情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





急性腎炎






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)




腎炎
IgA腎症
慢性腎炎
腎不全
慢性腎不全
リウマチ熱
咽頭炎

溶連菌感染症







急性糸球体腎炎
=acute glomerulonephritis(AGN)
  • 急性腎炎の病態
    • 細菌(特にβ-溶連菌)やウイルスによる急性の糸球体腎炎。
      糸球体内細胞増殖のため[乏尿][急性腎不全]を起こす。
  • 急性腎炎の検査
    1. 尿量・・・・乏尿ときに無尿となる
    2. バイタルサイン・・・・[浮腫][高血圧]を認める
    3. 尿タンパク・・・・異常となる
    4. 尿潜血・・・・・赤血球円柱
    5. BUN・・・・・・・乏尿時に上昇する
    6. 血清Cr・・・・・・・乏尿時に上昇する
    7. Na・・・・異常値のことがある
    8. K・・・・・・異常値のことがある
    9. Cl・・・・・・・異常値のことがある
    10. 補体価・・・・低下する。8周以内にほぼ100%正常化。
    11. ASO・・・・・溶連菌で上昇
    12. ASK・・・・・溶連菌で上昇
    13. CRP・・・・上昇する
    14. 赤沈・・・・・上昇する
    15. 腎生検・・・腎内増殖性腎炎像

咽頭炎を招く
  • 急性腎炎は、溶血性連鎖球菌という病原性の強い菌が原因で生じ、感染後しばらくして起こる抗体産生が引き金となって、腎炎を発症する。

  • 溶血性連鎖球菌は他に「猩紅熱」や「リウマチ熱」の原因ともなり、小児科領域では最も恐れられていた細菌の1つだ。
    幸いにもこの菌にはペニシリンが効くので、これらの疾患は近年めっきり減少した。
    日本では感染症に対して比較的安易に抗生物質の投与が行われ、医療費の高騰や耐性菌の出現などの弊害が指摘されているが、引き続き生じる病気を予防している面もある。

  • よく似た症状には、慢性腎炎の一種である「IgA腎症」の急性増悪がある。
    これは発熱、感染などが誘因となって、血尿や浮腫などを生じ、しばしば急性腎炎と間違われる。

  • 予後に関しては、慢性腎炎の方が悪い。急性腎炎は治ればおしまいであるが、慢性腎炎、特にタンパク尿を伴っている場合には、息の長い観察と治療が必要である。ただし、小児は、慢性腎炎と診断されても、薬などによく反応し、完全に治癒する事も多い





モーツアルトの死因
  • 2009年8月、オランダにあるアムステルダム大学のグループは、18世紀の作曲家モーツアルトは連鎖球菌に感染してノドの炎症を引き起こし、合併症である急性腎炎で死亡した可能性があるとの新説を米国の内科学紀要に発表した。
    モーツアルトの死因に関しては・・・毒殺やリウマチ熱など諸説あり、毒殺説をもとに映画「アマデウス」が生まれた。
    研究グループは当時のウィーン市民の死亡記録を調査し、若い世代間で全身のむくみ症状を呈した死亡例が急増していたことを発見。
    この症状をもたらす連鎖球菌感染症の小規模流行があったと推論。




急性腎炎の漢方薬
  1. 越婢加朮湯
    1. 実証
    2. 急性腎炎、及びその類似疾患。《奥田謙蔵》

  2. 柴陥湯
  3. 柴苓湯
  4. 小青竜湯桔梗石膏
  5. 清心蓮子飲
  6. 大柴胡湯
  7. 猪苓湯
  8. 防風通聖散





解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査