情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/



ロキソニン
(Loxonin)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)








疼痛
医薬品の略語
薬効分類





消炎鎮痛薬
一般名 ロキソプロフェンナトリウム
非ステロイド性抗炎症薬【NSAIDs】>ロキソニン


ウナスチン」「オキミナス」「オプロニック」「カンファタニン」「キサイニン」「ケンラン」「コバソニン」「コバロキニン」「サンロキソ」「シラブル」「スリノフェン」「ツルメリン」「ノブフェン」「ピナプロフェン」「ポナベルト」「リンゲリーズ」「レトラック」「ロキソート」「「ロキソニン」「ロキソプロフェンアトリウム」「ロキソマリン」「ロキフェン」「ロキフラン」「ロキプロナール」「ロキペイン」「ロゼオール」「ロブ」「ロベニット」「ロルフェナミン





  1. 外傷後の消炎・鎮痛
  2. 肩関節周囲炎
  3. 頸肩腕症候群
  4. 手術後の消炎・鎮痛
  5. 抜歯後の消炎・鎮痛
  6. 変形性関節症
  7. 慢性関節リウマチ
  8. 腰痛症





  • アスピリン喘息、その既往歴がある者。
  • 高血圧(重篤な者)
  • 消化性潰瘍
  • 心機能不全(重篤な者)
  • 肝障害(重篤な者)
  • 血液疾患(重篤な者)
  • 腎障害(重篤な者)
  • 本剤過敏症







必要

1.潰瘍性大腸炎
2.肝障害、既往歴がある者。
3.気管支喘息
4.クローン病。
5.血液異常、既往歴がある者。
6.高血圧症
7.高齢者
8.消化性潰瘍の既往歴がある者。
9.小児。
10.心機能障害がある者。
11.腎障害、既往歴がある者。
12.本剤に過敏歴がある者。
相互
作用
ワルファリンの作用を増強する。






妊婦へ
の影響
妊娠末期に投与してはいけない
小児へ
の影響
投与しない
パップ剤 ロキソニンパップ(Loxonin PAP)・・・2006年6月から






ロキソニンの副作用(五十音順)
  1. アナフィラキシー様症状・・・・・→中止し処置が必要
    1. 血圧低下
    2. ジンマシン
    3. 喉頭浮腫
    4. 呼吸困難
  2. 胃部の不快感
  3. AL-P上昇
  4. 黄疸・・・・・→中止し処置が必要
  5. 嘔吐
  6. 過敏症・・・→中止
    1. 発疹
    2. 発熱
    3. 掻痒感
    4. ジンマシン
  7. かゆみ
  8. 間質性肺炎(発熱・咳嗽・呼吸困難・胸部X線異常)→中止し処置が必要
  9. 血小板減少→中止し処置が必要
  10. 血液にあらわれる副作用
    1. 貧血
    2. 白血球減少
    3. 血小板減少
    4. 好酸球増多
  11. 血尿
  12. 下痢
  13. 口内炎
  14. GOT上昇
  15. GPT上昇
  16. 消化管出血・・・→中止し処置が必要
  17. 消化性潰瘍・・・・→中止
  18. 消化管穿孔・・・・→中止し処置が必要
  19. 消化不良
  20. ショックを起こすことがある
  21. 食欲不振
  22. 心窩部痛
  23. 腎臓障害・・・・→中止し処置が必要
    1. 急性腎不全
    2. ネフローゼ症候群
    3. 間質性腎炎
  24. ジンマシンが出る(→中止する)
  25. 頭痛
  26. 喘息発作→中止し処置が必要
  27. タンパク尿
  28. 中毒性表皮壊死症(Lyell症候群)→中止し処置が必要
  29. 動悸
  30. ねむけ
  31. 吐き気
  32. 白血球減少→中止し処置が必要
  33. BUN上昇
  34. 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)→中止し処置が必要
  35. 浮腫
  36. 腹痛
  37. 便秘
  38. 発疹
  39. 無菌性髄膜炎(発熱・頭痛・悪心・嘔吐・項部硬直・意識混濁)→中止し処置が必要
  40. 胸やけ
  41. 溶血性貧血→中止し処置が必要




厚生労働省副作用情報
(平成18年9月1日から平成18年12月31日)
  • 喘息1
    脳出血1
    薬疹4
    好酸球増加症1
    紅斑1
    多形紅斑5
    胃潰瘍4
    出血性胃潰瘍1
    穿孔性胃潰瘍2
    肝機能異常2
    肝炎1
    急性肝炎1
    低カリウム血症1
    間質性肺疾患3
    腸潰瘍2
    大腸潰瘍1
    肝障害8
    間質性腎炎1
    皮膚粘膜眼症候群1
    出血性消化性潰瘍1
    血小板数減少1
    肺炎3
    膿胸1
    発疹1
    急性腎不全
    呼吸不全1
    横紋筋融解1
    小腸潰瘍1
    スティーブンス・ジョンソン症候群5
    口内炎1
    舌潰瘍1
    中毒性表皮壊死融解症2
    蕁麻疹1
    白血球数減少2
    中毒性皮疹1
    腎機能障害1
    アナフィラキシー様ショック
厚生労働省副作用情報(平成20年4/1〜9/31)
  • 貧血
    アナフィラキシー反応
    アナフィラキシーショック
    アナフィラキシー様反応
    喘息
    血中クレアチニン増加
    血中カリウム増加
    血圧低下
    血中尿素増加
    心不全
    うっ血性心不全
    剥脱性皮膚炎
    下痢
    薬疹
    十二指腸穿孔
    呼吸困難
    脳症
    多形紅斑
    胃潰瘍
    胃腸出血
    吐血
    肝機能異常
    肝炎
    高熱
    間質性肺疾患
    大腸狭窄
    白血球減少症
    肝障害
    リンパ球数減少
    筋炎
    間質性腎炎
    ネフローゼ症候群
    皮膚粘膜眼症候群
    虚血性視神経症
    膵炎
    汎血球減少症
    血小板減少症
    肺炎
    肺臓炎
    発熱
    発疹
    全身性皮疹
    腎障害
    急性腎不全
    ショック
    スティーブンス・ジョンソン症候群
    中毒性表皮壊死融解症
    心室性頻脈
    白血球数減少
    中毒性皮疹
    好酸球増加と全身症状を伴う薬疹
    鎮痛剤喘息症候群
平成20年10月1日〜平成21年2月28日
  • アナフィラキシーショック2
    腹水1
    薬疹3
    薬物相互作用1
    多形紅斑3
    全身性浮腫1
    顆粒球減少症1
    肝性脳症1
    肝機能異常3
    高カリウム血症3
    間質性肺疾患5
    大腸潰瘍1
    大腸穿孔1
    肝障害8
    倦怠感1
    動悸1
    汎血球減少症1
    胸水1
    発疹1
    全身性皮疹1
    腎障害2
    腎不全1
    急性腎不全2
    慢性腎不全1
    洞停止1
    スティーブンス・ジョンソン症候群8
    血栓性血小板減少性紫斑病1
    中毒性表皮壊死融解症3
    尿細管間質性腎炎2
    好酸球増加症候群1
    出血1
    穿孔性腸潰瘍1



チェック
関連情報
副作用」「疼痛








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査