に全国の児童相談所に寄せられた相談件数は11631件。1990に比べ10倍に増えた。

虐待の内容は、殴る蹴るなどの「身体的暴力」が51.3%。虐待した人は実母が58.0%。


「子どもを親から引き離す『一時保護』は4319件と前年度の2倍以上に急増」
子供

ケガ
身体地図情報検索システム



関連情報 精神障害
育児ストレス
イライラ
心身症
不安
ヒステリー
ストレス
ヤケド
ウツ病
気疲れ
いじめ










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用