ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



クサグモ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告




分子量4000〜5000のペプチド。
カルシウムチャネルを阻害する。






(学名:アゲレノプシス・アペルタ)から、米国カリフォルニア大学のアダムス博士らは、『アガトキシン』と総称される一群の神経毒を分離した。

ω-アガトキシンWAと名付けられた毒素は、48個のアミノ酸からなるペプチドであり、小脳や海馬などに存在するカルシウムチャネルをふさぐ作用がある。




(学名:アゲレナ・オプレンタ)の毒から、東京大学薬学部・荻原健一氏が、35個のアミノ酸からなるププチドを分離し、『アゲレニン』と命名した。
昆虫のシナプスには微量で働くが、脊椎動物には無効。









関連情報 クモ







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査