ガン

アミノ酸



隈笹
  1. イネ科
    • タケやササの仲間は通常はイネ科に分類されていますが、別にタケ科を独立させる考え方もでています。
  2. 一般に小型のものをササと呼び、大型のものをタケと呼んでいます。
    • 植物学的には、タケはタケノコの皮(稈鞘)が生長につれて落ちるものをいい、皮が残っていつまでも茎についているものをササといいます。
  3. タケ(竹)やササ(笹)はともに日本原産で種類が多く、長い地下茎がある。竹の仲間であるバンブーは南方の原産で地下茎がない
ササの成分
  1. ケイ酸
  2. リグニン
    • 木や草の主成分で、植物の細胞と細胞の間をうめたり、つないだりしている成分。
    • 免疫賦活作用を高めます。
  3. アラビノキシラン
    • アラビノースとキシロースが結合した多糖類です。
    • イネ科に多く含まれる成分で、リンパ球のなかのNK細胞の活性を飛躍的に高める働きがありますガン
ササの作用
  • ・免疫の増強
    ・解毒作用
    ・利尿作用
    ・抗菌作用
    ・創傷治癒促進作用









1983年林業試験場北海道支場から出された『北海道ササ分布図』では以下のように分類されています
稈の長さ ササの名称
2m以上 チシマザサ
1m以上2m未満 クマイザサ
1m未満 ミヤコザサ
クマイ笹の語源は1枝に9枚の葉がつくことから「9枚笹」といわれたようです。しかし、山中で観察すると5〜7枚ぐらいが多く、12枚のものもあります。

クマイザサの成分
クマイ笹にはタンパク質の主要な構成成分であるアミノ酸が24種類も含まれています。なかでも体内では合成できないので、食物から摂るしかない必須アミノ酸8種類のうち7種類が含まれています。そのほかにも、アラビノキシラン、リグニン、フラボノイドなどの成分が含まれています








・細胞賦活作用
・血液浄化作用
血流改善作用
・抗潰瘍作用
活性酸素除去作用
・ピロリ菌除菌作用
・抗菌作用
・消炎作用






ストレスに悩む方
・手術前後で体力が低下している方
・胃・十二指腸潰瘍
・肝臓疾患
・腎臓疾患
糖尿病
アトピー性皮膚炎




解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査