ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/



胸郭出口症候群





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









シビレ

肩こり

五十肩







胸郭出口症候群
  • 上肢の神経は、第五頸髄で第一胸髄の脊髄から分岐して、各神経根となり、脊椎椎間孔というトンネルから脊椎管の外へ出ます。その後各神経根はネットワークを形成しながら腕、手へいきます。
     腋の下を通過するまでに、筋肉や鎖骨と肋骨の間などたいへん狭いところを、腕に行く血管と一緒に通過します。

  • 女性などで「なで肩」の人は、この通路が特に狭く、神経・血管が圧迫されたものが、胸郭出口症候群です。

  • 肩こりの一種
  • 鎖骨は前から見ると「V字」をしているのが正常で、なで肩になると、「一文字」から「ハの字」になる。すると鎖骨の下を通る「動脈」や「静脈」「腕神経叢」が圧迫されて起きる。


胸郭出口症候群の症状
  • <1>手指のシビレ
    <2>重たいものを持ったり、腕を上に挙げるとシビレが強くなる。
    <3>シビレの範囲
       1.手指全体or
       2.手指と前腕の小指側(尺側)


胸郭出口症候群の診断
  • 橈骨動脈の脈を見ながら腕全体を横から上へ挙げます。同時に頸を挙げた腕の方向に向け、指先を見るようにします。大きく息を吸って、吸った状態で息を止めます。シビレが強くなり、動脈の脈が止まるようでしたら、この病気です









胸郭出口症候群


・90%以上
・鎖骨上と前胸壁に灼熱痛を感じ、尺骨神経が分布している腕の部分に局所痛と感覚異常が見られる。
(アドソン反応)・・・陽性
患側と逆側に頭を回して息を吸い込んだときに、橈骨動脈拍動が消失するテスト。
(ルーステスト)・・・陽性
腕を肩の所で90度外転し、ヒジのところで90度曲げた状態で、手を素早く開く動作をすることで症状が再現される。
(ティネル徴候)・・・陽性
鎖骨下斜角筋部を叩くと、神経分布部位にチクチクした痛みが生じる。
・鎖骨の圧痛がある。
・腕神経叢引っぱり試験で陽性。
・手の内在筋の衰弱が見られることが多い。
・母指球筋または小指球筋の羸痩はまれ。
・むち打ち症の病歴や、反復的な上肢運動(キーボード・ファイリング)、頭上への挙上運動(持ち上げ作業)の履歴がある者に多い。


・第1肋骨、前斜角筋、鎖骨、および肋烏口靱帯による鎖骨静脈の外部圧迫を伴う
・上肢の反復運動や鎖骨の骨折歴がある
・局所の静脈造影が必要。


・前部斜角筋と中部斜角筋間の鎖骨動脈の圧迫を伴う。
・鎖骨下動脈瘤を引き起こすことが多い。
・アテローム塞栓による指の虚血を伴う。
ワイリーアレン試験















当時45歳の夫は、手のシビレなどから、上司の紹介で神奈川県内の総合病院を受診。胸の上部の骨に過もまれる部分で神経や血管が圧迫される『胸郭出口症候群』と診断され、10月、肋骨1本を取る手術を受けることになった。
「難しくない手術」との説明があったが、手術中に誤って静脈を切断された夫は、その夜、出血死した。
翌朝、遺体は解剖のため別の病院に運ばれたが、病理医は「死に至った病気の原因を解明する病理解剖ではない。警察へ連絡を」。M子さんもK医師も警察から事情聴取を受け、司法解剖へ回された。
1週間後、院長ら数人が線香をあげた来た。K医師は「葬儀にも来なくて、申し訳ありません。被害者の気持ちを逆なでしてはいけないと思ってーーー」と頭を下げた。M子さんも、「夫は人を恨むのが嫌いだった」などと思いを伝えた。
M子さんは、翌95年2月頃から不眠や頭痛などに悩まされ、仕事が手に付かなくなる。そこで、K医師に治療を頼んだ。「私が立ち直るための“あがき”に、あなたもつき合って」。そんな思いだったという。
こうして通院を続け、徐々に立ち直っていったM子さんは、97年11月、病院と示談にした。
「謝罪と誠意が見られなかったら、絶対に告訴していた。複雑な気持ちも残っているが、今ではKに対し、あの経験を生かして、後輩をよく指導してほしいと思っています」とM子さん。96年に別の病院へ移ったK医師とは、今も年賀状などのやりとりが続いている。
針灸のつぼ [天鼎][屋翳][中府][天柱][肩井]










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査副作用