高脂血症薬




高脂血症薬
一般名 シンバスタチン
商品名 リポバス
効能・用途
家族性高コレステロール血症
高脂血症



使ってはダメな者
禁忌
重篤な肝障害の者。
妊婦および授乳中の者。
本剤に過敏歴がある者
慎重な投与
が必要な者
1.アルコール中毒者。
2.肝障害およびその既往歴がある者。
3.重篤な腎障害およびその既往歴がある者。
4.ニコチン酸を投与中の者。
5.フィブラート系薬剤を投与中の者。
6.免疫抑制剤を投与中の者。
併用すると作用が
増減する場合
(相互作用)
(1)クマリン系凝血剤の作用をわずかに増強する。
(2)フィブラート系薬剤・免疫抑制剤・ニコチン酸との併用により、筋肉痛・脱力感・CPK上昇・血中および尿中ミオグロビン上昇を特徴とし、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすい。


妊婦への影響 投与しない。ラットの胎児で骨格奇形。






リポバス副作用(五十音順)
1.AL-P上昇。
2.LDH上昇。

3.嘔吐
4.横紋筋融解症
5.かゆみ。
6.血管炎。
7.下痢。
8.鼓脹。
9.CPK上昇。
10.GOT上昇。
11.GPT上昇。
12.消化不良。
13.食欲不振。
14.頭痛。
15.脱力感。
16.吐き気。
17.BUN上昇。
18.腹痛。
19.不眠。
20.便秘。
21.放屁。
22.発疹。
23.末梢神経障害
24.ミオパシー

25.ループス様症候群。



厚生労働省副作用情報
  • 18年9/1〜12/31
    • 血中クレアチンホスホキナーゼ増加1
      血中カリウム増加1
      肝機能異常1
      肝障害1
      四肢痛1
      膵炎1
      腎盂腎炎1
      横紋筋融解2
      振戦1
      筋骨格硬直1
      出血







TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬