情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



恐怖症






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)














=強迫感動obsessive affect

◎強迫観念が、ある特定の対象に対する恐怖として現れる。
<1>対人恐怖Anthropophobie
<2>赤面恐怖。
<3>広場恐怖。
<4>閉所恐怖。
<5>先端恐怖。
<6>高所恐怖。
<7>疾病恐怖。
<8>不潔恐怖。
<9>洗浄強迫。
<10>外人恐怖。
<11>自己臭恐怖。
<12>自己視線恐怖。
<13>女性恐怖。












1.対人恐怖Anthropophobie:
  • 「顔が赤くなるのではないかと気にして、人前に出られない」→「SAD

2.不潔恐怖Mysophobie:
  「手の汚れを気にして、何度も手を洗う。」
3.疾病恐怖Nosophobie
4.密閉恐怖Klaustrophobie
5.尖鋭恐怖Aichmophobue
6.高所恐怖Akroohobie
     
などがある




「恐怖を表す英語のfearは「思いがけない危険」を意味する古い英語のfaerに由来し、それは「驚き(fright)」をも意味しています。

つまり、恐怖の対象となる危険は具体的・現実的で、はっきり認識できるものであり、そこには驚きの要素が含まれています」
→「不安感







恐怖症
  • 「アメリカ精神医学会の“精神疾患の分類と診断の手引き(DSM-Ⅳ)”では、病的な恐怖として『単一恐怖』と『社会恐怖』をあげています。」

単一恐怖
  • (日本では『特定恐怖』と呼んでいる)
  • 「特定恐怖は、ある特定の物や状況を意味もなく恐れ、それらに出会うことを極力避けることです。恐怖の対象になるものは、ヘビやクモなど嫌いな動物や恐ろしいと感じた場所、あるいはとがった刃物や血など実に様々ですが、特定恐怖は何かの時に、これらの1つで激しい恐怖を体験し、それをきっかけに始まります。
    しかし、特定恐怖に罹っても、患者さんは他の不安症ほど日常生活に支障を来すことはありません」
  • 閉所恐怖
  • 高所恐怖
  • 尖端恐怖
  • ヘビ恐怖
  • 血液恐怖

社会恐怖
  • 社会恐怖の特徴は、人前で恥をかいたり、きまりが悪い思いをすることをひどく恐れ、人が集まる場所にいることを努めて避けようとすることです。集まりに出かけても人前で顔が赤くなる、自分の意見をうまくはなせない。それを周りの人は注目して笑っているのではないかといった不安から、しばしば何も出来なくなってしまいます。はたから診れば上手に振る舞っていても、本人は全く自信がもてず、この次は失敗して必ず大恥をかくだろうと考えてしまうからです。
    社会恐怖は15~20歳に発症することが多く、放置しておくと人生の後半までずっと続き、その間に鬱病やアルコール中毒になる人も多いようです。
  • 対人恐怖
  • 赤面恐怖
  • 視線恐怖






恐怖の記憶が遺伝する?
  • 2013年12月、ネイチャーニューロサイエンス
  • 恐怖の記憶が子孫に遺伝することをネズミの実験で確認した。
  • “学習や経験は遺伝しない”という生物学の常識が覆される可能性がある。
  • 米エモリー大学の研究者はネズミに化学物質のアセトフェノンのニオイをかがせて電気ショックを与えた。
  • アセトフェノンはアーモンドやサクランボに似たニオイがする。
  • 実験を繰り返すとネズミはニオイをかいだだけで痛みに身構えるようになる。これだけなら、よく知られた条件反射にすぎない。
  • 研究グループが電気ショックを学習したネズミの子供を調べたところ、アセトフェノンのニオイを嗅ぐだけで反応する傾向がみられた。
  • 学習していないネズミの子らと比べると、ニオイに対する反応が敏感だった。この現象は孫の世代にもみられたという。
  • 学習した親ネズミとその子孫では脳の神経細胞にも変化がみられた。アセトフェノンのニオイを感じる受容体(レセプター)が、普通のネズミより増えていた。
  • この実験結果からエモリー大学の研究者らは「恐怖の記憶」が子や孫に伝わったことを示唆していると解釈する。
  • フランスの生物学者、ラマルクは19世紀の初めに唱えた生物進化に関する仮説で「獲得形質の遺伝」を主張した。キリンの首が長いのは何世代もの間、、キリンが高いところへ首を伸ばす努力をした結果だとみた。祖先の経験や学習の結果が遺伝することが生物進化の原動力の1つだと考えた。
  • しかしラマルクの仮説は、生物学の発展で否定された。今では、進化は突然変異の中から生存や生殖に有利なものが自然に選択されて起きると考えられている。親が獲得した経験は遺伝しないというのが定説になっている。
  • 遺伝子自体にはへに賀無くても、遺伝子の集合体であるDNAに他の分子がくっつくことで遺伝子の働きが制限される「エピジェネティクス(遺伝子の後天的制御)」という現象が関わっている可能性があるという。

恐怖の記憶、脂肪酸のバランスで差が出る
  • 2014年、国立精神・神経医療研究宇センターなどは、食事に含まれる脂肪酸のバランスによって恐怖の記憶に差が出ることを確認。
  • 青魚が含む「オメガ3系」と、マーガリンや豚レバーなどに多い「オメガ6系」で違いがあることをマウス実験で確かめた。
  • オメガ3系とオメガ6系の割合を変えたエサをマウスに6週間与えた。
  • その後、1度電気ショックを与え、同じ部屋に入れられたマウスが電気ショックを思い出してジーッとする時間を比較した。
  • エサのオメガ3系の割合が高いほど時間が短くなった。
  • マウスの情動にかかわる脳の一部を調べると神経の興奮を抑える「カンナビノイドCB1受容体」と呼ぶタンパク質の働きが強まっていた。
  • 食べたオメガ3系が神経細胞に取り込まれてタンパク質の働きを高めている可能性があるという。







人と話すのが怖い
  • 「社会とのつながりを絶ち、長期間、自室にこもったままの若者が増えている。新潟県の女性監禁事件や京都市の児童刺殺事件容疑者も外の社会との結びつきをかたくなに拒絶しているかのようだった。このような『引きこもり』は決して、特異な状態ではなく、人間関係の軋轢や挫折から突然、陥る。本人もそんな状態から脱出したいと必死だが、なかなか立ち直れない。親もどうすればよいのか分からない。20代、30代と広がり、その数を100万人と推定する専門家もいる。
    「僕、病気やから、大学、辞めさせてほしいんや」
    関西に在住するMさん(24)が両親に切り出したのは、3年前の春。大学3年に進級する前のことだった。「ゼミで、みんなと研究するなんて、出来ない」
    高校時代は、剣道部の主将。腕前は3段。大学でも成績は「優」が多かった。その彼が人と話すのが怖いという。
    驚く両親をしり目に、Mさんは翌日から大学に行かなくなった。1日中、自室に閉じこもり、ハジャマ姿でテレビを見ているか、コンピューターゲームをしているかである。そのうち、やがて、昼と夜の生活が逆転した。窓から近所の人たちの話し声が聞こえると、悪口を言われているようで耳をふさいだ。外に行けるのは、「知り合いに会わなくてすむ」深夜のコンビニや本屋だけ。
    散髪屋もイヤで、自分で髪を切った。
    「小遣いをもっとくれよ」
    ある日、母親(55)に迫った。「ダメ」と断られ、形相が変わった。身の危険を感じた母親が外に逃げた後、Mさんは母親のミシンやタンスを壊した。
    母親は考え込む。
     「あの子の口数が少なくなったのは、いつからだったのか・・・・」
    大学受験に失敗して通い始めた予備校で、「赤面症をバカにされた」と級友とつかみ合いのケンカをし、結局、その予備校を辞めた。1つ下の弟が東京の有名大学に合格し、周りから比べられたことも影響しているのだろうか?
    一昨年夏、関西の企業を退職して実家に戻り、無職生活を続けていたHさん(27)は語った。
    「やったことは許せない。でも、新聞を見て、容疑者のせっぱ詰まった心理状態を想像しながら、人ごとではないと思った」
    挙げたのは昨年9月、対人関係の悩みなどからJP下関駅で15人殺傷に至った事件。決して自分が犯罪を起こしそうだと言うのではない。人とつながりたいけれど、どうしたらいいのか、誰も教えてくれなくて、絶望感で追いつめられた、そのつらさだけは分かる、というのだ。
    Hさんは、大学でも会社でも友達が出来なかった。大学では山岳部には行って、話し相手を作ろうとしたが、すぐに退部した。
    人付き合いのノウハウ本を読みあさっが、現実はマニュアル通りにはいかない。
    • 「こんにちは」も率直に出ない。
    • 場違いのところで明るく振る舞い、変なヤツ、と思われる。
    • 会社では昼休みがつらかった。
    • 上司や同僚に声をかけられたら、と不安で、終業時間になると、一直線に寮に戻る。
    食事もコンビニで買い、独りきりの部屋ですませた。

  • MさんとHさんは毎週、会う。京都、大阪、神戸で、ひきこもりの若者ら約70人が集う場『ゼロからの会』。母親らからの勧めだったが、2人はそこで新しい発見をした
      「自分だけじゃない」
      「自分を認めてくれる人がいる」
    友達と話す自身が出来たというMさんは最近、飲食店でのアルバイトを始め、大学への復学手続きをとった。
    Hさんは会への参加を重ねるうち、自分を冷静に見つめられるようになった。再就職とまでいかないが、実家を出てアパート暮らしに踏み切った。
    「この気持ちは、なった人でないと、分からない。自分はたまたま、ヒントをくれる出会いがあって、出口が見え始めたけれど、それが出来なかったら」



抗うつ薬が効かない対人恐怖症
  • 認知行動療法で改善
  • 2016年、宮崎大学の吉永尚紀講師と千葉大学の清水栄司教授らのグループは薬が十分に効果を発揮しない社交不安症(対人恐怖症)に認知行動療法が有効なことを臨床試験で確認した。

  • 社交不安症は
    • 人前で食事が出来ない、
    • 人の注目を浴びるのが怖い
    などから登校や就業が難しくなる。

  • 治療には抗うつ薬がもちいられるが、患者の7~8割は改善しない。
  • 研究グループは抗うつ薬が効かなかった患者42人を2グループに分け、一方は抗うつ薬を中心にした通常の治療を続けた。
  • もう一方には、抗うつ薬に加えて、医師が対話を通じて問題や改善の方向に患者の考え方を変えてもらう認知行動療法を週に1回実施。
  • 4ヶ月間続けたところ、併用グループは86%が改善した。







恐怖症の特徴

  • 恐怖が長期間にわたって続き、一過性ではない。
  • 小さいときに恐ろしかったことでも、普通は成長するとともに 弱くなるものなのですが、恐怖症ではむしろ強まっていきます
  • 強い恐れや苦痛に抗しきれず、行動面でおそれや苦痛の原因となる特定の場所・物・状況を意識的に避けることです
  • このおそれが客観的にみて不合理で無意味であるあることに、本人も気づいていること
  • このため、恥ずかしくて誰にも打ち明けられない
  • この恐怖のために、時には日常生活や社会生活に適応出来なくなったり、強迫行動をとる、ことです



死をまねく
  • 2000年5月、神奈川県横須賀市に住むAさん宅(65)で強盗事件が発生。
    荒らされた室内では、両手両足・目・口などほぼ全身を粘着テープでグルグル巻きにされたAさんが仰向けに倒れ死んでいた。
    司法解剖の結果、死因は極度の恐怖感から胃内部から出血し、吐いた血液などで気道が塞が窒息死した。

  • 「われわれは恐怖にさえある程度まで適応できる動物である。しかし、恐怖になれるまでの段階では、恐怖は強烈な負の刺激として働き、その一刺しを避けるためには、意図的に自らの死を選ぶ場合さえある」
    (講談社「生と死の境で生き残る人、命を失う人」)






忘れられない仕組み
  • 2014年、理化学研究所は恐怖体験をいつまでも覚えている仕組みの一端を解明。
  • 記憶の定着にはノルアドレナリン が深く関わっていることを確認した。

  • 研究チームは脳内で恐怖や喜びなど情動反応や記憶に重要な役割を担っているとみられる扁桃体をチェック。
  • 扁桃体の神経細胞を活性化したうえで、神経細胞表面でノルアドレナリンに応じる受容体部分も活性化したところ、怖い体験を与えなくても恐怖体験が定着することが分かった。

ランチメート症候群
  • 楽しいはずのランチタイムだが、ゆううつになるOLが増えている。
    「相手がいなくて孤独な思いをするのが怖い」という理由からだ。
    人を誘えず精神的に落ち込む人も少なくない。前日から相手探しに躍起になる姿もある。
    都内に住むOLのAさん(24)は、昨年、ストレスから精神科のクリニックに駆け込んだ。
    一緒にランチタイムを過ごす友人がいなくて、昼食抜きで街をブラブラして休み時間を過ごすことも多かった。「寂しい人間と思われるので、1人で食べるのが耐えられない」と悩み、夜も眠れない日が続いた。
    Aさんは普通に仕事をこなし、同僚との仕事上のコミュニケーションはある程度あった。しかし、昼食時間になると同僚は連れだって社員食堂や街の飲食店に消えてしまう。仲間に入りたいが断られるのが怖く、声を掛けることすらできない。
    同じような症状で病院を訪れるOLがこの数年目立ってきた。仲間のいないランチタイムを憂鬱と思うOLを「ランチメート症候群」と名付けた立教大学の町沢静夫教授(精神科医)は、「重症で出社拒否となる場合もある。苦痛のあまり会社を辞めた例もある」と語る。
    町沢教授はランチメート症候群が広がっていることについて「若い女性は特に小集団で群を作りたがる。だから、1人でいると寂しく、ダメな人間と考えてしまう傾向が強い」と指摘する。一方で、「誘いを断られた場合、自分が傷つくのが怖いという“対人過敏”の人も結構いる」ことから、問題の解決は簡単ではない。
    職種や職場で事情は異なるだろうが、ランチタイムはOL生活にとって貴重な時間。仕事中と違い息抜きをしながら同僚と気ままに話せ、楽しいひとときである。逆に苦になってしまうと厄介。仕事後の飲み会などと異なり、会社での1日の生活に組み込まれているだけに、毎日避けて通れない時間でもあるからだ。いつもは社内の友人と一緒に昼食をとっているOLでも。1人になることに抵抗がある。
    ランチタイムをほかの部署にいる同期2~3人と過ごすという都内のメーカーに勤めるBさん(26)も「1人で食べているのを特に会社の知り合いに見られるのは、孤独な人間に映るからイヤだけど、やむを得ない場合は会社の人がいない遠くの店に行く」と話す。
    都内の商社に勤めるCさん(27)も「一緒に食べる相手がいないときは憂鬱。1人で食べているときに男性社員から“今日はどうしたの?”と声を掛けられると、それだけで気が重くなる」。だから。OLは1人のランチタイムを避けるのに躍起だ。都内の会社員Dさん(23)は「いつもの相手が休みなどでいないときは、前日に、あるいは朝一番から別な人に誘うのに大変」ともらす。Dさんのように前もって相手を確保しておくOLは多い。
    必死でランチメイト探しするOLの心理について、精神カウンセラー、原宿メンタルクリニックの桑崎彰嗣ぐ院長は「若い世代は“メル友”に熱中していることなどもあり、面と向かって人間関係を築くのが苦手になっている。孤独に対する不安も大きく、うわべでもいいから友人を装いたいという意識が強くなっている」と説明する。
    人間関係をつくるのが得意でないのは若い男性にも当てはまる。ただ、男性の場合は他人から「孤独」「寂しい」と見られることに対する抵抗感が小さいようだ。
    日経産業消費研究所が実施した「若者意識調査」によると、自分の振るまいに「他人の目が気になる」と回答した未婚女性は59.2%だが、男性は54.8%。女性の方が人目を気にしやすいという結果になっている。
    男性ならば、立ち食いソバ店や牛丼店などに1人で入るが、躊躇する女性が多いのも、そんな事情を映しているのだろう。
    ただ、最近は人目を気にする女性が1人でも入れるおしゃれな飲食店が増えている。








扁桃体
恐怖
  • 恐怖という感情を生み出すのは「扁桃体」という脳の場所。
    そこが活動して、その情報が大脳皮質に送られると、そこで初めて「こわい」と感じる。
    動物は「こわいから避ける」んじゃなくて、「こわい」かどうかと無関係に、単に扁桃体が活動したから避けているだけなんだ。
    扁桃体を失うと「恐怖」の感情がなくなってしまう。普段サルはイヌには近づかないんだけど、扁桃体を取っちゃうと平気でイヌに近づいていくようになる。それから、サルはヘビをとても怖がるんだけど、扁桃体が無いサルは手で取って食べよとする。もちろん噛まれる。でも、そのサルは「ヘビのこわさ」を学習できないので、次の機会にまた食べようとする。扁桃体が無くなると「こわい」という感情が無くなって、動物の本能がむき出しになっちゃうんだ。
    サルがイヌに近づいちゃうのも、実は、ただ近づくのではなくて、イヌと交尾を始めようとしちゃう。性欲がむき出しになるんだね。対象はもう何でもよくなっちゃう。扁桃体がないと、サルは欲求のままに動く。
    ある研究者がネコの扁桃体を破壊してどうなるか調べたんだ。
    扁桃体を破壊したネコを4匹、同じ檻に入れておいたら、もう目も当てられない光景になったと言う。みんな性欲がむき出しだから、相手がオスでもメスでも関係ない。(池谷裕二著「進化しすぎた脳」p172~)
  • 2010年、放射線医学総合研究所の高橋英彦主任研究員らは、不安や恐怖を感じる脳のメカニズムの一端を解明した。
    恐怖を感じている人の脳を調べたところ、神経同士の情報をやりとりする分子の働きが活発になっていた。
    実験では20~30歳代の健康な男性21人に恐怖の表情をしている人の写真を見てもらった。機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)と陽電子放射断層撮影装置(PET)を使い、写真を見ている間の扁桃体を調べたところ、神経細胞胃にある「D1受容体」と呼ぶ分子が活発に働いていたことが判明した。
    この分子は神経の情報を伝達する物質「ドーパミン」をやりとりする役割があり、分子の多い人は血流が活発になるなど扁桃体の働きが良くなっていたという。


交流が活発に
  • 2011年、米マサチューセッツ総合病院などの研究チームは、脳にある「扁桃体」が大きい人ほど、他者との交流が活発で社会性が強いとする研究成果をまとめた。
  • 社会的な行動に扁桃体が重要な役割を果たすという従来説を裏付ける成果。
  • 扁桃体は脳の奥にある神経細胞の集まりで、感情や記憶にかかわる。研究チームは58人の被験者の扁桃体に体積をNRIで測定。さらに、交流のある友人や関わりのある社会集団の数などを調べたところ、扁桃体の大きい人ほど他者と活発に交流しており、社会的なつながりが深いことが分かった。
  • 成果はネイチャー・ニューロサイエンスに掲載。




恐がり 肝気虚すれば恐る《霊枢本神篇》

【宝石療法】 [マデイラ・シトリン]



恐怖症の漢方薬
  1. 五積散
  2. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. 怵惕、煩満の状ありて、精神昏乱し、時には譫語を発し、脈緊急なる証。《奥田謙蔵》

  3. 柴胡桂枝湯
  4. 半夏厚朴湯
  5. 抑肝散加陳皮半夏湯



チェック
関連情報
驚きやすい
閉所恐怖症
強迫性障害
ふるえる
あがりやすい
ウツ病
精神病
精神障害
神経症
PTSD
ストレス
不安神経症
不安
更年期障害
パニック障害
肺塞栓症










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬