帯状疱疹
リンパ節腫脹
角膜ヘルペス
感染症

フナ(鮒)






コイ科
薬能 煮食して水腫脚満を治し、小便を利す
《本草綱目》





淡水魚の2/3・・・祖先はパンゲアで
  • 2011年、約1万2000種類に及ぶ淡水魚のうち2/3を占めるコイやナマズなどの仲間は、約2億5000万年前に唯一存在した超大陸パンゲアで誕生した淡水魚が祖先だったとする研究成果を、東京大学大気海洋研究所と千葉県立中央博物館などのチームが明らかにした。
  • 淡水魚は各大陸に分布するが、海を渡ることができないのにどうしてこれほど広がったのかナゾだった。
  • 主要なグループが超大陸で生まれ、大陸の分裂とともに広がったことが分かった。
  • チームはこれらの仲間の代表的な66種について、細胞内器官ミトコドリアのDNAを分析。化石などのデータもまじえ、いつごろ、どのように枝分かれしたかをしらべた。

  • その結果、大陸が2億5000年前、淡水に適応した1種類の海水魚にたどり着いた。
  • この魚は、パンゲアが分裂し始めた2億5000〜2億年前に、4種類に枝分かれした。
  • この4種類の現在の淡水魚の主要なグループであるコイ、ナマズ、ピラニア、デンキウナギの祖先で、大陸分裂の時期に合わせ誕生したため、各大陸に分布することになったらしい。

  • 大陸移動はウェゲナーが唱えた。ウェゲナーは大陸が移動した証拠をカタツムリなど100種類以上も見つけ、それらを根拠に1912年《大陸移動説》を提唱した。

伝統の鯉料理
  • 長野県佐久地方で江戸時代から続く鯉料理。

コイヘルペスウイルスで大量死
  • 2003年11月、宮城県の業者が養殖していたマゴイ約7トンが死んだ件で、宮城県水産振興課は11/4、独立行政法人水産総合研究センターに送った検体からコイヘルペスウイルスが確認されたと発表した。
  • アユは感染しない
    「東京海洋大学の福田教授らは、アユなどの淡水魚がコイヘルペスに感染せず、コイへの感染源にもならないことを確認した。

  • ウイルスに汚染された水でコイを飼うとコイは感染して死亡するが、同じ条件でも、アユ、フナ、ウグイは死ななかった。
  • さらに、これら3種類の魚はそのままにして水だけを完全に入れ替えて飼育し、その水をコイの水槽に入れてもコイは死亡しなかった。」
    コイヘルペスは1990年代後半に欧州で見つかった。琵琶湖では大流行の際、推定で10万匹以上が死んでいるとされる。
    2003年〜04年に大発生したコイヘルペスの影響も湖底の酸素濃度の低下に影響しているらしい。
    総合地球環境学研究所の川端善一郎教授と源利文上級研究員は、2009年11月発行の米国の学会誌で、現在も琵琶湖に高濃度のコイヘルペスウイルスが存在すると発表。





C型肝炎ウイルスに
  • 2014年、東京理科大学の菅原二三男教授と国立感染症研究所、東洋水産などは、C型肝炎ウイルス(HCV)の治療に有望な物質を見つけ、その仕組みを突き止めた。
  • 魚の体内にすむカビの一種が作る物質で、入り口にフタをしてウイルスが正常な細胞に侵入するのを防ぐ。
  • 2002年〜2003年に全国各地で魚が死ぬコイヘルペスが流行し、養殖魚などで大きな被害が出た。菅原教授らは生き残った魚を調べたところ、カビの一種が内臓に存在していた。調べると、カビが作るペプチドの一種「MA026」がウイルスの増殖を抑えていることを発見。化学合成する技術も開発した。

  • 研究グループはMA026がHCVにも効果があることに着目。
  • 人間の肝臓の細胞にこのペプチドを振りかけてから、HCVを先に入れてからペプチドを振りかけた場合は効果が薄かった。
  • 詳しく調べると、
  • 肝臓細胞の表面にあるタンパク質の1つ「c1audin-1」がMA026と結合することが分かった。
  • このタンパク質はウイルス侵入の入り口にあり、HCVが細胞の中に入り込むときに欠かせない。
  • MA026がフタをしているという。
  • C型肝炎は放置すると慢性肝炎から肝硬変、肝がんに移行する。
  • 副作用のあるインターフェロンを使う治療のほか、HCVだけを攻撃する分子標的による治療も始まっている。しかし、薬剤耐性ウイルスの出現が懸念されている。
  • 新技術はHCVを攻撃するのではなく、細胞に侵入できないようにするため、遺伝子が変異しても耐性ができにくいという。
  • MA026はアミノ酸が14個連なって複雑な構造を持つため合成が難しい。







民間療法
かぜ 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む。
口中の腫痛 ウロコをすりつぶしorウロコを黒焼きし塗布する。
主に咳を治す 鯉の肉
産後の血痛を治す 鯉魚鱗
腎炎 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む。
心臓病 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む。
「コイL葱白L冬瓜」味噌で煮食する。
喘息 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む
乳汁不足 コイを味噌汁にして食べる。
黒焼き末を飲む
乳腺炎 黒焼き末を、飯粒で練って塗布する。
ウロコをすりつぶしorウロコを黒焼きし塗布する。
乳房腫 ウロコをすりつぶしorウロコを黒焼きし塗布する。
ノドにトゲが刺さる ウロコの黒焼き末を飲む。
肺炎 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む。
コイの生血を飲む。
肺結核 コイの生血を飲む。
肺尖カタル 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む(著効)。
コイの生血を飲む。
鼻茸 コイを味噌汁にして食べる。
腹水 「コイL赤小豆」煮て食べ汁を飲む(著効)。
コイを味噌汁にして食べる。
「コイL葱白L冬瓜」味噌で煮食する。(顔面・下肢の腫れ)
浮腫 「コイL赤小豆」煮て食べ汁を飲む。
めまい 「コイLゴボウ」を味噌汁にして食べる。
肋膜炎 黒焼き末を、食間に大さじ1〜2杯飲む。
コイの生血を飲む。





成分 コイ アユ ヤマメ ニジマス
(切り身)
サケ
(切り身)
カロリー 130kcal 129kcal 119kcal 162kcal 167kcal
タンパク質 1703g 18.3g 18.4g 20.0g 20.7g
脂質 6.0g 5.5g 4.3g 8.2g 8.4g
カルシウム 42mg 270mg 85mg 25mg 14mg
1.2mg 0.9mg 0.5mg 3.0mg 0.9mg
ビタミンA 10IU 120IU 50IU 20IU 200IU
ビタミンB1 0.40mg 0.13mg 0.15mg 0.14mg 0.22mg
ビタミンB2 0.15mg 0.15mg 0.16mg 0.20mg 0.17mg
ナイアシン 2.9mg 3.1mg 3.8mg 5.0mg 8.4mg
カリウム 370mg 370mg 420mg 390mg 330mg
リン 120mg 310mg 280mg 240mg 210mg
コレステロール 75mg 85mg 75mg 65mg







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬