情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



虚証と実証
(虚実)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







病位

病質

熱証・寒証

陰虚

四診







病勢 実証 虚証

筋骨 筋骨たくましい 筋骨薄弱
目の力 目に力がある 目に力がない
動作 活発な動作 動作がにぶい
舌苔が厚く、舌にシッカリと付着している 舌苔は黒色
舌質はうすく、痩せていたり、舌の一部が剥離している
皮膚 色つやが良い 色つやが悪い


声に力がある
声が大きく張りがある
話し口調に元気がある
声に力がない
小声でかすれやすい
話し口調に元気がない


体力 同年代に比べて
体力がある方だ
同年代に比べて
体力がない
疲れ あまり疲れない ひどく疲れる
目覚め 朝の目覚めはよい 朝の寝起きが悪い
食事 大食できる 小食で、
食後ねむくなる
自汗は無い 自汗がある
生理痛 生理が来る前
に痛む
生理が来てから
痛む
生理量 生理の出血量
が少ない
生理の出血量
が多い
便秘

下痢
便秘しやすい 下痢しやすい


実脈(強脈) 虚脈
腹部 腹に力がある
腹を押すといやがる
(拒按)

腹部正中線上に鉛筆の芯のような索状物(白線)を触れない
腹に力が無い
腹を押さえてもいやがらない
(喜按)

腹部正中線上に鉛筆の芯のような索状物を触れる






虚実について
 (大塚敬節)

とは・・・抵抗して行く体力の衰えている状態をいい、

とは・・・病に抵抗する体力の充実している状態をいう。
  • 一般に頑強な体格の人を実とし、虚弱な筋骨薄弱な人を虚とする説が行われている。
    • しかし、
    • 平素の体質は、
    • 病気になった時の虚実に、必ずしも一致しない
    • 虚証と思ったものが、案外に実証であったり、実証のように見える虚証がある。

  • また、表が虚していて、裏が実していることがあり、

  • 上半身が虚していて、下半身が実していることもある。

虚実の判定は、必ずしも容易ではない
  • なぜならば、虚実にも段階があり、かつ、虚中に実があり、実中に虚があり、これを鑑別することは多年の経験を必要とする

食事
  • 実証の人は、食べ過ぎても、下痢したり、嘔吐したりすることは少なく、また食事の時間が遅れても、腹が空いて耐え難いということはない。
  • 虚証の人は、少し多く食べると、腹が張って苦しくなり、ときには吐いたり、下痢したりする。また食事の時間が遅れると、脱力感がおきて、歩けなくなることがある。




病邪と体力との均衡をみるのが病勢理論
  • 実証とは、
    • 病邪が強いこと。 
    • 出ない悩みを持つ体力充実タイプ
  • 虚証とは、
    • 体力が弱いこと。
    • 出過ぎる悩みを持つ体力衰弱タイプ
     
“邪気盛則実、精気奪則虚”(素問の通評虚実論)




虚とは

「皮毛・肌肉・筋脈・骨髄・気血・津液が不足したこと」
  1. 皮が虚すと・・・熱があり
  2. 脈が虚すと・・・驚愕する
  3. 肉が虚すと・・・身体が重い
  4. 筋が虚すと・・・燥急になり
  5. 骨が虚すと・・・痛み
  6. 髄が虚すと・・・四肢がだるい
  7. 腸が虚すと・・・下痢
  8. 三陽が充実し、三陰が虚すと・・・・・汗が出ない
  9. 三陰が充実し、三陽が虚すと・・・・・汗が出て止まらない





体質/体力 実証 (中間) 虚証
体型 固太り〜筋肉質 水太り やせ型
活動性 積極的で疲れにくい 疲れやすい 疲れやすい
筋肉 弾力的で厚みあり しまりがない 薄い
萎縮傾向
声が力強い 声が弱々しい
動作 動作がはやい 動作が遅い
体温調節 高温低温ともに強い
・暑がり
・多汗傾向
・夏バテ
・寒がり
・手足冷
・多汗
・温度変化に弱い
・低体温
・発汗しにくい
消化吸収 良好 不良
胃腸の働き 強い 弱い
内蔵下垂 なし あり 顕著
腹壁 弾力的で厚みがある しまりがない 薄く、しまりがない
心窩部
振水音
なし あり 顕著
大動脈拍動 触知しにくい 触知しやすい 触知する例が多い






関連情報
病位
病質
熱証・寒証
日本漢方
傷寒論
漢方の用語
漢方医学史
陰虚
四診
五行色体表










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査