ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



抗体医薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




抗体医薬
  • 免疫反応を利用した医薬品が抗体医薬品 .
  • 体内に病原菌が入ったりガン細胞が生じると、人間はこれらの表面にあるタンパク質に結合する「抗体」を作り出す。
  • 抗体医薬は、抗体が特定の細胞に結合した際に起きる様々な生体現象を利用して病気を治す医薬品。


抗体医薬
  • 体内に侵入したウイスルなどの異物を排除するヒトの免疫反応を利用した医薬品。
  • ガン治療用抗体薬の場合ガン細胞だけが持つ特有のタンパク質を見つけて攻撃する。
  • 標的の異物にだけ作用し、正常な細胞を傷つけない。
  • 抗体が異常細胞に結びつき、NK細胞(ナチュラルキラー細胞)などの免疫細胞を呼び寄せる。引き寄せられたNK細胞や補体が異常細胞を攻撃する。
  • 免疫機能を利用するため免疫力が弱った患者には効きにくい。




抗体医薬の商品化の
  1. 第1号は、1986年欧米で発売された「OK-3」(腎臓移植の拒絶反応抑止薬)
    • 第1世代は、マウスの抗体で、患者に投与すると異物としてマウス抗体に対する抗体(HAMA)ができて、薬効を失った。
  2. 第2世代は、キメラ抗体
    • 第2世代は、ヒト抗体分子にマウスの抗体分子を結合したキメラ。
  3. 第3世代は、ヒト化抗体・・・「ゼナパックス」
    • 第3世代は、HAMAの問題をクリアーした
  4. 第4世代は、ファージ抗体
    • 第4世代は、試験管内で、いろりろな抗体ライブラリーを作成。
    • 抗体医薬の弱点だった優良抗体の選抜に技術革新をもたらした
  5. 第5世代は、部分抗体
  6. 第6世代が、バイシクル抗体
    • 2009年、第6世代の抗体医薬が産声を上げた。
    • 完全な化学合成可能な『バイシクル抗体』である。
      これが実用化すれば、低分子医薬と抗体医薬の垣根を越えて、バイオ医薬と従来の化学合成医薬の区別も無意味になる。
      2009年10月、英国医学研究協議会(MRC)のウィンター卿がBT社を創設した。ウィンター卿は抗体医薬のパイオニアで、ヒト化抗体技術(ウィンター特許)を完成し、研究をリードする。







バイシクル抗体
@ 抗原と結合するループ構造を形成するために、化学合成で6つのアミノ酸が連なったペプチドを2つ、両端と中央にスシテインというアミノ酸をふかしてつないだ分子を開発した。あたかも自転車の2輪の構造に似ていることからバイシクル抗体と命名。
A 1つのループでは抗体活性を示さない。
B 6つのアミノ酸のペプチドを化学合成すれば自在に抗体をデザインできる。
C 血清中のタンパク質分解酵素を標的に、現在の抗体医薬に匹敵するバイシクル抗体の開発には成功している。





薬剤
(商品名)
対象疾患 1ヶ月
の費用
トラスツズマブ
(ハーセプチン)
乳がん \180000
〜\220000
インフリキシマブ
(レミケード)
関節リウマチ \75000
トヂリズマブ
(アクテムラ)
\85000
〜\100000
シンポニー
ラニビズマブ
(ルセンティス)
加齢黄斑変性症 \180000
オマリズマブ
(ゾレア)
ぜんそく \23000
〜\370000



パーツに分けて製造
  • 2015年、東京大学の津本浩平教授と浜窪隆雄教授らが開発。
  • 抗体の主要部をパーツに分けて作り、体内でつないで機能させる。




アームド抗体(武装抗体)
放射線治療を体内から行うイメージ。
  • 抗体はガンなどの異常細胞と結合する性質を持つ。
  • 武装抗体は、抗体に放射線を発する放射性同位体をそなえ、異常細胞を攻撃する。
  • 正常細胞を攻撃してしまうリスクがあるため、投薬法に一工夫必要。
  • 免疫細胞を呼び寄せる機能が衰えた患者にも効果が期待できる。
  • 薬剤の投与が1回ですむ。

アメリカで治験
  • 富士フイルムは肺がんなどの固形がんを対象にした臨床試験を世界最大のがん専門病院、米テキサス州の「MDアンダーソンがんセンター」で始める。対象は
  • 放射線を発する放射性同位体を備えたアームド(武装)抗体と呼ばれる抗体医薬品。



関連情報 抗体
分子標的医薬
核酸医薬






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査