ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



ルプラック



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





ループ利尿薬
一般名 トラセミド
商品名 「ルプラック」
作用
機序
●ヘレン係蹄の上行脚に作用して電解質の再吸収を抑制することで利尿するループ利尿薬
効能
・用途
心性浮腫
腎精浮腫
肝性浮腫




使ってはダメな者
無尿
肝性昏睡
体液中のナトリウム・カリウムが明らかに減少している患者。
本剤過敏歴ある万尾。
テルフェナジン投与中
アステミゾール投与中









進行した肝硬変症
重篤な冠硬化症
重篤な脳動脈症
重篤な腎障害
肝疾患・肝機能障害
本人(両親・兄弟に)痛風
糖尿病
下利
嘔吐
手術前
ジギタリス製剤投与中
糖質副腎皮質ホルモン剤投与中
ACTH投与中
グリチルリチン製剤投与中
減塩療法時
高齢者
乳児



併用すると作用が増減する場合
○ノルエピネフリンなどの昇圧アミンの作用を減弱する。
○ツボクラリンなどの麻痺作用を増強する。
○ACE阻害剤との併用で降圧作用が増強。
○β-遮断剤との併用で降圧作用が増強。
○アミノグリコシド系抗生物質(硫酸ゲンタマイシン、硫酸アミカシン)との併用で腎障害および第8脳神経障害(聴覚障害)を増強。
○セファロスポリン系抗生物質で腎毒性が増強。
○ジギタリス製剤(ジギトキシン、ジゴキシン・・)で不整脈が起きる恐れがある。
○糖質副腎皮質ホルモン剤との併用でカリウム排泄作用が過剰になる。
○ACTHとの併用でカリウム排泄作用が過剰になる。
○グリチルリチン製剤との併用でカリウム排泄作用が過剰になる。
○糖尿病用剤の作用を著しく減弱する恐れがある。
○炭酸リチウムとの併用でリチウム中毒。
○サリチル酸誘導体でサリチル酸中毒の恐れ。
○非ステロイド性消炎鎮痛剤(インドメタシン・・)で本剤の利尿作用が減弱。
○尿酸排泄促進剤(プロペネシド・・)で尿酸排泄作用が減弱。
○カルバマゼピンで症候性低ナトリウム血症



妊婦へ
の影響
有益性が危険性を上回る場合のみ投与できる。
小児へ
の影響
安全性は確立していない
高齢者へ
の影響
少量(4mg)から開始し、慎重に投与する
服薬指導 夜間の排尿を避けるため、午前中に投与することが望ましい









LDH上昇
クレアチニン上昇
血小板減少
倦怠感
血清カリウム値が低下
口渇
GOT上昇
GPT上昇
CPK上昇
赤血球減少
頭重
頭痛
立ちくらみ
尿酸値(血清中)が上昇
白血球減少
ヘマトクリット値減少
めまい


注意改定
(2005.4/1)
厚生労働省
[副作用]の「重大な副作用」の項に
肝機能障害、黄疸:AST(GOT)、ALT(GPT)、Al-Pの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。
低カリウム血症、高カリウム血症:低カリウム血症、高カリウム血症があらわれることがあり、血清カリウム値の異常変動に伴い、不整脈、全身倦怠感、脱力等が発現するおそれがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。









TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬