興奮しやすい時の漢方薬
  ■黄連解毒湯



■甘麦大棗湯


■桂枝加竜骨牡蛎湯


■三黄瀉心湯   
  1. のぼせ気味で、血色が赤味を帯び、気分が落ち着かない者《大塚敬節》

■桃核承気湯


■抑肝散加陳皮半夏湯





興奮しやすい

精神興奮。

生体が内外の刺激に対して、急激に静止状態から活動状態に移行すること。

→「セロトニン症候群





(副作用で興奮しやすくなる医薬品)
「アーテン」「アナフラニール」「アモキサン」「アレビアチン」「オイグルコン」「グラマリール」「グリミクロン」「グルコバイ」「コンスタン」「コントミン」「コントール」「ジプレキサ」「セパゾン」「セルシン」「セレナール」「セレネース」「ゾビラックス」「ソラナックス」「タベジール」「タミフル」「ダントリウム」「デオドール」「デグレトール」「デパケン」「デパス」「ドグマチール」「ドラール」「ニューレプチル」「ハルシオン」「PL顆粒」「ヒルナミン」「フェノバール」「ブラダロン」「ブロバリン」「ベイスン」「ペリアクチン」「ベンザリン」「マイスリー」「メイラックス」「ユーロジン」「リスバダール」「リスミー」「リンラキサー」「レンドルミン」「レボトミン」「レキソタン」「レスミット」「ロドピン」「ロヒプノール」











    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
    東洋医学の考え方

漢方薬の選び方
 ブログdraun
よく使う漢方薬
 ツムラ番号   漢方処方3000


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved