ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



リーマス



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





薬効分類 広告




気分安定薬
炭酸リチウム
商品名: [リチオマール]リーマス
作用
機序
★細胞内情報伝達物質(イノシトール-3-リン酸)の量を上昇させる。
★ノルアドレナリンの遊離抑制とセロトニンの合成及び再取り込みを促進することで躁鬱病の躁状態を改善。
自発運動抑制作用
抗メタンフェフェタミン作用
条件回避反応抑制作用
闘争行動抑制作用
などが知られているが、完全には分かっていない。
効能・
用途
躁病
躁鬱病の躁状態に使用。
用量 開始量:1日400mg〜600mg・分2〜3
以後:3〜7ごとに、1日1200mgまで漸増
維持量:1日200mg〜800mg





・テンカンなどの脳波異常・・・異常を増悪する。
・重篤な心疾患・・・増悪する。
・以下の状態の時は「リチウムが貯留しやすい
  
「腎障害」
  「衰弱または脱水状態」
  「発熱・発汗・下痢」
  「食塩制限中」

・妊婦及びその可能性がある者
慎重な
投与
が必要
・器質的脳障害者
・心疾患の履歴がある者
・肝障害
甲状腺機能亢進症
甲状腺機能低下症
・リチウムの感受性が高い者
相互作用
(併用注意)
○利尿薬との併用でリチウム中毒
カルバマゼピンとの併用で錯乱・失見当識
ハロペリドールなど、他の向精神薬との併用で、心電図変化、重症の錐体外路症状がでる。
○アンジオテンシン変換酵素阻害薬との併用でリチウム中毒。
選択的セロトニン再取り込み阻害薬との併用でセロトニン症候群。
非ステロイド消炎鎮痛剤との併用でリチウム中毒。


リチウム

○治療有効濃度範囲:
 トラフ値・・・0.4〜1.2mEq/l
○中毒症状:
 [手指の振戦]
 [口渇]
 [多尿]
 [胃腸障害]
 [めまい]
 [眼振]
 [筋脱力]
 [ケイレン発作]
 [昏睡]
トラフ値・・・・
薬物を反復投与したときの定常状態における最低血中薬物の濃度。薬の血中濃度は、急襲後に最高濃度となり、平衡状態に達した後、時間の経過とともに代謝・排泄によって一定の速度で減少する。
従ってトラフ値は投与直前値となる。



妊婦へ
の影響
投与しない(催奇形性が疑われている)。
授乳しない(母乳中へ移行するため)
高齢者へ
の影響
腎機能低下から血中濃度が高くなる恐れがある。
服薬指導 ★眩暈・眠気→自動車の運転など危険な機械操作を避ける。
★服薬初期に手のふるえや食欲不振が起きることをあらかじめ患者に伝える。
その他 ★過剰投与を避けるために血清リチウム濃度を測定する必要がある(治療域と中毒域が近接しているため)。
★発熱・発汗・大きな振戦・頻回な嘔吐や下痢が出てきたら要注意。


リーマスの副作用(五十音順)
  1. 悪性症候群
    向精神薬との併用で
    悪性症候群
    無動緘黙
    強度の筋強剛
    嚥下困難
    血圧変動
    頻脈
    発汗に続き発熱
    →中止、体冷却
    CK上昇
    横紋筋融解症
    →急性腎不全
  2. 一過性暗点
  3. 意識障害
  4. 胃腸障害
  5. 胃部不快感
  6. 運動過少
  7. 運動障害
  8. 悪寒
  9. 潰瘍(下肢)
  10. かゆみ
  11. 肝機能異常
  12. 乾癬
  13. 記憶異常
  14. 筋攣縮
  15. 血圧低下
  16. 血糖上昇
  17. 下痢
  18. 言語障害
  19. 倦怠感
  20. 腱反射亢進
  21. 口渇
  22. 甲状腺機能異常・・・急激な中止で増悪の可能性
  23. 失禁
  24. 上皮小体機能亢進症
  25. 食欲不振
  26. 腎機能異常
  27. 腎性尿崩症・・・電解質の測定が必要
  28. 焦燥感
  29. 情動不安
  30. 徐脈
  31. 振戦
  32. 心電図異常
  33. 頭蓋内圧亢進
  34. 頭痛
  35. 性欲減退
  36. 体重増加・減少
  37. 多飲
  38. 多尿
  39. 唾液分泌過多
  40. 脱水
  41. タンパク尿
  42. 知覚異常
  43. 痴呆様症状
    痴呆様症状 意識障害
    脳波の異常
    →中止・処置
  44. 眠気
  45. 脳波異常・・・基礎波の徐波化
  46. 排尿困難
  47. 吐き気
  48. 発熱
  49. 白血球増多
  50. 皮疹
  51. 頻脈
  52. 腹痛
  53. 浮腫
  54. 不整脈
  55. 不眠
  56. 舞踏病様のアテトーシス
  57. 乏尿・・・・投与中止
  58. ブラックアウト発作
  59. 便秘
  60. 末梢循環障害
  61. 耳鳴り
  62. めまい
  63. 毛嚢炎
  64. リチウム中毒








    • 嘔吐・嘔気
      食欲不振
      下痢
      振戦
      傾眠
      錯乱
      運動障害
      運動失調
      発熱
      発汗
      →減量
      ・中止
      ・処置



      急性腎不全から電解質異常
      ミオクローヌス
      →中止
      補液・利尿薬などでリチウム排泄、電解質平衡を図る



厚生労働省副作用情報
  • 錯乱状態1
    脱水1
    尿崩症1
    錐体外路障害1
    甲状腺機能亢進症1
    白血球減少症1
    肝障害1
    新生児仮死1
    腎性尿崩症1
    向精神薬悪性症候群4
    多尿1
    急性腎不全1
    セロトニン症候群1
    治療薬毒性3
    血小板減少症1
    抗利尿ホルモン不適合分泌1
    新生児呼吸障害
(平成20年4/1〜9/31)
  • 心不全
    認知症
    意識レベルの低下
    腎性尿崩症
    末梢性浮腫
    腎尿細管性アシドーシス
    洞不全症候群
    洞性徐脈
    治療薬毒性
    甲状腺炎
    好酸球増加と全身症状を伴う発疹
    抗精神病薬濃度治療量以上


 リチウム
免疫系
  • 1999年、米ケンタッキー大学は感染症患者の治療で抗ウイルス薬とリチウムを併用する技術を開発し、特許を取得した。リチウムの投与によって抗ウイルス薬の効果を高められるという。
    リチウムは免疫系を強化してウイルス量を減らし、エイズではウイルスの感染した細胞が死ぬという。副作用を抑える効果があるとしている。
感情自制と相関関係
  • リチウムはナトリウムと性質がよく似たミネラルだが、地球上ではナトリウムの1/500の量しか存在しない。約50年前、動物にリチウムを投与すると、鎮静効果を示すことがわかり、躁鬱病の治療薬として広く使われるようになった。しかし鬱病にはあまり効果が無く、躁病にのみ効くことがわかった。躁病とは感情が高ぶり自制力が低下し、多弁で怒りっぽくなる病気である。
    その後、減塩を必要とする循環器疾患の患者などに食塩の代用品としてリチウムが利用されたが、中毒例や死亡例が発生し、毒性があることも判明した。このため血中濃度を測定し、厳重に管理しながら治療に使用されている。
    ネズミを用いた実験でリチウムは必須ミネラルであることが証明されたが、ヒトではまだ必須か否かの証明はなされておらず、今回改訂された我が国の栄養所要量でもリチウムは取り上げられなかった。
    アメリカのドーソンらはテキサス州で飲料水中のリチウム濃度が高いほど精神病入院率が低くなることを報告した。シュラウザーらは飲料水中のリチウム濃度が高くなると自殺・殺人・レイプ・強盗などの犯罪発生率が低いことを突き止めた。又、カリフォルニア州の刑務所に服役中の犯罪者の頭髪中のリチウム濃度が健康人より低いことも見いだした。
    また東京大学の和田攻名誉教授らはリチウム欠乏ラットが異常な行動を起こし、リチウムを与えると正常に戻ることを報告している。もし、リチウムに関するこのようなデータが確認されれば、精神・神経の機能を維持するという、意味で、所要量も策定する必要があると思われる。
    リチウムは通常の食品よりも香辛料・調味料に多く含まれるから、摂取量の個人差は大きい
脳の経路が活発に
  • 「2009年、英カーディフ大学のチームは、双極性障害の治療薬が脳内の信号伝達経路を活発にしていることを突き止めた。
    躁鬱病の治療にはリチウム製剤が広く使われているが、その詳しいメカニズムは不明だった。
    研究チームは細胞を使った実験で、リチウムが脳の神経細胞の信号伝達を担う『PIP3』と呼ぶ分子の量を調節していることを解明した。PIP3を作らせる酵素の働きを強める方法などにより、リチウムの分量を減らしても効果を高めることが可能だという。





関連情報 薬効分類






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査