ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP




抗不安薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)









広告




抗不安薬
タイプ 成分名 商品名








短期作用
(6時間以内)


エチゾラム [デパス]


クロチアゼパム [リーゼ]
フルタゾラム [コレミナール]
連用後に中断すると反跳性不安・退薬症候がでやすい
中期作用
(12〜24時間)


ロラゼパム [ワイパックス]
アルブラゾラム [コンスタン]
[ソラナックス]
フルジアゼパム [エリスパン]


ブロマゼパム [セニラン]
[
レキソタン]
長期作用
(24時間以上)


メキサゾラム [メレックス]


ジアゼパム [セルシン]
[ダイアップ]
クロキサゾラム [セパゾン]


クロルジアゼポキシド [コントール]
[バランス]
クロラゼブ酸ニカリウム [メンドン]
メダゼパム [レスミット]
オキサゾラム [セレナール]
超長期作用
(90時間以上)


フルトプラゼパム [レスタス]
ロフラゼプ酸エチル [メイラックス]


プラゼパム [セダプラン]
非ベンゾジアゼピン系 クエン酸タンドスピロン [セディール]
ヒドロキシジン [アタラックス]
[
アタラックスP]
  1. 不安・緊張・焦燥を緩和する薬なので・・・不安神経症(パニック障害・全般性不安障害)やうつ状態の対症療法に用いられる。
  2. 鎮静、催眠、抗ケイレン作用があるので、心身症治療の付加薬・睡眠導入薬・麻酔前投薬・抗攣縮薬・抗てんかん薬として応用が可能。
  3. 恐怖症・強迫神経症に対する効果は、抗うつ薬に劣る。
  4. 常用量での副作用は[眠気][ふらつき][脱力感]
  5. 不安発作(パニック障害)には、短期作用型を頓用薬とする
  6. 全般性不安障害には、中〜長期作用型を1日1回連用。
  7. 急性狭隅角緑内障・重症筋無力症には・・・ベンゾジアゼピン系薬物は禁忌。





分類 一般名 商品名 作用の強さ 参考
抗不安 催眠 筋弛緩








アルプラゾラム コンスタン
ソラナックス
B B 不安・緊張のみられる神経症や心身症に有効。
抑うつ状態の患者にも。
オキサゾラム セレナール ±
クロキザゾラム セパゾン B B C
クロラゼプ酸ニカリウム メンドン B ± ±
クロルジアポキシド コントロール
バランス
ジアゼパム セルシン
ホリゾン
B B B
プラゼパム セダプラン B C B
フルジアゼパム エリスパン B B
フルトプラゼパム レスラス C
ブロマゼパム セニラン
レキソタン
C B C
メキサゾラム メレックス B
メタゼパム レシミット B ± ±
ロフラゼプ酸エチル メイラックス B
ロラゼパム ワイパックス C B
非ベンゾジアゼピン系 ヒドロキシジン アタラックス
アタラックスP
神経症、麻酔薬投与。
術前
チエノジアゼピン系 エチゾラム デパス C B B エチゾラムは神経症・心身症に有効。
クロチアゼパム リーゼ B ± ±
フルタゾラム コレミナール B B
その他 臭化カルシウム ブロカル 小児の難治性てんかん













「ベンゾジアゼピン誘導体は、ギャバによる抑制性シグナルを強めることで脳の異常な興奮を抑え、不安・あせり・緊張などの症状を改善する薬物で、以下のものがあります
エチゾラム<デパス(吉富)>
オキサゼパム<ハイロング(萬有)>
オキサゾラム<セレナール(三共)>
クロチアゼパム<リーゼ(吉富)>
ジアゼパム<セルシン(武田)>
プラゼパム<セダプラン(興和)>
フルジアゼパム<エリスパン(スミトモ)>
プロマゼパム<レキソタン(ロシュ)>
ロフラゼブ酸エステル<メイラックス>
ロラゼパム<ワイパックス(ワイス)>







パモ酸ヒドロキシジン<アタラックス-P(ファイザー)>





抗不安薬を飲んでいるときの注意
  1. アルコール
    • アルコールと一緒に服用すると、血液中のベンゾジアゼピン誘導体の濃度が急に高くなり、効き目が強くなる。さらに、アルコールとベンゾジアゼピン誘導体の双方から中枢を抑制するので、運動障害が起きたり、呼吸が抑制され死亡の危険がある
  2. コーヒー
    • 脳の異常な興奮をベンゾジアゼピン誘導体で抑えようとしているのに、コーヒーに含まれるカフェインが脳のアセチルコリン神経を刺激し大脳皮質を興奮させるので、薬の効果が半減する
  3. タバコ
    • 「コーヒーと同じような結果になる」
      「ニコチンは今でも農業用の殺虫剤として利用されている猛毒物質です。そこで、タバコを吸うと肝臓のシトクロムP-450がニコチンを酸化し水溶性に変えて尿と一緒に体外へ排泄するのだが、普段からタバコを吸っている人はシトクロムP-450が増えているため、ニコチン以外の必要な薬物でも、素早く分解し体外へ捨ててしまう。そのため、抗不安薬の効き目も悪くなる」

3割に不適な使用
  • グラクソ・スミスクライン(GSK)は、2005年9/14、ウツに関する調査結果を発表した。原因の分からない身体の不調を訴え、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を1ヵ月以上継続して服用している患者のうち、
    8.8%・・・・・大うつ病
    20.1%・・・・うつ状態
    だった。
    ・約3割が適切な治療を受けていないことが明らかになった。
    不安や緊張などを和らげる抗不安薬は、ウツの治療で抗うつ剤と併用されることはあっても、「単独では効果がない」とされる。
    ・ベンゾジアゼピン系抗不安薬を精神科・心療内科から「うつ病」・「うつ状態」の治療薬として処方されていない429人の患者に診断名を聞き取り調査
    自律神経失調症・・・・24.1%
    不眠症・・・・・・・・・・・9.8%
    などだった。
    聞き取りした患者には、約3割にウツが認められた。
    調査を監修した東邦大学医学部の坪井康次教授は「様々な身体症状を訴える患者がうつ病と気づかずに、漫然と、抗不安薬が処方されるケースが少なくない」と訴える。




チェック
抗ウツ薬」「抗精神病薬」「精神安定剤








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬