ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



コムギ(小麦)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)




コムギアレルギー
グルテン中毒
亜鉛
食品アレルギー
スポーツで結果が出ない
食物依存性運動誘発アナフィラキシー
ジンマシン
有機野菜
広告






小麦(コムギ)
[薬性歌] “小麦微寒煩熱 止渇利溲養肝血”
効能・効果 ○内臓が出て入らないとき。
「小麦5升・水9升を煎じて4升につくり、滓を去って冷まし、瘡の上を冷やすと徐々に入っていく。」










パンコムギは世界中で最も多く栽培されている小麦で、パンやうどん、菓子の原料となる。2010年、農業生物資源研究所と日清製粉、チェコ実験植物学研究所などのチームは、パンコムギ染色体の解析を始めた。
コムギのゲノムは約160億塩基対でイネに比べて40倍も大きい。




オーストラリア産の小麦を使っている。
オーストラリアも遺伝子組む換え小麦の研究を進めている。



小麦粉を練って、延ばし、ゴマ油でコーティングする。


パスタ向け小麦
2011年、北海道の南るもい農業共同組合と留萌振興局はパスタ用の国産小麦の量産に乗り出す。
量産するのは「北海259号」と呼ばれる留萌産小麦。北海道農業研究センターが開発し、2010年に品種登録した。北海259号でつくるパスタは通称「ルルロッソ」と呼ばれ、固さを引き出すタンパク質の含有率は12〜13%。ヂュラム小麦と並ぶ硬さ。

最もパンを食べているのは60代女性。
製粉と製粉振興会が2010年9月と2011年2月に20〜60代の男女約3万4千人を調べた。


○「ネバリゴシ」・・・もちもちした食感の麺に。







胚芽・・・タンパク質合成・・・
  • 「愛媛大学工学部の遠藤弥重教授らは、小麦の胚芽を使ってタンパク質を効率よく合成する技術を開発した。手順も簡単で、合成効率は大腸菌などの微生物を使った従来法の100倍以上。
    開発した方法は小麦の粒から胚乳を完全に取り除き、胚芽の部分だけを使う。胚芽に含まれているタンパク質合成機構を利用し、目的とするタンパク質の遺伝子を働かせてタンパク質を作る。大腸菌などを使う従来の手法で作れなかったアミノ酸が3000個以上つながった巨大なタンパク質も合成する能力がある」

収穫量にアリが関与  
  • オーストラリア連邦科学産業研究機構などは、アリシロアリが地中に穴を掘ることで小麦の収穫量が増えている。
  • 乾燥した気候の豪州西部にある農場で実験した。
  • ありやシロアリを駆除した場合に比べて収量は36%多かった。アリシロアリが掘った穴から水分が土にしみ渡り、土壌中の窒素が増えたという。
  • 湿潤な気候の地域では、ミミズが掘る穴が同様の効果をもたらすことが知られている。2011年、ネイチャー・コミュケーション

石けんで小麦アレルギー
  • 2011年、11/25日本アレルギー学会は、「茶のしずく」旧製品を使わないように報告。
    小麦由来成分「グルパール19S」がアレルギーの原因とみられるという。
    小麦をつかっった食品を食べた後で軽い運動をしても呼吸困難になるケースもあるという。

遺伝子組み換えコムギが見つかる
  • 2013年、米農務省は5/29、オレゴン州の農場で、除草剤への耐性を持つ遺伝子組み換えコムギが見つかったと発表した。
  • 米政府は遺伝子組み換えコムギを認可していない、
  • オレゴン州の農家が自分の畑で、除草剤が効かない小麦を発見した。かってモンサントが開発し、試験栽培していたものと同種の遺伝子組み換えコムギだった。
  • モンサントが過去に開発した未認可の遺伝子組み換え小麦(GM小麦)の生育が確認されてから、各国が米国産の小麦の輸入を差し止めている。
  • モンサントは6/4までに、GM小麦を特定する検査手法を日本・韓国・台湾・EUに提供した。
  • 米農務省によると、問題の小麦はモンサントが1998〜2005年、米16州で試験的に栽培し開発した品種と同じ。農薬「ラウンドアップ」への耐性遺伝子を持つ。

3割の人がグルテンを避ける
  • 2015年、コムギなどに含まれるタンパク質「グルテン」が入った食品を避ける人が米国で増えている。
  • グルテンを含まない「グルテンフリー」が広がったのはここ数年のこと。
  • ハリウッド女優などの有名人がダイエットや疲労の軽減に効果があると紹介されてから。
  • グルテンを摂ると小腸で炎症が起きるセリアック病の患者は摂取を避けないといけない。







小学校で糖尿病検査 ・・・・うどん食べ過ぎ?
  • 2013年、香川県の17市町が平成25年度、すべての公立小学校で小学4年生か5年生の児童を対象に糖尿病を見つける血液検査を実施する。
  • 2011年の厚生労働省の調査では、香川県の糖尿病受療率は人口10万人に対して
    • 男性350人で全国1位、
    • 女性269人で全国2位。
  • 原因の1つには、「うどん」など、炭水化物の過剰摂取が疑われている。
  • そこで、香川県は2012年度に、子どもの生活習慣病予防を目的に血液検査を実施する市町に対し、原則として費用の半額を補助する制度を導入。
  • 高松市やさぬき市などが計6700人の小学4年生を対象に実施したところ、
    1. 糖尿病の疑い・・・・・・0.4%
    2. 脂質異常・・・・・・・・・11.1%
    だった。






成分 玄米 精白米 小麦 トウモロコシ ソバ
タンパク質 7.4g 6.8g 10.5g 3.3g 12.1g
脂質 3.0g 1.3g 3.0g 1.4g 3.1g
カルシウム 10mg 6mg 24mg 30mg 17mg
1.1mg 0.5mg 3.1mg 0.3mg 2.8mg
ビタミンA
ビタミンB1 0.54mg 0.12mg 0.41mg 0.03mg 0.46mg
ビタミンB2 0.06mg 0.03mg 0.10mg 0.02mg 0.11mg
ビタミンC 15mg
ビタミンE 1.6mg 0.4mg 1.4mg .05mg
ナイアシン 4.5mg 1.4mg 4.5mg 0.3mg 4.5mg
カリウム 250mg 110mg 460mg 240mg 410mg
リン 300mg 140mg 350mg 22mg 400mg





小麦で雑草を抑える
  • 2015年、雑草の繁殖を抑える効果がある小麦の新品種が農林水産省の品種登録を受けた。
  • 食用の小麦ではなく、大豆や野菜の横に植えて減農薬栽培をサポートする。
  • マルチ栽培(減農薬で雑草を抑える方法)の代わりに、別の植物を横に植える「リビングマルチ」に用いる。
  • 福井県立大学が開発。





関連情報 コムギアレルギー」「グルテン中毒」「亜鉛」「食品アレルギー」「スポーツで結果が出ない」「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」「ジンマシン」「有機野菜














解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査