ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



きゅうせいじんうじんえん
急性腎盂腎炎



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)






腎盂腎炎
膀胱尿管逆流症
腎炎
高熱
血尿
広告





急性腎盂腎炎

急性腎盂腎炎  (厚生労働省
英語名:Acute pyelonephritis
(急性腎盂腎炎とは?)

急性腎盂腎炎とは、尿路におこる細菌感染症の1種です

尿路は図1に示す様に、腎臓から始まり、腎臓にて作られた尿を集めて尿管にそそぐ腎盂、尿管、膀胱を通って尿道でおわります。

尿路感染症は通常尿道から細菌が侵入することにより発症します。侵入した菌がどこで増殖し、人に害を与えるかにより、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎などに分類されます。


これらの尿路感染症で一番症状が強く、時には敗血症の原因となるのが急性腎盂腎炎です。

急性腎盂腎炎は通常膀胱で増えた細菌が尿管を通して腎盂まで達して発病します。

尿路感染症は尿道が短い女性で高い頻度に発症します。

急性腎盂腎炎を予防するために、免疫力を低下させうる薬を使用する際には色々な注意が必要です。まず尿道から膀胱への細菌の侵入を防ぐために、尿道周囲に近づく細菌の数を減らすことです。尿道に近づく細菌はほとんどが大腸菌など大便由来の菌ですので、最も大切なのは陰部の清潔を保つため入浴、シャワー浴を行うことで、排便後のシャワー浴などは最も理想的です。

また、細菌が侵入しても、腎盂まで上がってこないように尿で洗い流すことも有力な手段です。水分を多めに摂り、尿を膀胱にあまり溜めないうちに排尿することです。

過労は免疫力を低下させますので、規則正しい生活と十分な睡眠も大切な予防法です。体を冷やすことも免疫力を低下させますので、適切な衣類による保温や暖房が必要です。







(早期発見と早期対応のポイント)
急性腎盂腎炎の症状は
  1. 悪寒(寒気、ぞくぞくする)と
    • 急性腎盂腎炎
  2. 戦慄(ふるえ、歯がガチガチする)を伴う高熱
  3. わき腹が痛む、
  4. 腰が痛む
  5. はきけ、嘔吐
などがあり、全身症状が強く出ます。
  • 特に
    • ・寒気
    • ふるえ
    • 発熱
    • わき腹や腰の痛み
    などは早期より出現しますので、これらの症状が出ましたら直ちに医師の診察を受けてください。


検尿や血液検査をして診断し、早期に適切な抗生物質や抗菌薬で治療すれば入院の必要はなく、通常3〜5日で熱が下がり症状も消失します。対処が遅れますと、入院治療が必要になります。




早期に認められる症状および検査異常
  • 診断は臨床症状と検査結果により行う。
  • 急性腎盂腎炎臨床症状は悪寒・戦慄を伴う高熱、患側の側腹部痛、肋骨脊椎角部叩打痛、悪心・嘔吐などがあり、全身症状が強い
  • 検尿にて膿尿、細菌尿、血尿を認め、腎実質への感染の波及時には沈渣にて白血球円柱が認められる。
  • 血液検査では好中球を主体とした白血球増加、CRP高値などの炎症反応を認める
    免疫抑制作用を有する薬剤を使用中の患者においては、来院時毎の検尿と血算・CRP等の血液検査を行うべきである。

  • 慢性腎盂腎炎は急性増悪期には急性腎盂腎炎と同様の症状を呈するが、慢性期には微熱、全身倦怠感、食欲不振、腰痛、体重減少など非特異的で軽微である。腎盂・腎杯に形態学的異常を認める場合もある。
  • 腎障害を来たした症例では尿細管障害による多尿、夜間多尿、尿濃縮能低下などや高血圧を合併することが多い。


副作用の好発時期
  • 被疑薬使用開始直後より発症しうる。免疫能の低下が主たる原因であるので、使用薬剤の免疫能に与える影響が最も出る時期が好発時期であるといえる。

患者側のリスク因子
  • 女性、尿流障害をきたす尿路基礎疾患(尿路結石、膀胱尿管逆流、水腎症、神経因性膀胱、尿管奇形、留置膀胱カテーテルなど)、水分摂取量が少ない、過労などがリスク因子として挙げられる。




急性腎盂腎炎 慢性腎盂腎炎
臨床症状は悪寒・戦慄を伴う高熱、患側の側腹部痛、肋骨脊椎角部叩打痛、悪心・嘔吐などがあり、全身症状が強い 急性増悪期には急性腎盂腎炎と同様の症状を呈する
検尿にて膿尿、細菌尿、血尿を認め、腎実質への感染の波及時には沈渣にて白血球円柱が認められる 慢性期には微熱、全身倦怠感、食欲不振、腰痛、体重減少など非特異的で軽微である。
血液検査では好中球を主体とした白血球増加、CRP高値などの炎症反応を認める 腎盂・腎杯に形態学的異常を認める場合もある。
免疫抑制作用を有する薬剤を使用中の患者においては、来院時毎の検尿と血算・CRP等の血液検査を行うべきである 腎障害を来たした症例では尿細管障害による多尿、夜間多尿、尿濃縮能低下などや高血圧を合併することが多い




(副作用の概要)
腎盂腎炎は腎盂、腎杯系および腎実質の感染症である。
  • 臨床経過から、
    • 急性腎盂腎炎
    • 慢性腎盂腎炎
    分類される。

  • また尿流障害をきたす尿路基礎疾患(尿路結石、膀胱尿管逆流、水腎症、神経因性膀胱、尿管奇形、留置膀胱カテーテルなど)があるされる。

  • 急性腎盂腎炎は単純性、
  • 慢性腎盂腎炎は複雑性のことが多い。
  • 急性単純性腎盂腎炎は性的活動期にある女性に多い。


急性腎盂腎炎
  • 急性発症の活動性化膿性炎症であり、致死性の敗血症 に至る可能性がある。
    免疫抑制薬、抗がん剤、インフリキシマブ・エタネルセプトなどの抗TNFα生物学的製剤などの使用時には特に注意を要する。



慢性腎盂腎炎
  • 腎不全に進行し透析導入の原因となりうる(透析導入原因疾患の8位、0.8%)。
  1. 自覚症状
    • 急性腎盂腎炎は悪寒・戦慄を伴う高熱、患側の側腹部痛、肋骨脊椎角部叩打痛、悪心・嘔吐などがあり、全身症状が強い。
      慢性腎盂腎炎は急性増悪期には急性腎盂腎炎と同様の症状を呈するが、慢性期には微熱、全身倦怠感、食欲不振、腰痛、体重減少など非特異的で軽微である。腎盂・腎杯に形態学的異常を認める場合もある。腎障害を来たした症例では尿細管障害による多尿、夜間多尿、尿濃縮能低下などや高血圧を合併することが多い。
  2. 臨床検査値
    • 検尿では膿尿、細菌尿、血尿を認める。
      腎実質への感染の波及時には、沈渣にて白血球円柱が認められる。
      血液検査では、白血球増加(好中球主体)、CRP高値などを認める。






(予防)
  • まず尿道から膀胱への細菌の侵入を防ぐために、陰部の清潔を保つ(入浴、シャワー浴)。
  • 水分を多めに摂取(1500 mL以上)
  • と尿を膀胱にあまり溜めないうちの排尿を勧める。
  • 過労を避け、規則正しい生活と十分な睡眠を取るよう指導する


(治療方法)
  • 治療上可能な場合は被疑薬を中止する。
  • 中止後の治療の基本は水分摂取や点滴などの水分負荷と安静による尿量増加と適切な抗菌薬の投与である。
  • 抗菌薬を使用する前に中間尿培養や血液培養と感受性検査を行う。それらの結果がでるまでは、想定される起炎菌への感受性、腎・尿路への移行性、腎毒性、患者の腎機能などを考慮して薬剤の種類・用量を選択する。
  • 初期治療薬が適切であれば3〜5日で解熱し症状改善が認められる。

  • 3日経過しても症状の改善傾向がみられない場合には抗菌薬を変更する。
  • 起炎菌判明後は感受性に基づいて抗菌薬を変更する。
    起炎菌の80%以上が
    大腸菌である。
  • セフェム系、ニューキノロン系の薬剤を使用する。
  • 治療(薬剤の投与期間)の基本は14日間である。
  • 症状が軽症で全身状態がよく、経口摂取可能な場合は外来治療が可能である。水分摂取(1,500 mL/日以上)と安静を励行する。
    臨床症状が強く、菌血症が疑われる場合は、入院安静治療の適応である。
  • 補液と抗菌薬静注が基本である。原因菌の感受性により、2剤以上の抗菌薬が必要になる場合も多い。また敗血症、多臓器不全などがおきればICU管理下での治療が必要になる。










TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報よく使う漢方薬