情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/


LDH
(血清乳酸脱水素酵素)





ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)










血液検査

乳酸








(血清乳酸脱水素酵素) [3B050]
・LDHは、乳酸脱水素酵素(lactate dehydrogenase)の略で、嫌気的解糖系の最終段階に働く酵素。

・生体内のどこにでもあるタンパク質で、ピルビン酸を乳酸に変える酵素である。

・乳酸は疲労物質として有名で、栄養源のブドウ糖が酸素なしで分解するときに蓄積する。

十分に酸素が与えれていれば、途中のピルビン酸が乳酸にならずに、ミトコンドリアで燃やされ、エネルギーの産生と共に二酸化炭素と水にまで分解される。




LDHは、4次元構造をとり、
  • 骨格筋で作られるM型と、
  • 心筋で作られるH型
の2種類がある。


LDH活性は心・腎・骨格筋・膵・脾・肝・赤血球などの悪性腫瘍組織に高く、これらの臓器に病変が起こった時に血中に遊離するので、これらの疾患の診断、活動度、治療経過の判定に有用です。





<1>肝機能障害の診断


<2>心筋梗塞の経過診断:発作後10〜14時間LDH値の異常が続く。


☆末期がんの余命を予測する項目の1つ





血清LDHが異常になる疾患
正常値の[2.5倍]以上
  1. 急性心筋梗塞
  2. 激症肝炎
  3. 急性肝炎
  4. 原発性肝ガン
  5. 続発性肝ガン
  6. 急性骨髄性白血病
  7. 悪性貧血

正常値の[1.5〜2.5倍]
  1. 各種の臓器ガン
  2. ホジキン病
  3. 肉腫
  4. 縦隔腫瘍
  5. リンパ性白血病
  6. 慢性骨髄性白血病
  7. 伝染性単核症
  8. 肺梗塞
  9. 皮膚筋炎
  10. 進行性筋ジストロフィー
  11. 甲状腺機能低下症

正常値の[1.0〜1.5倍]
  1. うっ血性心不全
  2. 亜急性心内膜炎
  3. 心嚢炎
  4. 原発性心筋症
  5. 慢性肝炎
  6. 肝硬変
  7. 慢性膵炎
  8. 胃ガン
  9. 子宮ガン
  10. 膀胱ガン
  11. 単球性白血病
  12. 原発性異型肺炎
  13. 慢性腎疾患
  14. 脳血管障害

(副作用でLDHが上昇する・・・医薬品)
  • アクトス][アスペノン][アデカット][アルマール][アレジオン][イトリゾール][ガスター][カルスロット][グルコバイ][コナン][ジプレキサ][セルタ][タケプロン][ディオバン][デパス][ドラール][ナバボン][ニューロタン][ノフロ][ノルバスク][パキシル][バクシダール][パナルジン][ハルナール][パンスポリン][ファーストシン][フェルデン][ブロプレス][ベイスン][マイスリー][メプチン][ラシミール][リュマトレックス][リーゼ][リパンチル][リピトール][リポバス][リュープリン][ルプラック][ロンゲス][ワンアルファ]













・悪性腫瘍:肺ガン(LDH3)
・悪性貧血
・悪性リンパ腫
・肝硬変
・間質性肺炎
・急性肝炎
・劇症肝炎
心筋梗塞
GOTより遅く12時間で上昇し始め、48〜72時間でピークに達し、7〜10日間は前値に回復しないので、発症後2日以上経過した心筋梗塞の診断に役立つ。
・進行性筋ジストロフィ症
・腎梗塞
・多発性筋炎
・伝染性単核球症
・肺梗塞
・特発性間質性肺炎(LDH3)
・白血病
・皮膚筋炎
・発作性夜間血色素尿症(PNH)
・溶血性貧血











・Hサブユニット欠損症
・Mサブユニット欠損症
・先天性H型LDH欠損症
・糖尿病
・放射線治療











<1>心筋梗塞の発作後、LDHは6時間くらいから上昇し、24〜72時間後 に最高値に達し、以後10日〜14日間、異常値が持続する。
次ぎに、LDH値に異常が、心筋由来のものかどうかを確かめるために、[アイソザイム分画(LDHアイソザイム)]測定を行うか、又はHBDの測定を行う。


<2>悪性貧血の効果判定に有用。悪性貧血でLDHは顕著に上昇し、治療によって正常値に戻る。


<3>測定誤差が大きい。 10%前後の変動がある。


<4>激しい運動で上昇し、数日間続くので、採血以前の問診で確認すること。


<5>溶血検体で上昇し、冷所保存で数値は下がる。


<6>小児は値が高い。
  • 出生児は成人値の約2倍あり、その後漸次低下し、14歳ぐらいで成人値になる。









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査