ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



抗ガン剤



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






広告








抗がん剤





※細胞の中に入り、核の中にある遺伝物質DNAを壊す。
※毒ガスの転用。
毒ガスは細胞の核に障害をもたらす。
  • 「イホスファミド」
    「塩酸ニムスチン」
    「カルボコン」
    「シクロホスファミド」
    「ダカルバジン」
    「チオテパ」
    「ブスルファン」
    「メルファラン」
代謝拮抗剤 ※細胞の合成を阻害する。
  • 「エノシタビン」
    「塩酸ゲムシタビン」(肺ガン膵ガン
    「カルモフール」
    「シタラビン」
    「シタラビンオクホスファート」
    テガフール
    「ドキシフルリジン」
    「ヒドロキシカルバミド」
    フルオロウラシル」(5-FU)
    「メトトレキサート」
    「メルカプトプリン」
    「リン酸フルダラビン」


物質
アクチノマイシンD
「塩酸アクラルビシン」
「塩酸アムルビシン」
「塩酸イダルビシン」
「塩酸エピルピシン」
「塩酸ダウノルビシン」
塩酸ドキソルビシン」(アドリアマイシン)
「塩酸ピラルビシン」
「塩酸ブレオマイシン」
「ネオカルチノスタチン」
マイトマイシンC






細胞分裂を止める。



ガン細胞自体を痛めつける。






ガン細胞を活性化させるホルモンの合成を阻害させる。
  • 「アナストロゾール」
    「エキセメスタン」
    「エピチオスタノール」
    「塩酸ファドロゾール水和物」
    「クエン酸タモキシフェン」
    「クエン酸トレミフェン」
    「酢酸ゴセレリン」
    「酢酸メドロキシプロゲステロン」
    「ビカルタミド」
    「メピチオスタン」
    「フルタミド」
    「リン酸エストラムスチンナトリウム」










塩酸イリノテカン
「塩酸ノギテカン」
「エトポシド」





「ゲフィニチブ」
「トラスツズマブ」(遺伝子組換え)
「メシル酸イマチニブ」
「リツキシマブ」(遺伝子組換え)






(1)Buscopan 8T 分4。
(2)Voltaren 3T 分3。
(3)Voltaren Sup 25〜50mg 頓用。
(4)Pentagin 15〜30mg 筋注 2〜3回/日。
(5)Brompton mixture or Morphine Chloride
(6)脊髄硬膜外ブロック
(7)Morphine Chloride 皮下注or Opistan 皮下注。
  • 日本腫瘍学会が認定した抗ガン剤専門医は2007年6月現在、126名。
    ガン治療の拠点として国が指定する病院数は286。
  • 抗ガン剤の副作用・・・「手足症候群 

治療薬「スーテント」
  • 腎ガンの腫瘍細胞増殖を抑えるほか、ガン組織に栄養を供給する血管の新生を妨げる。根治切除できない腎ガンや転移性腎ガンが対象。
    食道や胃など消化管の壁に腫瘍が出来る『消化管間質腫瘍』(GIST)の治療にも使用できる。

ロムスチンとニトロキシル
  • 2009年、放射線医学総合研究所の青木伊知男チームリーダーらは抗ガン剤(ロムスチン)と造影剤(ニトロキシル)を結合させた新しい抗ガン剤を開発。
    ロムスチンはアメリカで発売中。
    画像装置で抗ガン剤の動きが目で見える。
    脳には脳血液関門というバリアーがあり、血液から脳に害にある重金属や化学物質が取り込まれるのを防ぐ。通常の化合物は脳血液関門を通過しないが、今回は脳血液関門を通過する性質を持ち画像化が可能になった。
    電子スピン共鳴イメージングという別の手法では、フリーラジカルの発生も確認できた。



がん化学療法薬の作用
  • 2011年、米ダナファーバー研究所などのチームは、がんの化学療法が正常な細胞よりも腫瘍細胞に対して毒性を持つ理由を明らかにした。
  • 腫瘍細胞は正常細胞に比べてアポトーシスが起こりやすいことが分かった。
  • アポトーシスが起きると、特殊なタンパク質がミトコンドリアの機能を止める。
  • ミトコンドリアは細胞が必要とするエネルギーを生み出しているため、その機能が失われると細胞は死ぬ。研究グループは、アポトーシスに関するタンパク質のミトコンドリア外膜を通過する能力を測定した。この能力が高い腫瘍をもつ患者ほど化学療法で高い効果がえられた。


抗がん剤が血管外へ漏れ出して障害を起こすのを抑制する
  • 2014年、キッセイ薬品が「サビーン点滴静注用500mg」を発売。
  • オランダのスペファームが開発した「デクスラゾキサン」
  • アントラサイクリン系の抗がん剤による組織障害を抑える。







抗ガン剤の効果1〜2時間で判定
  • 2011年、九州大学大学院農学研究院の小名俊博准教授らのグループは、患者のガン細胞を使って抗ガン剤の効果を1〜2時間で精度よく判定できる装置を開発した。
  • 利用したのはレーザー光を金(GOLD)の薄膜に当ててプラズモンという特殊な波を作り出す技術。ポリマーやDNAなどの物質の測定に利用されている。
  • 直径2.5cm四方の基板に金の薄膜を塗り、上部にガン細胞を載せた。金の薄膜の斜め下から角度をつけてレーザー光線を当てると、金の薄膜表面にはプラズモン波ができ、細胞に一定量吸収される。吸収される量は細胞の活性度によって変化するため、抗ガン剤によって細胞が弱ってくると吸収量が減少する。。
  • 新装置では血中に抗ガン剤がある程度行き渡った場合を想定し、抗ガン剤の効果を判定する。ガン細胞は1000個あれば十分で、結果は1〜2時間で分かる。複数の抗ガン剤を併用した場合も効果判定できる。

抗がん剤が効きにくくなる理由は?
  • 2015年、清野研一郎・北海道大学教授。
  • ガン細胞が分泌する生理活性物質のインターロイキン34(ILー34)に、抗がん剤を効きにくくさせる働きがあることを見つけた。
  • 抗がん剤は使い続けると耐性ができて効果がなくなる。
  • 清野教授らは、抗がん剤耐性を獲得したヒトの肺がん細胞を使って実験した。
  • 抗がん剤への耐性を持つ肺がん細胞にドキソルビシンという抗がん剤を加えても効果が見られなかった。
  • だが、IL-34に対する抗体を加えて、この物質の働きを阻害したところ、抗がん剤が再び効くようになり、ガン細胞のほとんどが死滅した。
  • また、免疫機能を失ったマウスに耐性のガンを移植し、抗がん剤と同時にIL-34の抗体を投与したところ、抗がん剤の効果があった。






一般名/略 商品名 適応





イホスファミド
ifosfamide
IEM
[イホマイド]
Ifomide
・骨肉腫・子宮頸ガン
・小細胞肺ガン
前立腺ガン
塩酸ニムスチン
nimustine hydrochloride
ACNU
[ニドラン]
Nidran
・胃ガン・肝ガン・結腸ガン・消化器ガン・直腸ガン・肺ガン・慢性白血病
シクロホスファミド
cyclophosphamide
CPA
[エンドキサン]
Endoxan
悪性リンパ腫・急性白血病
・骨腫瘍・骨髄腫・子宮腺ガン
・子宮体ガン・神経芽腫
・神経腫瘍・真性多血症
・乳ガン・肺ガン・ホジキン病
・リンパ肉腫・
ダカルバジン
dacarbazine
DTIC
[ダカルバジン] ・悪性黒色腫・ホジキン病
チオテパ
thiotepa
TESPA
[テスパミン]
Tespamin
・乳ガン・膀胱腫瘍・慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病・卵巣ガン
ブスルファン
busulfan
BUS
[マブリン]
Mablin
・真性多血症・慢性骨髄性白血病・
メルファラン
melphalan
L-PAM
[アルケラン]
Alkeran
・骨髄腫
ラニムスチン
ranimustine
MCNU
[サイメリン]
Cymerin
・悪性リンパ腫・膠芽腫・骨髄腫
・真性多血症・慢性骨髄性白血病




塩酸ゲムシタビン
gemcitabine hydrochloride
GEM
[ジェムザール]
Gemzar
・膵ガン・胆管ガン・胆嚢ガン
・非小細胞肺ガン
エノシタビン
enocitabine
BH-AC
[サンラビン]
Sunrabin
・急性白血病
カペシタビン
capecitabine
[ゼローダ]
Xeloda
・乳ガン
カルモフール
carmofur
HCFU
[ミフロール]
Mifurol
・胃ガン・結腸ガン・消化器ガン
・直腸ガン・乳ガン
シタラビン
cytarabine
Ara-C
[キロサイド]
Cylocide
・急性白血病・膀胱腫瘍
シタラビンオクホスファート
cytarabine ocfosfate
[スタラシド]
Starasid
・急性非リンパ性白血病
テガフール
tegafurr
TGF
[フトラフール]
Futraful
・胃ガン・結腸ガン・消化器ガン
・頭頸部ガン・直腸ガン
テガフール・ウラシル合剤
tegafur・uracil
TS-1
[ユーエフティ]
UFT
・胃ガン・結腸ガン・肝ガン
・子宮頸ガン・膵ガン・頭頸部ガン
・前立腺ガン・胆管ガン
・胆嚢ガン・直腸ガン・乳ガン
・肺ガン・膀胱ガン
[ティーエスワン] ・胃ガン・結腸ガン・膵ガン・頭頸部ガン・直腸ガン・乳ガン・非小細胞肺ガン・
ドキシフルリジン
doxifluridine
5'-DFUR
[フルツロン]
Furtulon
・乳ガン
ヒドロキシカルバミド
hydroxycarbamide
HU
[ハイドレア]
Hydrea
・慢性骨髄性白血病
フルオロウラシル
fluorouracil
5-FU
[5-FU] ・胃ガン・肝ガン・結腸ガン・子宮頸ガン・子宮体ガン・消化器ガン・膵ガン・直腸ガン・乳ガン・卵巣ガン
メトトレキサート
methotrexate
MTX
[メソトレキセート] ・急性白血病・絨毛ガン・絨毛性疾患・破壊胞状奇胎・胞状奇胎・慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病
メルカプトプリン
mercaptopurine
6-MP
[ロイケリン]
Leukerin
・急性白血病・慢性骨髄性白血病
リン酸フルダラビン
fludarabine phosphate
[フルダラ]
Fludara
・慢性リンパ性白血病







酒石酸ビノレルビン
vinorelbine ditartrate
VNR
[ナベルビン]
navelbine
・乳ガン・非小細胞ガン
ドセタキセル水和物
docetaxel hydrate
[タキソテール]
Taxotere
・胃ガン・子宮体ガン・小細胞肺ガン・頭頸部ガン・非小細胞肺ガン・卵巣ガン
パクリタキセル
paclitaxel
[タキソール]
Taxol
・胃ガン・子宮体ガン・乳ガン・非小細胞肺ガン・卵巣ガン
硫酸ビンクリスチン
vincristine sulfate
VCR
[オンコビン]
Oncovin
・悪性リンパ腫・ウイルムス腫瘍・横紋筋肉腫・急性白血病・骨髄腫・細網肉腫・神経芽腫・ホジキン病・リンパ肉腫
硫酸ビンデシン
vindesine sulfate
VDS
[フィルデシン]
Fildesin
・悪性リンパ腫・急性白血病・食道ガン・肺ガン
硫酸ビンブラスチン
vinblastine sulfate
VLB
[エクザール]
Exal
・悪性リンパ腫・絨毛ガン・絨毛性疾患・腎盂腫瘍・尿管腫瘍・破壊胞状奇胎・胞状奇胎






アクチノマイシンD
ACT-D
[コスメゲン] ・ウイルムス腫瘍・絨毛性疾患・破壊胞状奇胎
塩酸アクラルビシン
ACR
[アクラシノン] ・悪性リンパ腫・急性白血病・乳ガン・肺ガン・卵巣ガン
塩酸アムルビシン [カルセド] ・小細胞肺ガン・非小細胞肺ガン
塩酸イダルビシン
IDR
[イダマイシン] ・急性非リンパ性白血病
塩酸エピルビシン
EPI
[ファルモルビシン] ・悪性リンパ腫・胃ガン・肝ガン・急性白血病・腎盂腫瘍・乳ガン・尿管腫瘍・膀胱ガン・卵巣ガン
塩酸ダウノルビシン
DNR
[ダウノマイシン] ・急性白血病
塩酸ドキソルビシン
(アドリアマイシン)

DXR
[アドリアシン] ・悪性リンパ腫・胃ガン・結腸ガン・骨肉腫・肝ガン・細網肉腫・消化器ガン・腎盂腫瘍・膵ガン・胆管ガン・胆嚢ガン・直腸ガン・尿管腫瘍・肺ガン・膀胱腫瘍・ホジキン病・リンパ肉腫
塩酸ピラルビシン
THP
[テラルビシン] ・悪性リンパ腫・胃ガン・急性白血病・子宮ガン・頭頸部ガン・乳ガン・膀胱がん・卵巣ガン
[ピノルビン]
塩酸ブレオマイシン
BLM
[ブレオ] ・悪性リンパ腫・甲状腺がん・細網肉腫・子宮頸ガン・食道ガン・頭頸部ガン・肺ガン・皮膚ガン・ホジキン病・リンパ肉腫
塩酸ペプロマイシン
PEP
[ペプレオ] ・悪性リンパ腫・頭頸部ガン・前立腺ガン・肺ガン・皮膚ガン
ジノスタン スチマラマー [スマンクス] ・肝ガン
マイトマイシンC
MMC
[マイトマイシン] ・胃ガン・肝ガン・結腸ガン・子宮頸ガン・子宮体ガン・膵ガン・頭頸部腫瘍・直腸ガン・乳ガン・肺ガン・膀胱腫瘍・慢性骨髄性白血病・慢性リンパ性白血病






|



塩酸イギテカン [ハイカムチン]
塩酸イリノテカン [カンプト] ・悪性リンパ腫・胃ガン・子宮頸ガン・小細胞肺ガン・直腸ガン・乳ガン・非小細胞肺ガン・非ホジキンリンパ腫・有棘細胞ガン・卵巣ガン
[トポテシン]
エトポシド
VP-16
[ベプシド] ・悪性リンパ腫・急性白血病・睾丸腫瘍・子宮頸ガン・小細胞肺ガン・絨毛性疾患・膀胱がん
[ラステット]





アナストロゾール [アリミデックス] ・乳ガン
エキセメスタン [アロマイシン] ・乳ガン
エチニルエストラジオール [プロセキソール] ・前立腺ガン・乳ガン
塩酸ファドロゾール水和物 [アフェマ] ・乳ガン
クエン酸タモキシフェン
TAM
[ノルバテックス] ・乳ガン
クエン酸トレミフェン [フェアストン] ・乳ガン
酢酸ゴセレリン [ゾラデックス]
[ゾラデックスLA]
・前立腺ガン・乳ガン
酢酸クロルマジノン [プロスタール] ・前立腺ガン・乳ガン
酢酸メドロキシプロゲステロン
MPA
[ヒスロンH] ・子宮体ガン・乳ガン
酢酸リュープロレリン [リュープリン] ・前立腺ガン・乳ガン
ビカルタミド [カソデックス] ・前立腺ガン
フルタミド [オダイン] ・前立腺ガン
ホスフェストロール [ホンバン] ・前立腺ガン
メチルテストステロン [エナルモン] ・乳ガン
メピチオスタン [チオデロン] ・乳ガン
リン酸エストラムスチンナトリウム [エストラサイト] ・前立腺ガン



オキサリプラチン [エルプラット]
カルボプラチン
CBDCA
[パラプラチン] ・悪性リンパ腫・睾丸腫瘍・子宮体ガン・小細胞肺ガン・頭頸部ガン・非小細胞肺ガン・卵巣ガン
シスプラチン
CDDP
[アイエーコール] ・肝ガン
[ブリプラチン] ・胃ガン・睾丸腫瘍・骨腫瘍・子宮頸ガン・小細胞肺ガン・食道ガン・腎盂腫瘍・神経芽腫・頭頸部ガン・前立腺ガン・非小細胞肺ガン・膀胱ガン・卵巣ガン
[ランダ]
ネダプラチン [アクプラ] ・睾丸腫瘍・子宮体ガン・小細胞肺ガン・食道ガン・頭頸部ガン・非小細胞肺ガン・膀胱ガン・卵巣ガン
インターフェロン インターフェロンガンマ1-a イムノマックス-γ
インターフェロンアルファ スミフェロン
オーアイエフ
インターフェロンアルファ-2b イントロンA
インターフェロンベータ フエロン
インンターロイキン セルモロイキン セロイク
テセロイキン イムネース
分子標的医薬 ゲフィニチブ [イレッサ] ・非小細胞肺ガン
ゲムツズマブオゾガマイシン [マイロターグ] ・急性白血病
トラスツズマブ [ハーセプチン]
メシル酸イマチニブ [グルベック] ・慢性骨髄性白血病
リツキシマブ [リツキサン] ・非ホジキンリンパ腫


アセグラトン [グルカロン] ・膀胱ガン
亜ヒ酸(三酸化ヒ素) [トリセノックス]
L-アスパラギナーゼ
L-ASP
[ロイナーゼ] ・悪性リンパ腫・急性白血病
塩酸プロカルバジン
PCZ
[塩酸プロカルバジン] ・悪性リンパ腫・細網肉腫・ホジキン病・リンパ肉腫
塩酸ミトキサントロン
MIT
[ノバントロン] ・悪性リンパ腫・肝ガン・急性白血病・乳ガン
クラドリビン [ロイスタチン] ・非ホジキンリンパ腫・ヘアリー細胞白血病
ソブゾキサン [ペラゾリン] ・悪性リンパ腫・非ホジキンリンパ腫
アミバロテン [アムノレイク] ・急性白血病
タルボルフィンナトリウム [レザフィリン] ・肺ガン
トレチノイン [ベサノイド] ・急性白血病
ペントスタチン
DCF
[コホリン] ・非ホジキンリンパ腫・ヘアリー細胞白血病
ポルフィマーナトリウム [フォトフリン] ・胃ガン・子宮頸ガン食道ガン・肺ガン
ミトタン
o,p'-DDD
[オペブリム]









ウベニメクス [ベスタチン] 臨床的に有効性は
証明されていない
クレスチン
PSK
[クレスチン]
抗悪性腫瘍溶連菌製剤
OK432
[ピシバニール]
シゾフィラン
SPG
[ソニフィラン]
レンチナン [レンチナン]






分類 一般名 商品名 適応 メカニズム





イホシファミド イボマイド 小細胞肺ガン
前立腺ガン
子宮頸ガン
ナイトロジェン・マスタードガスから開発。
DNAにアルキル基が強力に結合し、DNAの転写や複製を阻害。
長期間の使用で副作用が強く出る
シクロフォスファミド エンドキサン 多発性骨髄腫
悪性リンパ腫
乳ガン
ベンダムスチン トレアキシン 悪性リンパ腫












カペシタピン ゼローダ 乳ガン
結腸ガン
DNAやタンパク質の合成に必要な酵素の類似物質が取り込まれることで、DNAの転写や複製を阻害する。
ゲミシタビン ジェムザール 非小細胞肺ガン
膵ガン
乳ガン
テガフール・ウラシル UFT 胃ガン
膵ガン
胆嚢胆管ガン
結腸ガン
直腸ガン
テガフーツ・ギメラシル・オテラシルカリウム TS-1 胃ガン
結腸ガン
直腸ガン
フルオロウラシル 5-FU 胃ガン
結腸ガン
直腸ガン
乳ガン
子宮頸ガン




ベメトレキセドナトリウム水和物 アリムタ 非小細胞肺ガン
メトトレキサート メトトレキサート 慢性骨髄性白血病




抗薬
メルカプトプリン水和物 ロイケリン 慢性骨髄性白血病


ホリナートカルシウム ロイコポリン 結腸ガン
直腸ガン
レボホリナートカリシウム アイソボリン 胃ガン
結腸ガン
直腸ガン













ドキソルビシン アドリアシン 乳ガン
悪性リンパ腫
DNAの一部に付着してDNAの転写や複製を阻害
アドリアマイシン ドキシル 卵巣がん
エピルビシン ファルモンピシン 乳ガン、
急性白血病


ブレオマイシン ブレオ 皮膚ガン
頭頸部ガン
食道ガン
マイトマイシンC マイトマイシン 慢性骨髄性白血病














エリビリンメシル ハラヴェン 乳ガン 毒性の強い植物の成分を利用した薬剤。

転写・複製されたDNAの分裂に必要な微小管の形成を阻害
ドセキタキセル タキソテール 乳ガン
非小細胞肺ガン
胃ガン
パクリタキセル タキソール 非小細胞肺ガン
胃ガン
乳ガン
ビノレルビン ナベルビン 非小細胞肺ガン
ビンクリスチン オンコビン 白血病
悪性リンパ腫






|



イリノテカン カンプト 非小細胞肺ガン
結腸ガン
直腸ガン
乳ガン
DNAのねじれやからまりを解消する酵素トポイソメラーゼの作用を阻害
エトポシド ラステック 小細胞肺ガン
悪性リンパ腫
子宮頸ガン





オキサリプラチン エルブラット 結腸ガン
直腸ガン
プラチナを喜にアンモニアや塩素を結語させた薬剤。

DNAの2本鎖に架橋し分裂を阻害。
腎障害や神経障害が出やすい。
カルボプラチン パラプラチン 肺ガン
卵巣がん
頭頸部ガン
シスプラチン ランダ 食道ガン
肺ガン
卵巣がん
子宮ガン





関連情報 ガン情報
ガン治療








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査