ノイローゼ
検査で異常を示さない肝障害
肝機能障害
むち打ち症
心臓弁膜症




胸脇苦満
  1. 漢方医学の病証名
  2. 胸部圧迫感(oppression of chest)と脇腹の感覚異常
  3. 脇から胸にかけてすっきりしない状態。(胸苦しい状態)
  4. 季肋下に膨満抵抗があること
  5. 胸脇苦満とは、
    • 胸から脇(季肋下)にかけて充満した状態があり、押さえると抵抗と圧痛を訴える状態。
    • 柴胡剤を用いる重要な目標です
    • 【胸脇】とは、前胸部と両腋下の肋骨部をいいます






胸脇苦満の症状
  • 次の症状があれば、胸脇苦満と判断出来ます。
    1. 帯を締めると、息苦しい。
    2. ベルトを締めると、胸苦しい
    3. ネクタイをきっちり締めたくない
    4. 一度にたくさん食べられない。すぐに空腹になり、つまみ食いする
    5. 胃の部分や横腹あたりが、何となく張って苦しく、窮屈なシャツを見ているような感じがする。

柴胡剤
  • “胸脇苦満というのは、柴胡を主薬とする大柴胡湯小柴胡湯柴胡加竜骨牡蛎湯などを用いる目標で、患者を仰臥せしめて、両足を伸ばして診察する。季肋下に抵抗を証明し、強く圧すると痛みを訴え、息苦しさを覚える。この際医師は指頭を胸腔内に押し込むようなつもりで、季肋下から圧上する。もし指頭が胸腔内に入るようなら、胸脇苦満は無いのである”《大塚敬節》

胸脇苦満の同義語
  • [脇胸支満]<霊枢経脈>
    [胸脇満]<素問刺熱論>があります。

【脇下痞ハ】
  • 季肋下がつかえて硬い。

(副作用で胸脇苦満になる医薬品)






胸脇苦満の漢方薬
  1. 一貫煎
  2. 加味逍遥散
    1. (虚証)
  3. 柴陥湯
  4. 柴胡加竜骨牡蛎湯
    1. (実証)
    2. 胸脇苦満・胸腹動悸・煩躁・驚狂・尿不利。
  5. 柴胡陥胸湯   
  6. 柴胡桂枝乾姜湯
    1. (虚証)
    2. 往来寒熱・胸脇苦満・心下悸・腹動悸。
    3. 口渇・心悸亢進・頭汗・虚証。
  7. 柴胡桂枝湯
    1. (虚証)
    2. 胸脇苦満・表証<有>・腹筋拘攣・腹痛。
  8. 柴胡疏肝湯
  9. 柴平湯
  10. 左金丸   
  11. 四逆散
    1. (実証)
    2. 胸脇苦満・腹直筋拘急・手足厥冷・神経過敏・白線部陥凹。
    3. 気管支「カタール」にして、僅かに胸脇苦満があり、腹攣急し、咳嗽によって疼痛し、食欲及び二便に甚だしき異常無き証。《奥田謙蔵》
    4. 虚羸にして気逆し、熱候無くして下痢し、胸脇苦満し、或いは微痛し、手足寒冷にして、その脈沈緊なる証。《奥田謙蔵》
    5. 痢疾、累日下痢止まず、胸脇苦満し、心下痞塞し、腹中結実して痛み、裏急後重する者を治す。《類聚方広義》
  12. 梔子柏皮湯
    1. 黄疸があっても、腹証上、腹満や胸脇苦満もなく、悪心、嘔吐、口渇、尿の不利も無い者に用いる《大塚敬節》
  13. 十棗湯   
  14. 十味敗毒湯
  15. 小陥胸湯
    1. 胸隔痞満・心下部圧痛・脈浮滑。
  16. 小柴胡湯
    1. 胸脇苦満・心下痞硬・心下悸・心煩・食慾不振・頸項強。
    2. 白苔
    3. (実証)上腹痛
    4. 肝炎・胆嚢炎・流感・猩紅熱・腎炎などの初期にみられる嘔吐に、この方が良く用いられる。腹証として、胸脇苦満・心下痞硬が認められ、舌にはうすい白苔がつくことが多い。《大塚敬節》
    5. 諸種の化膿性の疾患に用いる。その目標は胸脇苦満、発熱、口苦、食不振などにある。《徐霊胎》は《古今医統》の中で“小柴胡湯は、瘰癧、乳癰(乳腺炎)、便毒(横痃)、下疳および肝経分の一切の瘡瘍、発熱、潮熱し、或いは飲食を思うこと少なきを治す”といっている。《大塚敬節》
    6. 何となく、季肋下に充満感があるという自覚症状だけのこともある《大塚敬節》
  17. 小柴胡湯加桔梗石膏
  18. 逍遥散
  19. 神秘湯  
  20. 大陥胸湯   
  21. 大柴胡湯
    1. 胸脇苦満・往来寒熱・嘔吐・実証<甚>・心下部急結・便秘。
  22. 補中益気湯
    1. (虚証)
  23. 良附丸 








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬