ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



コムギアレルギー



HOME naoruTOP ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品





広告





コムギアレルギー
加水分解コムギ末を含有する医薬部外品・化粧品の使用上の注意事項等について(厚生労働省)
石けんでかゆくなったり、呼吸困難を引き起こした。
運動誘発アナフィラキシーを引き起こす患者も出た




(症例1) 30代女性
  • 【既往歴】
    • 通年性鼻炎、スギ花粉症、ハンノキ花粉症、リンゴで口腔アレルギー症状。
  • 【経過および処置】
    1. 約2年前
      • 加水分解コムギ末を含有する石けんを使用。その頃から顔のかゆみ、口のまわりのかゆみ、目のまわりのかゆみなどあり、近医皮膚科受診。
      • アトピー性皮膚炎を診断され、タクロスリム軟膏やステロイド軟膏処方されるも改善に乏しかった。その後、その他の皮膚科、眼科転々と受診するもやはり改善を認めなかった。
      • 症状は入浴後に特に増悪することが多く、症状は経年的に増悪傾向であった。
    2. 発現日
      • 入浴後に強い鼻炎症状も出現するようになった。
      • 会社の帰宅途中に目のカユミ、眼瞼・眼周囲の腫脹、顔面の発赤腫脹などあった(詳細不明)
    3. 2ヶ月後
      • ラーメン、ビールを摂取して5分歩行後、目のかゆみが始まる。その後、眼瞼・眼周囲の発赤腫脹、手掌の発赤と腫脹、全身発赤とカユミを認めた。
    4. 約3ヶ月後
      • パンを摂取した後、テニスを開始し、15分後、目のカユミから始まり、眼瞼発赤腫脹、顔面の発赤腫脹、手掌の発赤腫脹、全身の発赤と膨疹出現し、その後血圧低下、腹痛、下痢在り、アナフィラキシーの診断で入院加療した。
    5. 約4ヶ月後、
      • 入浴後に顔面に膨疹、眼瞼腫脹出現するようになる。
      • パスタ、ケーキ摂取後に歩行し症状出現。目のカユミから始まり、眼瞼腫脹、全身の発赤と膨疹を認めた。
    6. 約半年後
      • 小麦アレルギーと診断され紹介受診。食物負荷試験を行った。
      • 【検査所見】
      • ・血清総IgE値(440IU/mL)
      • ・<CAP-RAST>
        • 小麦・・・・・・14.20 Ua/ml(class3)
        • グルテン・・・15.40 Ua/ml(class3)
        ・<Prick test 膨疹径>
        • 当該石けん・・・・・・・・・3mm
        • 0.3%加水分解小麦・・12mm
        ・<食物負荷試験>
        • 入院管理下にて、パン摂取したのち運動負荷を行った。
        • 目のカユミと腫脹から始まるアナフィラキシーが誘発された。
  • 【診断】
    • 当該石けん中の加水分解小麦による接触性蕁麻疹、アレルギー性結膜炎
    • 小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)
      • 当該石けん中の加水分解小麦の感作がWDEIAの発症原因となっている可能性を疑い、小麦摂取後の運動を中止のみならず、当該石けん使用を中止した。
      • 洗顔後の眼瞼腫脹、顔のカユミなどの症状すべて消失。
      • 現在のところWDEIAが改善しているかどうかは評価できない










(症例2) 30代女性
  • 【既往歴】
    • 通年性鼻炎のみ
    【経過および処置】
    1. 約2年前
      • 加水分解コムギ末を含有する石けんを使用。使用開始して洗顔後に皮膚のカユミ、膨疹など出現していたが、使用を続けていた。
    2. 発現日
      • パン摂取後自転車で走行(5〜6分)したあと、手掌のカユミ、眼周囲の血管浮腫、鼻閉、全身発赤・膨疹、腹痛などあり。
      • その後も小麦製品摂取後に運動をして、アナフィラキシーをくり返した。
    3. 約8ヶ月後
      • 精査目的で受診
      • 【検査結果】
      • ・血清総IgE値(220IU/mL)
      • ・<CAP-RAST>
        • 小麦・・・・・・・・・・2.5Ua/ml (class2)
        • グルテン・・・・・・・4.48Ua/ml (class3)
        ・<Prick test 膨疹径>
        • 当該石けん・・・・・・・・3mm
        • 0.3%加水分解小麦・・9mm
        • コムギ・・・・・・・・・・・・0mm
        • パン・・・・・・・・・・・・・0mm
        • Histamine(10mg/ml)3mm
  • 【診断】
    • 小麦依存性運動誘発アナフィラキシー(WDEIA)
    • 加水分解小麦による接触性蕁麻疹

(症例3) 20代女性
  • 【既往歴】
    • 小児期からアトピー性皮膚炎。現在も皮疹あり。
    • 小児発症の食物アレルギーは無し。
    【経過および処置】
    1. 約2年前
      • 加水分解コムギ末を含有する石けんを使用開始。
      • アトピー性皮膚炎による顔面の皮疹は常にあり。当該石けん使用時のカユミ軽度にあり(もともとアトピー性皮膚炎があるためハッキリしない)
    2. 発現日
      • カルボナーラ摂取後歩行し全身蕁麻疹のあと血圧低下。
      • 他院で小麦依存性運動誘発アレルギー(WDEIA)と診断され以後厳格に小麦除去。
    3. 約10ヶ月後
      • 桜餅(小麦が入っていたことが後で判明)摂取後歩行15分。全身に地図状膨疹。
    4. 約11ヶ月後
      • 食物負荷試験希望して受診
      • 【検査所見】
      • ・血清総IgE値 (1690IU/ml)
      • ・<CAP-RAST>
        • 小麦・・・・・・・・・・30.90Ua/ml (class4)
        • グルテン・・・・・・・44.30Ua/ml (class4)
        ・<Prick-test 膨疹径>
        • 当該石けん・・・・・・・・・5mm
        • 0.3%加水分解小麦・・18mm
        • 小麦・・・・・・・・・・・・・・10mm
        • パン・・・・・・・・・・・・・・16mm
        • Histamine(10mg/ml)・5mm
        ・<食物負荷試験>
        • ロールパン10g摂取後すぐに咳・くしゃみ。
        • 1時間20分後に全身に膨疹出現。ボスミン投与で軽快。
    【診断】
    • 小麦アナフィラキシー





関連情報 コムギ(小麦)
グルテン中毒
亜鉛
食品アレルギー
食物依存性運動誘発アナフィラキシー
ジンマシン









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬