肝硬変

肝臓ガン







クモ状血管腫  vascular spide
  • 肝硬変症に見られる。
    「とくにアルコール性で出現しやすい。
  • 顔面・頚・胸部・手背に多く、腹部や下肢には少ない
  • 中心はピンの頭くらいで、暗赤色ないし紅色を呈し、これを中心にして細い糸状に回りに放射状に伸びてクモの足に似ている。中心部が大きいと拍動がみられる。
  • ガラス板で軽く圧迫すると消退し、放せばまたすぐに発赤する
  • エストロゲン過剰状態によるとされる
  • 肝疾患が改善すると赤味を失い、色素沈着のみを残す


3ヶ月 陳久散を3ヶ月、
毎日9カプセル飲んで、消えてしまった。








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査