情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





ラピスラズリ(瑠璃)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)













ラピスラズリ
(瑠璃)
  • ラピスラズリは通称で、鉱物名は「青金石」という。
  • 英名はLazurite。
    何種類かが混ざった混合物、つまり岩石ではなく、れっきとした鉱石である。
    組成は:(Fe,Mg)Al2P2O8(OH)2
    白い部分や金色の部分は別のもので、青い部分のみが青金石だ。
    その証拠の、青い部分のみの結晶体が存在する。
    6面体や12面体の形を取る。血漿があるということは、単体、鉱物であることの証明だ。結晶は岩石には存在しない。



(間違いやすい)のは
  • 藍銅鉱(azurite、アズライト)とか、似たような名前の石が多いから。
  • 特に天藍石(Lazulite ラズライト)は英名をLとrの違いだけなので、間違われやすい。
堀秀道著(「鉱物」と「宝石」を楽しむ本)から






瑠璃lapis lazuli
  • 貴石として広く用いられる青色の美しい鉱物。
    方解石の中に塊状、脈状に産出することが多い。
    多くは黄鉄鉱の黄金色の小さい粒が混入している。
    絵の具のウルトラマリン(岩群青)の原料として使われていた。
    産地:アフガニスタンのバダクシャン地方、シベリアのバイカル地方、チリ。


◎天王星と水瓶座が支配する宝石。

◎アトランティスで最初に用いられ、天王星から下に数えて8番目の惑星[金星]が出す「絶対的光の普遍的原理を含有している」とのことです。

◎人間の霊気を安定させ、いろいろなチャクラ(霊的エネルギーの中枢)を開く。それは、この石を構成する、ナトリウム、アルミニウム、シリカ、硫酸といった鉱物が、原始センサーとして働いているからです。(Zolar)

◎紺碧からすみれ色、緑がかった青まで、さまざまな色の石の塊。

◎愛と優しさ、温和、貞節、純真な心を授ける。

◎瞑想するときに使う:明るい青に輝く石が良い。

◎健康のため;もっと濃い色合いの石が良い





硬度 [5〜5.5]



眼病
循環器系の病気
テンカン
皮膚病
ウツ病を治し、視力を改善
相性
が悪い
宝石
青縞めのう:一方は心を休ませ、他方は心を刺激するから
注意 ◎イヤリングには向きません
応用 リーダーシップの不足。
知恵と誠実を刺激







D・L・メラ
  • 霊的覚醒を起こしている際に体を強めてくれる
    「各時代を通してラピスは力と知恵と愛に結びつけられ、霊能力の刺激剤として使われた」
    「内なる視力を刺激し、知恵と洞察力と正しい決断力を高める助けをする」
    「別の宝石と結合させてはいけない」

レノーラ・ヒュイット
  • 「エーテル体をラピス・ラズリの波動に合わせる良い方法は、瞑想中に松果体チャクラにこの石を置く」
    「治療に使う場合は、患者を扱っている際に一方の手にラピスを握りなさい。この際、あなたがその中での焦点になるまで石に注意を集め、心を想念をそれを通して人に放つのである。それが相手に届くまでにあらゆるものが清められる。」
    「石を見つめるときは、心を完全に静まらせ、目を石の中へと持ってゆき、自分を中に投げ入れてみなさい。心の目であなたの体を石の中に入れるほど縮める。石であれ植物であれ、人がその波動の一部を受け、それに取り組むことのできる以前に、それと一体になる必要があるというのは秘教的真理である。」
    「クンダリーニ中枢と胸腺中枢に作用を及ぼす。それはクンダリーニの火をその住処から上げるのに使うことが出来る。」
    「横隔膜より上に位置させるのが良い。ネックレス、ブローチ」

ジュリア・ロルッソ
  • 「この石はあらゆる宇宙の普遍的建設資材」
    「霊的中枢を開くのに肉体、エーテル体がラピスに感応する理由は、それらの体の中にナトリウム・アルミ・珪素・イオウといった基本鉱物に感応するものがあるためである」

遠藤昭則
  • 「肌を美しくする。この石からは青い霧状のパワーオーラが出ており、これが細胞を活性化する。喉に付ける」
    「作用する領域は、喉、頭では耳の上と額の上、後頭部の凹んだところ」
    「頭に良く作用し、神経のバランスを高める。」



結晶
宝石療法
色彩療法
栄養療法
音楽療法
漢方薬










TOPなおるナオル宝石病院ランキング血液検査くすり情報よく使う漢方薬