情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





黒酢






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)






バルサミコ酢
コレステロール値が高い
脂肪肝
糖尿病
中性脂肪が低下



黒酢
2種類の発酵が1つの壺の中で起きる、世界的にも珍しい製法
  • 類似の製法の酢には、「バルサミコ酢」「サトウキビ酢」がある。
  • コメでもブドウでも糖分のあるものから酒が造られる。
  • 酒は放っておくと酢になる。アルコール発酵と酢酸発酵は、全く別のところで進めるのが、醸造業界の常識だ。
  • 酒造りでは、酸が出たらアルコール発酵が止まり腐ってしまう。
  • だから、杜氏は酢を忌み嫌う



鹿児島県福山町が黒酢のふるさと
  • 「3、4月に蒸し米8kg、麹(コウジ)3kgとわき水30リットルを壺に満たして、陶製のふたをする。1年。」
    コウジ黒酢は沖縄特産の泡盛から作られます。アルコール度数の高い沖縄名産の泡盛はコメと水・黒コウジ菌を原料に使います。ポイントは「アスペルギルス・アワモリ」と呼ばれる黒コウジ菌で、黒い胞子を作ります。コメと黒コウジ菌で作る米コウジも黒色をしています。このコウジに水を加えて発酵させてもろみを作り、それを蒸留してアルコール分を抽出したのが泡盛です。このもろみを蒸留した後に残るもろみ酸が、コウジ黒酢の原料になります。


肥満・・・病気のはじまり
  • 同じ体重の人が同じカロリーを摂取し、同じ量の運動をしても、減量効果に差があるのはなぜでしょう?
    これは摂取した食べ物を効率よくエネルギーに変化させる能力が違うからなのです。
    クエン酸を摂取すると「クエン酸サイクル運動」という代謝運動が活発化し、エネルギー代謝が活性化し、減量効果が高まります。
    さらに、コウジ黒酢には天然のクエン酸だけでなく、脂質の代謝に必要なビタミンB2も豊富に含まれています。
    1. 肥満予防のために黒酢を摂取するのは、食前より食後の方が効果的です。
    2. また、黒酢には食欲増進作用もあるのでダイエットには食後の摂取がおすすめ。
    3. さらに、運動前に黒酢を摂取すると、疲労の原因物質である乳酸の発生が抑えられるので、運動効率がアップし、ダイエット効果もアップします。
    4. アミノ酸の中でも「リジン」「プロリン」「アラニン」「アルギニン」の4種類は、体内おいて多くの脂肪を燃焼させる作用があります。







酢の効用
  • ○内臓脂肪を減らす
  • ○カルシウムの吸収を高める
  • ○血行促進、冷え症の改善。
    ○利尿作用が高まる。
    ○肝機能をアップ。
    ○血液をサラサラにする






黒酢の効能効果
中性脂肪低下
  • 「九州大健康科学センターの藤野武彦助教授らが、高血圧や心臓病患者に、黒酢を毎日20cc飲んでもらった。ほぼ全員の総コレステロールや中性脂肪が低下した。」


総コレステロール値を低下


赤血球の変形能を改善する
  • 「ヒトの体内では、直径7ミクロンの赤血球が内径5ミクロンの血管を通り抜ける。
  • 円盤状の赤血球は末梢の血管にさしかかると、細長く変形するのだ。
  • 年を取るにつれて、「変形能」と呼ばれる赤血球のしなやかさが失われ、成人病の影が忍び寄る。黒酢によって赤血球の変形能も改善されていた。」


クエン酸
  1. 抗酸化作用があります。
  2. 乳酸の生成を抑えて疲労を防ぐ
  3. クエン酸サイクルの活性化によって体力や活力を増強する
  4. 体を健康なアルカリ性に保つ
  5. 血流が良くなり、冷え症に効果がある




コレステロール
LDL(悪玉コレステロール)
  • コレステロールには悪玉のLDL善玉のHDLがあります。
    LDLは血管にくっついて動脈硬化などの原因になり、HDLはその血管壁に溜まったコレステロールを掃除して動脈硬化を防ぎます。
    悪玉のLDLは、そのままの状態では悪さをしません。酸化されて「酸化LDL」となってはじめて危険な悪者になります。
    そのLDLの酸化に関与しているのが「活性酸素」なのです。
    活性酸素は、電子のバランスが崩れて不安定な状態になった酸素のことで、これがからだの細胞をサビさせボロボロにして、老化や生活習慣病の原因となります。
    活性酸素
    によって酸化LDLが出来ると、白血球のなかの掃除部隊(マクロファージ)が、邪魔者として食べてしまいます。マクロファージはどんどん酸化LDLを食べるのですが、限界まで食べると死んでしまいます。死んだマクロファージの死骸は血管壁にたまり、動脈硬化がさらに促進されます。
    しかも、自覚症状はありません。
    ある日突然、血管がつまって脳梗塞心筋梗塞で倒れることになります。


コレステロール値が高いとどんな病気を招くのでしょうか?





大麦黒酢
  • 2009年、キューピーは大麦黒酢の摂取で血液の流動性が改善されることを確認したと発表。
    大麦黒酢の抗酸化作用が関与していることを突き止めた。
    9月の日本食料科学工学会で発表。
    黒酢の原料にはコメと大麦があるが、大麦由来の黒酢については、研究報告がほとんど無いのが現状。
    調査では成人男女計20名を無作為に10名づつのグループに分け、市販の大麦黒酢と米黒酢を、それぞれ1日に15ml、4週間にわたり摂取してもらった。摂取限度の血流を測定したところ、大麦黒酢を接種したグループに統計学上の有意差がみられ、大麦黒酢に血流改善効果があることが確認された。



チェック
バルサミコ酢」「コレステロール値が高い」「脂肪肝」「糖尿病」「中性脂肪が低下








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬