ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



抗精神病薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





非定型抗精神病薬群
非定型抗精神病薬は定型精神病薬と比較してドパミンD2受容体への作用が緩和されており、錐体外路障害、高プロラクチン血症、心血管系副作用も少ない。
セロトニン・ドパミン拮抗薬 塩酸ペロスピロン水和物 [ルーラン] 統合失調症のファーストチョイス
リスペリドン [リスバダール]
クロザピン類似化合物 オランザピン [ジプレキサ]
フマル酸クエチアピン [セロクエル]
ドパミンD2受容体部分アゴニスト アリピプラゾール [エピリファイ]





(定型抗精神病薬群)
定型抗精神病薬のドパミンD2受容体遮断作用は中枢神経のドパミン経路すべてに及ぶが、中脳辺縁系とおそらく中脳皮質系への拮抗作用が主要な薬理作用と考えられている。

主要な副作用は錐体外路兆候がある。
A群
(高力価)









ハロペリドール [エセックチン]
[ケセラン]
[コスミナール]
[スイロリン]
[セポンスク]
[セレネース]
[ハロジャスト]
[ハロステン]
[ハロペリドール]
[ハロミドール]
[ブロトポン]
[ペルネス]
[ヨウペリドール]
[リントン]
[レモナミン]
スピペロン [スピロピタン]
チミペロン [セルマニル]
[トロペロン]









マレイン酸フルフェナジン [フルメジン]
マレイン酸トリフロパラジン [トリフラペラジン]
ペルフェナジン [トリオミン]
[トリラホン]
[ネイカ]
[パーフェナジン]
[ピーゼットシー]
プロクロルペラジン [ノバミン]
ベンザミド
誘導体
ネモナプリド [エミレース]
B群
(低力価)









クロルプロマジン [ウインタミン]
[コントミン]

[白色コントミン]
レボメプロマジン [ヒルナミン]
[レボトミン]
チオリダジン [メレリル]
ブチロフェノン
誘導体
塩酸フロロピパミド [プロピタン]
C群
(ABの中間)
フェノチアジン誘導体 プロペリシアジン [アパミン]
[イリヤキン]
[ニューレプチル

[プロペチル]
チエピン誘導体 ゾテピン [セトウス]
[ゾピテ]
[メジャピン]
[ロシゾピロン]
[ロドピン]
イミノジベンジル誘導体 カルピプラミン 「デフェクトン」
塩酸クロカプラミン [クロフェクトン]
[クロペラジン]
[パドラセン]
塩酸モサプラミン [クレミン]










塩酸モペロン [ルバトレン]
ブロムペリドール [インプロメン]
[プリペリドール]
[プリンドリル]
[ブロムペリドール]
[メルカイック]
[ルナプリン]
[ロペール]
ピモジド [オーラップ]
インドール系 オキシペルチン [ホーリット]
レセルピン アポブロン







スルピリド [アビリット]
[クールスパン]
[シーグル]
[スカノーゼン]
[スルピリド]
[セルネビン]
[ドグマチール]
[ベタマックT]
[ミラドール]
塩酸スルトプリド [スタドルフ]
[バルネチール]
D群
(持効型)
2週間
持効
エナント酸フルフェナジン アナテンゾールデポー
4週間
持効
デカン酸ハロペリドール [ネオペリドール]
[ハロマンス]
デカン酸フルフェナジン [フルデカシン]








2009年、「クロザリル」が承認された。
  • 2009年6月19日、統合失調症治療薬のクロザピン(商品名:クロザリル錠25mg、同錠100mg)が薬価収載され、近々発売が予定されている(製造承認は4月22日に取得)。
    適応は「治療抵抗性統合失調症」であり、
    用法・用量は「初日12.5mg、2日目は25mgを1日1回。3日目以降は症状に応じて1日25mgずつ増量し、原則3週間かけて1日200mgまで増量(1日50mgを超える場合には2〜3回分割)。ただし、1回の増量は4日以上の間隔をあけ、増量幅は1日100mgを超えないこととし、最高用量は1日600mgまで」となっている。
(ラツーダ)
  • 2011年、大日本住友製薬が米国で発売した。
    ラツーダは旧住友製薬が創薬した新薬。
  • 食後に1日1回経口投与する。
    既存の抗精神病薬と同等以上の効能を持ちながら、体重増加・脂質異常・血糖値上昇などの副作用が少ない。



脳容量が減少
2010年、米国立精神衛生研究所などのチームは、抗精神病薬を投与した直後に、脳の領域の容積が一時的に減ることを発見した。
この領域は運動機能などにかかわっている。

健康な成人男性に抗精神病薬を投与したところ、、脳の中央部にある「腹側被殻」という部分の容量が、投与の数時間後に2〜10%減少した。容量の減り方が大きい人ほど、動作が鈍くなるなどの運動障害が起きやすいことも分かった。

腹側被殻の容量は24時間以内に回復した。





日本での抗精神病薬の1日平均使用量
(2002年の調査)
  • 韓国の・・・・・2倍強
    台湾の・・・・・3倍強
    香港の・・・・・6倍弱



アカシジア 英語名:akathisia (厚生労働省
精神科のお薬(とりわけ抗精神病薬)の服用中に起こることのある副作用です。
  • アカシジアは抗精神病薬だけではなく、抗うつ薬や一部の医師から処方された胃腸薬などによっても引き起こされることがあります。
  • これらのお薬を服用していて、下に示したような症状がみられた場合には、自己判断で服用を中止したり放置したりせずに、早急に医師又は薬剤師に連絡してください。自己判断での服用の中止によって、さらに重篤な別の副作用が出現する場合があることに注意して下さい。

  • @ 体や足がソワソワしたりイライラして、じっと座っていたり、横になっていたりできず、動きたくなる
    A じっとしておれず、歩きたくなる
    B 体や足を動かしたくなる
    C 足がむずむずする感じ
    D 「じっと立ってもおれず、足踏みしたくなる」など









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査