ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




クモ
(蜘蛛)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)




クサグモ

グルタミン酸



クモ (蜘蛛)
クモの糸
  • グリシンとアラニンという2種類のアミノ酸が結び付いた構造。
    クモの糸は鉄の数倍強く、ナイロンより2倍しなやかで、耐水性・伸縮性に優れる。

    クモの糸は同じ太さの鉄のワイヤよりも強く、ナイロンよりも伸縮性があり、夢の新素材として世界中で研究が進んでいる、大崎茂芳・奈良県立医科大学教授は、コガネグモの糸を約19万本束ねたひもを作ってぶら下がり、クモの糸の強さを証明した。

  • “クモの糸とは髪の毛の1/10ほどの太さですが、糸を束ねて直径1cmぐらいで飛行機もつり上げられる計算です”

  • “クモの糸はどれも同じように見えますが、巣の中心部から放射状に伸びるタテ糸やエサを捕らえるための粘着物質がついたヨコ糸など7種類の糸をおなかの管から吐き出しています。

  • 研究しているのは主に獲物に飛びついたり、逃げるときに出す命綱です”


命綱に隠された仕組みとは?
  • クモの糸の強度には、
    • 糸がバネのように伸び縮みできるギリギリの強度(弾性限界強度)と
    • 伸びきって切れてしまう強度(破断強度)
    の2種類あります。

  • 弾性限界強度を調べると、クモの体重の2倍あることが分かりました。なぜ2倍なのかと思って、糸を電子顕微鏡で観察してみると2本ありました。1本の糸が切れても、もう1本でクモを救える訳です。クモは4億年かけて命綱の安全性を確保する構造を獲得したと考えられます

クモは紫外線を利用している?
  • カイコの絹糸に紫外線を当てると、すぐに強度が落ちます。
  • そこでクモの巣に紫外線が当たるとボロボロになって獲物が捕れなくなるのではないかと思い、タテ糸とほぼ同じ成分である命綱に紫外線を当ててみました。すると、命綱の強度は増大した後、徐々に低下し、2日でほぼ元通りの強さになりました。

  • またジョロウグモは1日に半分づつ2日かけて巣を張り替えていました。










神経毒を持つクモ
  1. ゴケグモ
  2. ジョロウグモ
  3. タナグモ科クサグモ
  4. セアカコケグモ
    • 2012年、福岡県で老婦が被害に、一時呼吸障害に。





セアカコケグモ
セアカコケグモの生息域が拡大中
  • 2012年、咬まれると重症化することもある毒グモ「セアカコケグモ」が、国内で生息域を拡大していることが環境省の調査で分かった。
  • セアカコケグモはオーストラリア原産の体長約1cmのメスだけが毒を持つ。
  • 1995年に大阪で見つかって以来関東や東北地方でも見つかっている。





シドニージョウゴグモ
  • オーストラリアに分布する毒グモ。

  • 毒液は大きなキバの先から分泌され、そのキバは小動物の頭蓋骨や人間の爪すらも突き抜ける。

  • 毒はアトラクソトキシンを含む神経毒で、幼児を30〜90分で死に至らしめる





キムラグモ
キムラグモ
  • (小野展嗣・国立科学博物館動物研究部昆虫第二研究室長)
    「生物の多様性の主薬は昆虫で、100万種以上と言われています。蜘蛛は昆虫と違い歩くための足を8本持っていますが、名前が付いている種は少なくて3万ほどです」
    日本は面積の割には蜘蛛の種、数とも多く、その約90%、1400種ほど分かっています。未解明のものもいるわけで、私も多いときで年間10ほどの新種を見つけています。
    ◇主な研究の対象にしているハラフシグモは昔の蜘蛛の特徴を残しているとか?
    「ハラフシグモ科は腹部に板状の節を持っているのが特徴で、東アジアにしかいません。日本では大正時代に見つかり、九州の南半分と沖縄県にいるキムラグモが知られています。3億年ほど前の蜘蛛がそのまま現代に生きている生きた化石で、カブトガニやシーラカンスの蜘蛛版です」
    ◇形態などの特徴を調べるのは根気のいる仕事ですね?
    「足の長さや呼吸器、生殖器、出糸管などを近縁種と比較します。捕獲のため東南アジアなどに行きますが、巣を張らない土蜘蛛の仲間なので見つけるのにちょっとしたコツがいります」
    「ハラフシグモを研究することで進化の道筋や生物の多様性のナゾを解き明かすことが目的です。ベトナムとタイでは見つかる亜科の分布が違うことなどから、この地域の生態系の成立過程の違いが分かるかもしれません」
    ◇昔の博物学は動植物の形態を見ることから出発しました。今は遺伝子を調べる方法と様変わりです
    「欧州が源流の博物学ですが、今は生理学や遺伝学などの多面的な検討が求められています。自然史学といってよいでしょう」
    「ただ、欧州は博物学などの歴史の積み重ねがあるので、基準標本がたくさなります。自分たちが見つけた動植物が新種であるかどうかを正確に調べるには、基準標本と比較する必要があります






ハエトリグモ
格闘技
  • 「少年時代、故郷横浜でハエトリグモ(方言でホンチ)を闘わせる遊びに我を忘れた。
  • ホンチは2本の前脚を振り相手に接近し、大相撲顔負けの格闘技を演じる。
    1cmに満たぬクモを求めてぼくらは春野の山を跋渉し、成虫になる前の幼虫ババ(方言)を捕らえて市販のホンチ箱に収め、生きたハエや自分のツバを与えて飼い、懐で温めて脱皮を促した。褐色のまだらのババが一皮むけると、漆黒に輝く雄グモのホンチになる。
    千代紙を貼ったホンチ箱は関東大震災の翌年、木型職人の加藤光太郎氏が考案したもので、第二次大戦後一時期は年間60万個も生産された。悪童どもが出会えば自慢のホンチを出し合い、マッチ箱に入れ、ガラスで蓋をして土俵で闘わせる。クモは自分を誇示しつつ回り込んだり、駆け引きをする。力が互角なら「地取り」と呼ぶ休止期が5分、7分と続く。
    互いにスキを伺う緊迫した時が流れて、やがて阿吽の呼吸で激しいもみ合いが再開される。上から相手の尻(腹部)を爪で引っ掻くと、引っ掻かれた方はたまらず退散する。
    クモの遊びといえば、江戸時代にハエトリグモにハエを捕らせる競技が流行し、そのクモを「座敷鷹」などと呼んだ。
    クモの格闘技では、鹿児島県加治木町の年中行事「くも合戦」が有名だ。加治木のくも合戦では、大型で円網を張るコガネグモ(薩摩弁でヤマコッ)のメス同士を横棒に這わせて相撲させる。
    ハエトリグモを闘わせる遊びは横浜や房総半島の一部に限られていたが、三浦半島ではコガネグモ、ジグモ、ネコハエトリ、カバキコマチグモという4種類のクモを使っていた。伊豆半島〜南九州までの沿岸部ではほとんどがコガネグモだった。(斎藤慎一郎・日本蜘蛛学会会員)


ピンぼけ具合で距離を測る
  • 2012年、大阪市立大学の寺北明久教授のチームは、ハエトリグモがジャンプして獲物を捕らえる際に、どうして距離を測っているかを明らかにした。東北大や京都大との共同研究。
  • ハエトリグモは、目の中に写るピンぼけした像を元に、見る対象物までの距離をつかんでいることがわかった。
  • 成果は、4/27のサイエンスに掲載。
  • これまで、ハエトリグモがハエなどに飛びつく際、どのように距離をつかんでいるか不明だった。
  • ヒトでは左右の目の和すかな見え方の違いから測定しているが、今回のような視覚メカニズムが明らかになったのは初めて。
  • ハエトリグモの8個の目のうち、前面中央にある2個の「主眼」の中には可視光を認識する部分が、レンズに近い方と奥の2層にあり、いずれの層にも緑色の光を認識するタンパク質があった。見ている物がレンズを通して奥の層でピンぼけしない像として写り、もう一方の層にはピンぼけした像が写ることが分かった。
  • 研究チームは、2つの像を比べたピンぼけ具合から、距離を認識していると推測。
  • 緑色の光を照らした場合と、緑色よりもぼやけ具合が大きくなる赤色の光の場合で、雲がエサに飛びつく様子を観察した。その結果、緑色の光ではエサまで飛びつけたが、赤色の光ではエサまで届かなかった。
  • 大きくぼやける光ほど距離を短く誤認するとみられる。




クモ糸繊維・・・・・実用化に成功
  • 2013年、クモの糸で織られたドレスが世界ではじめて披露された。
  • クモ糸を大量合成に成功したのは2007年創業のベンチャー「スパイバー」だ。



クモの効能効果
  • ○小児の丹毒・遊腫に良い


クモの民間療法
  1. 牙疳の口臭を治す
    • 蜘蛛を殺して作末し、臙脂と麝香を入れて貼る
  2. 吹乳と乳癰
    • 蜘蛛3、紅棗3を、棗のなかに蜘蛛を入れて炒熟し、かじって焼酎で送り込む

クモを配合した漢方薬
  1. 黒聖散




チェック
関連情報
クサグモ










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査副作用針灸漢方薬