好酸球増加症
  • 末梢血液中に好酸球数が350/μを超えるもの

(副作用で好酸球増加する)
好酸球増多の原因

アレルギー疾患:
  「気管支喘息」
  「ジンマシン
  「薬剤アレルギー」


膠原病:「多発性動脈炎


血液疾患:
 
「好酸球性白血病」
  「慢性骨髄性白血病」
  「ホジキン病
  「非Hodgkinリンパ腫」
  「家族性好酸球増加症」


寄生虫:
  「回虫」
  「十二指腸虫」
  「フィラリア」


皮膚疾患:
  「天疱瘡」
  「多形滲出性紅斑」


その他:
  「放射線照射」
  「好酸球肺浸潤症候群」





好酸球性肺炎の種類
アレルギー性気管支肺アスペルギルス症


アレルギー性肉芽腫症(チャーグーストウス症候群


急性好酸球性肺炎


好酸球増加症候群


好酸球増多・筋痛症候群
  • (混入したL-トリプトファンが原因)



単純性好酸球性肺炎(レフラー症候群)


熱帯性好酸球増加症


慢性好酸球性肺炎




PIE症候群
  1. 肺好酸球増加症候群」。
  2. 末梢の好酸球増加と好酸球の肺浸潤が起こる。
  3. 肺好酸球浸潤(PIE)症候群のことを「好酸球性肺炎」ともいう。
  4. 西洋薬→インタール




特発性好酸球増多症候群の症状
胸水 (>70%)
虚弱 (50%)
巨脾腫症 (>50%)
痙性 (>50%)
血管性水腫 (>50%)
血栓 (>50%)
筋肉痛 (50%)
血小板減少症 (>50%)
行動が異常 (>50%)
呼吸困難 (>70%)
食欲不振 (50%)
心内膜心筋疾患 (>70%)
心肺の塞栓 (>70%)
心不全 (>70%)
セキ (>70%)
体重減少 (50%)
認知機能が異常 (>50%)
肺浸潤 (>70%)
発熱 (50%)
皮膚描記症 (>50%)
疲労 (50%)
貧血 (>50%)
不整脈 (>70%)
発疹 (>50%)
末梢神経障害 (>50%)
痒疹 (>50%)
リンパ節症 (>50%)



猩紅熱
脚気
薬物性肝障害
顆粒球減少
気管支喘息
白血球
好酸球
アレルギー性肉芽腫性血管炎















    
ドクトルアウン・毒をとってあうんの呼吸で元気にキレイになりましょう 
     漢方薬の選び方 

 よく使う漢方薬
 ブログdraun 東洋医学の考え方


 Copyright(C) 丸美屋和漢薬研究所 All Rights Reserved