ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



クサノオウ



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告








「白屈菜」
つぼみの頃に根元から刈り取り、数日間乾燥。

○全草を煎服すると、消炎性鎮痛剤となる

ケシ科クサノオウ属

Swallow wort(ツバメ草)。

21種類のアルカロイドを含有する。
・ケリドリンchelidonine・・・モルヒネに似た中枢神経抑制作用
・プロトピンprotopine
・ベルベリンberberine
・ケレリスリン・・・・局所刺激作用

1936年、ドイツで4歳の男児がクサノオウを食べて死亡した事故があった。すぐに病院に運ばれたが、胃に大量出血を起こし、血液のリンパ系や循環器系がひどく犯されていた。




民間療法
胃潰瘍 乾燥した全草2〜5g/日煎服する
胃痛
イボ 茎葉汁を塗布する
インキンたむし 生茎葉の液汁を塗布する(著効)
魚の目 茎葉汁を塗布する
黄疸 乾燥した全草2〜5g/日煎服する
疥癬 生茎葉の液汁を塗布する(著効)
かぜ 乾燥した全草2〜5g/日煎服する
肝臓病
切り傷 茎葉汁を塗布する
湿疹 生茎葉の液汁を塗布する(著効)
ジフテリア 乾燥した全草2〜5g/日煎服する
胎毒 茎葉汁を塗布する
毒虫の刺傷
腫れ物
腹痛 乾燥した全草2〜5g/日煎服する






関連情報







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査