ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



急性期タンパク(急性相反応物質)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





LRG

動脈硬化


血液
広告




急性期タンパク
(急性相反応物質)
急性期タンパクとは 

  • 組織障害や感染が起きると、2〜3日以内にタンパクを初めとする血漿成分が変化します。
  • この血漿成分の変化を急性期反応と呼び、このような変化を示すタンパクを『急性期タンパク』と呼びます

  • 肝細胞で産生されます

ヒトの急性期タンパクの種類
  • 3
  • CRP(C反応性タンパク)
  • α1酸性糖タンパク(α-AT)
  • α1アンチトリプシン
  • 血清アミロイドA(SAP)
  • セルロプラスミン
  • ハプトグロビン(Hp)
  • フィブリノーゲン










関連情報 LRG」「検査」「健康診断」「心臓発作」「動脈硬化







解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査