ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    

  • 胃潰瘍と紅参

HOME ブログ  治るコム  健康診断 病名(症状 血液検査 医薬品



コウジン
朝鮮人参
田七人参
西洋人参
アメリカニンジン
竹節人参
ニンジン(carrot)」
広東人参
イタリアニンジンボク
党参







胃潰瘍コウジン
  • 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発生過程は、粘膜に対する攻撃因子(胃液(塩酸)/ペプシン/ガストリン)と防御因子(粘液の分泌促進・局所粘膜の血行促進)のバランスがくずれて攻撃因子が優位になることがある。
    2つの因子に影響を与えるものに、
    • 自律神経
    • 内分泌腺
    • セロトニン(胃粘膜血管を収縮させるホルモン)などがある



自律神経は精神状態の影響を受け、各種のストレスによってその機能が亢進する。
  • ストレスには・・・外傷・手術・骨折などの肉体的ストレスと、苦痛・怒り・不安などの精神的ストレスがある。
  • このようなストレスによって、自律神経系の中枢的役割を果たす視床下部が刺激されると、副交感神経(迷走神経)が興奮し、胃液分泌が亢進する。
  • 又、副交感神経はガストリンの分泌を促進して、胃液の分泌を倍増させる。副交感神経が機能的に興奮すると、交感神経も亢進して胃の末梢血管が収縮し、胃粘膜の血行量と粘液分泌量が少なくなる。
  • ストレスによる視床下部の興奮は、一方で、脳下垂体前葉を刺激して副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌を促進させ、それによって副腎皮質ホルモン(糖質コルチコイド)が放出される。このホルモンは胃を刺激して胃液の分泌を促進する





胃潰瘍と紅参


  • シロネズミの胃の幽門部を結んで12時間たつと、胃内に胃液が溜まり、潰瘍が発生する。胃の幽門部を結ぶ1時間前に紅参を投与したシロネズミは、胃潰瘍が半分しか発生しなかった。これは、紅参が胃液の分泌を抑制したことを意味する。しかし、紅参は、正常時には胃液の分泌を抑制しない