情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





抗菌薬






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






副作用

抗炎症薬

抗生物質




殺菌性抗生物質
アミノ配糖体系














アミノ糖を含む配糖体抗生物質
トブラマイシン [トブラシン]
硫酸アストロマイシン [フォーチミシン]
硫酸アミカイン [ビクリン]
[硫酸アミカイン]
硫酸アルベカシン [ハバカイン]
硫酸イセパマイシン [イセパシン]
[エクサシン]
硫酸カナマイシン(カナマイ [カナマイシン]
[硫酸カナマイシン]
硫酸ゲンタマイシン [ゲンタシン]
硫酸シソマイシン [シセプチン]
硫酸シベカシン [パニマイシン]
硫酸スペクチノマイシン [トロビシン]
硫酸ストレプトマイシン
ストマイ
[硫酸ストレプトマイシン]
硫酸ネチルマイシン [ネチリン]
[ベクタシン]
硫酸ベカナマイシン [カネンドマイシン]
硫酸ミクロのマイシン [サガミシン]
硫酸リボスタマイシン [ビスタマイシン]
β













ドリペネム水和物 [フィニバックス]
ビアペネム [オルガシン]
メロペネム三水和物 [メロペン]
合剤 [カルベニン]
[チエナム]




  • 第1世代
セファクロル [L-ケフラ−ル]
[ケフレックス]
セファドロキシル [サマセフ]
セファレキシン [L-ケフレックス]
[ケフレックス]
[センセファリン]
[ラリキシン]
セファトリジンプリオピレングリコール [タイセファコール]
セフロキサジン [オラスポア]
  • 第2世代
塩酸セフォチアムヘキセチル [パンスポリンT]
セフロキシムアキセチル [オラセフ]
  • 第3世代(セファロスポリン系)
塩酸セフカペンピボキシル [フロモックス]
セフテラムピボキシル [トミロン]
セフィキシム [セフスパン]
セフジトレンピボキシル [メイアクト]
セフジニル [セフゾン]
セフチブテン [セフテム]
セフポドキシムプロキセチル [バナン]
  • 第3世代(セファマイシン系)
セフブペラゾンナトリウム [ケイペラゾン]
[トミポラン]
  • 第3世代(オキサセフェム系)
フロモキセフナトリウム [フルマリン]
ラタモキセフナトリウム [シオマリン]






  • ペニシリン製剤
フェネチシリンカリウム [シンセペン]
ベンジルペニシリンカリウム [ペニシリンGカリウム]
ベンジルペニシリンベンザチン [バイシリン]
  • アミノベンジルペニシリン
アスポキシシリン [ドイル]
アモキシシリン [アモリン]
[サワシリン]
[パセトシン]
[ワイドシリン]
アンピシリン [ソルシリン]
[ビクシリン]
塩酸タランピシリン [アセオシリン]
塩酸バカンピシリン [ペングッド]
塩酸レナンピシリン [バラシリン]
シクラシリン [バストシリン]
  • 広域ペニシリン
塩酸ピブメシリウム [メリシン]
トシル酸スルタミシリン [ユナシン]
ピペラシリンナトリウム [ペントシリン]
合剤 [オーグメンチン]
[コンビペニックス]
[クラバモックス]
[タゾシン]
[ビクシリンS]
[ユナシン-S]



ファロペネムナトリウム [ファロム]






アズトレオナム [アザクタム]
カルモナムナトリウム [アマスリン]
ホスホマイシン系 ホスホマイシン [ホスミシン]
[ホスミシンS]
その他 塩酸バンコマイシン [塩酸バンコマイシン]
キヌプリチン・ダルホプリスチン [シナシッド]
コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム [コリマイシンS]
[メタコrマイシン]
テイコプラニン [タゴシッド]
硫酸ポリミキシンB [硫酸ポリミキシンB]



静菌性抗生物質





テリスロマイシン [ケテック]










クロラムフェニコール [クロロマイセチン]
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム [クロロマイセチンサクシネート]
チアンフェニコール [アーマイ]
パルミチン酸クロラムフェニコール [クロロマイセチンパルミテート]








塩酸ドキシサイクリン [ビブラマイシン]
塩酸デメチルクロルテトラサイクリン [レダマイシン]
塩酸ミノサイクリン [ミノマイシン]
テトラサイクリン [アクロマイシン]







塩酸クリンダマイシン [ダラシン]
塩酸リンコマイシン [リンコシン]
リン酸クリンダマイシン [ダラシンS]






14


エチルコハク酸エリスロマイシン [エリスロシン]
エリスロマイシン [エリスロマイシン]
グラリスロマイシン [クラリス]
[クラリシッド]
ステアリン酸エリスロマイシン [エリスロシン]
ロキシスロマイシン [ルリッド]
15


アジスロマイシン水和物 [ジスロマック]
16


アセチルスピラマイシン [アセチルスピラマイシン]
キタサマイシン [ロイコマイシン]
ジョサマイシン [ジョサマイシン]
酒石酸キタサマイシン [ロイコマイシン]
酢酸ミデカマイシン [ミオカマイシン]
ミデカマイシン [メデマイシン]
ロキタママイシン [リカマイシン]





耐性菌
  • 1990年代から抗菌薬の新規開発は世界的に停滞しており、既存薬を長く使い続けることが必要になっている。
    ところが、不安と習慣から“抗菌薬が無効なウイルス性の風邪にまで使うケースも少なくない”
    限られた資源の有効利用から、米国の多くの病院では一般の医師が扱える抗菌薬は限定され、それ以外の抗菌薬を使うには専門医(アメリカの専門医は普通の医師免許でなく、より高度の別の試験に合格する必要がある)の許可が必要。

アモキシシリンの投与量拡大
  • 2011年、協和発酵キリンは販売中の抗菌剤「アモキシシリン水和物」について、小児感染症に対する1日当たりの最大投与量の変更を臨床試験の全部または一部を実施しない「公知申請」の形で申請した。
    小児への1日最大投与量を体重1kg当たり90mgに引き上げる申請をした。
    海外の主要国での最大容量は90〜150mgになっている。
最適な抗菌薬を判定
  • 2013年、大阪大学産業科学研究所の松本桂巳客員教授らは、院内感染の原因になる緑膿菌などに感染した際に、患者に最適な抗菌薬をすばやく選ぶための検査キットを開発した。
  • 菌がどの薬に耐性を持っているかを調べるのに使う。
  • 一般的な顕微鏡で観察できる。
  • 緑膿菌以外にも対応可能。





TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬