ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



交感神経刺激薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




交感神経の受容体
  • 交感神経の受容体には
    • α(α1,α2)と
    • β(β1,β2,β3)
    の2種類があります。


気管支拡張作用はβ2受容体の刺激によります。


β刺激薬は、気管支拡張以外に、
 [クララ細胞の分泌亢進]
 [透過性浮腫の抑制]
 [横隔膜筋の収縮力改善]
効果も知られています。



β1-アドレナリン受容体刺激薬(気管支拡張薬)
第1
世代
エピネフリン ボスミン
塩酸イソプレナリン アスプール
塩酸エフェドリン エフェドリン
塩酸オキシプレナリン アロテック
塩酸トリメトキサール イノリン
塩酸メチルエフェドリン [アスドリン]
[塩酸メチルエフェドリン]
[メチエフ]
塩酸メトキシフェナミン フェナミン
合剤 [アスドリン]
[イソパール-P]
[ストメリD]
第2
世代
硫酸サルブタモール [サルタノールインヘラー]
[ベネトリン]
硫酸テルブタリン [コンボン]
[ブリカニール]
第3
世代
塩酸クレンプテロール [アルバプロール]
[エコサン]
[スピロペント]
[トニール]
塩酸ツロプテロール [ベラチン]
[ホクナリン]
塩酸プロカテロール 「アストプロチン」
「アプロカテン」
「エプカロール」
「カテプチメート」
「カテプチン」
「カプテレノール」
「ザネロ」
「スタビント」
「テレプス」
「ドイスロール」
「ブリージン」
「プロカプチン」
「マーヨン」
「メチレーヌ」
「メチレフト」
メプチン
「メプチンミニ」
「レンブリス」
「ロワイヤル」
塩酸マプテロール ブロンコリン
キシナホ酸サルメテロール セレベント
臭化水素酸フェノテロール 「ウガコール」
「エミテックス」
「シオベテック」
ベロテック
「ポルボノール」
「モンブルト」
ツロブテロール ホクナリン
フマル酸ホルモテロール アトック

















関連情報 精神不安
不安感
催眠鎮静剤
自律神経作用薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査