情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





口蓋裂






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







骨粗鬆症
貧血
DDS




口唇口蓋裂
  • 2000年、5月はじめに生まれた長男。
  • 口唇口蓋裂のため、ミルクが鼻に入ってうまく飲めず、体重が増えません。産科の先生に、口蓋裂をふさぐプレートを入れる手術をするように言われました。本当に手術は必要なのでしょうか?


  • ◇どういう症状があるのですか?
    唇に先天的に裂(切れ目)がある状態を口唇列と言います。これには裂が唇から鼻まで達している場合や、唇の部分にだけある場合などがあります。口の中の上顎部分に裂がある状態を口蓋裂と言います。両者が合併している場合が口唇口蓋裂です。これらの症状をもって生まれてくる赤ちゃんは、日本では500人に1人ぐらいの割合です。


  • ◇プレートとは?
    口蓋裂があると、鼻と口がつながってミルクが鼻に入ってしまいます。また、うまく飲めないので舌に変な癖がつくこともあります。ホッツ床と呼ばれるプレートで裂をふさいでやると飲みやすくなり、また、舌に癖がつくのを予防できます。

  • [ホッツ床]
    =スイスの歯科矯正医のマーガレット・ホッツさんらが、口蓋裂の治療用に、約30年前に考案したもの。






鼻軟骨再生
  • 2015年、富士ソフトは鼻軟骨を再生する臨床試験を東京大学や帝京大学、山口県立総合医療センターで始める。
    生まれつき頭蓋骨などに障害がる「口唇口蓋裂」の患者向けで、患者の軟骨細胞を培養した素材を移植する手法。
    2014年11月に施行した再生医療関連法の早期承認制度を視野に入れ、16年中の承認申請を目指す。
    治験は9人の患者で効果や安全性を調べる。
    患者の耳から1a角の軟骨組織を採取し、細胞培養施設に運んで軟骨細胞を培養して増やす。細胞をコラーゲンと混ぜてスポンジ状のポリ乳酸にしみこませて、鼻筋に移植する。








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬