ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



リパンチル(Lipantil)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





高脂血症薬
一般名 フェノフィブラート
商品名 「リパンチル」
作用機序 肝細胞の核内受容体PPARαを活性化して、脂質代謝に関与する種々のタンパク質の発現を調節することで、中性脂肪とコレステロールを低下させる、とともにHDLコレステロールを増加させる
効能・用途
高脂質血症
家族性高脂質血症
総コレステロールのみ高い高脂質症(Ua型)に対し、第1選択薬としない



使ってはダメな者
禁忌
1.本剤の過敏歴ある者。
2.肝障害
3.腎障害(血清クレアチニン値が2.5mg/dl以上)
4.胆嚢疾患がある者。
5.妊娠、その可能性ある者。
6.授乳している者。
慎重な投与
が必要
1.肝機能障害、その既往歴ある者。
2.腎機能障害(血清クレアチニン値が1.5mg〜2.5mg/dl未満)。
3.胆石、その既往歴ある者。
4.抗凝血剤を投与中の者。
5.HMG-CoA還元酵素阻害剤を投与中の者。
6.高齢者
相互作用 1.ワルファリンとの併用で、(抗凝集薬の作用を増強する)
2.HMG-CoA還元酵素阻害薬フラバスタチンナトリウム、シンバスタチンとの併用で、(横紋筋融解症に伴い急激に腎機能が悪化することがある)
3.スルホニル尿素系血糖降下薬グリベンクラミドとの併用で、(高齢者で、低血糖を引き起こすことがある)
4.陰イオン交換樹脂薬コレスチラミンとの併用で、(吸収が遅延あるいは減少する可能性がある)



妊婦への影響 投与しない
高齢者への影響 副作用が発現しやすいので、100mgから投与する、など投与量に注意する
注意 空腹時には吸収が悪いため、食後に投与する




リパンチル副作用(五十音順)
  1. LDHが上昇
  2. 横紋筋融解症(外国症例)
  3. かゆみ
  4. γ-GPTが上昇
  5. 好酸球増多
  6. GOTが上昇
  7. GPTが上昇
  8. CPKが上昇
  9. ジンマシン
  10. 重大な肝障害(外国症例)
  11. 赤血球減少
  12. ヘモグロビン減少
  13. 発疹


厚生労働省副作用情報
  • 胆道仙痛1
    血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
    急性肝炎1
    肝障害3
    筋痛1
    横紋筋融解2
    トランスアミナーゼ上昇







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬