情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/




急性腎不全
(ARF)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)



薬剤による急性腎不全

腎不全

慢性腎不全

腎炎

急性腎炎

慢性腎炎

タンパク尿







急性腎不全
(ARF)Acute renal failure
  • 急激な腎機能の低下によって、代謝産物の排泄や体液の恒常性の保持などが障害された状態をいう。
  • 薬の副作用は、アレルギー又は量依存性の腎実質細胞障害による。


急性腎不全の病態
  • 急激な腎機能の低下により、
    1. [高窒素血症]
    2. [浮腫]
    3. [高血圧]
    4. [肺水腫]
    5. [高K血症]
    6. [貧血]
    7. [アシドーシス]
  • などをきたす。
    適切な治療により腎機能の回復が期待できる。




急性腎不全の症状
  • 「尿量が少なくなる」、
    「ほとんど尿が出ない」、
    「一時的に尿量が多くなる」、
    「発疹」、
    「むくみ」、
    「体がだるい」





急性腎不全の検査
  • BUN・・・基準値以上
    血清クレアチニン(Cr)・・・基準値以上
    血清K・・・・・・基準値以上
    Hb・・・・・・基準値以下
    血液ガス・・・・代謝性アシドーシス
    尿量・・・・400ml/日未満
    胸部X線
       ・心胸比の拡大
       ・肺うっ血
       ・肺水腫が疑われるとき
    心電図・・・・高K血症が疑われるとき




副作用で急性腎不全になる
  • 「ジウテレン」「セタプリル」「タリビッド」「ノフロ」「バクシダール」「ポンタール」「メバロチン」「リピトール」「ロンゲス」

  • 抗生物質
    • (セフェム系、ペニシリン系、アミノグリコシド系など)、

    合成抗菌剤
    • (ニューキノロン系、ST 合剤)、

    解熱鎮痛消炎剤
    • (ジクロフェナクナトリウム、インドメタシンなど)、

    抗悪性腫瘍剤
    • (シスプラチン、ジノスタチンスチマラマーなど)、

    ACE 阻害剤
    • (イミダプリル、カプトプリル、エナラプリルなど)な





急性腎不全の発症のメカニズム
  • 2012年、米ハーバード大学の根来秀行客員教授らは死亡率の高い急性腎不全の発症のメカニズムの一端を解明した。
    腎臓の尿細管にある細胞のタンパク質が過剰に働いていた。
    急性腎不全では、尿細管の上皮細胞上にある「
    Gタンパク質」の働きが盛んだった。
    同タンパク質は細胞同士の接着や細胞死に関わるが、健康な大人ではほとんど作用しない。
    動物細胞を使った実験では、急性腎不全のさいに体内の過酸化水素の働きを強めてしまい、尿細管の上皮細胞がバラバラになって腎臓の機能が落ちた。
    Gタンパク質を作れないようにしたマウスは、急性腎不全にならなかった。






肝細胞増殖因子(HGF)が有効
  • 肝臓の再生に重要な物質である肝細胞増殖因子(HGF)が腎臓組織の障害抑制に有効なことを確認した。グリセロールを投与した急性腎不全ネズミにHGFを与えたところ、腎臓組織の障害が軽減したほか、生存率が大幅に高まった。グリセロールによる急性腎不全モデルで効果のある物質は珍しい。
     実験は、グリセロールを1回与えて急性腎不全にしたネズミと、グリセロールを1回与えた上でHGFを時間をおいて6回与えたネズミとで2週間後の生存を比較した。投与量はグリセロールが体重1kg当たり10ccで、HGFは1回当たり250マイクログラム










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬