ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



クエン酸マグネシウム



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告





下剤  
一般名 クエン酸マグネシウムmagnesium sulfate

「テクトロール」「マグコロール(Magcolol)」

大腸検査(X線・内視鏡)前処置における腸管内容物の排除
腹部外科手術時の瀉下作用を起こす。

Mgイオンのため腸管内の水分は吸収されにくくなり、便の軟化が起こり瀉下作用を起こす。



(大腸X線検査前処理)
(腹部外科手術時における前処置)
(大腸内視鏡検査前処置[高張液投与])
  1. 液:1回27〜34g(本剤200〜250ml)
  2. 散:34g(本剤50g)を水に溶解し、全量180mlとする。1回144〜180mlを検査予定時間の10〜15時間前に経口投与。
(大腸内視鏡検査前投与[等張液投与])
  1. 液:68g(本剤500ml)を水に溶解し、全量1800mlとする。
  2. 散:68g(本剤100g)を水に溶解し、全量1800mlとする。1回1800mlを検査予定時間の4時間以上前に200mlづつ約1時間をかけて経口投与。なお2400mlを超えない。
(注意)・・・等張液を投与する場合
  1. 200mlを投与するごとに排便、腹痛などの状況を確認しながら慎重に投与すること。腹痛などの消化器症状が現れた場合は、中断し、腹部の診察や画像検査(単純X線・超音波・CTなど)を行い、投与継続の可否について慎重に検討。
  2. 1800mlを投与しても排便が無い場合は中断し、腹痛、嘔吐などが無いことを確認すると共に、腹部の診察や画像検査(単純X線・超音波・CTなど)を行い、投与継続の可否について慎重に検討。
  3. 高齢者・・・特に時間をかけて投与。
  4. 腸内残存水分が多いため注腸X線検査には不適。
(注意)・・・散剤→他成分を添加しない



禁忌
  1. 消化管に閉塞またはその疑い及び重症の硬結便がある者
    • 腸管粘膜の虚血性変化や腸閉塞、腸管穿孔の恐れがある。
  2. 急性腹証の疑いがある者・・・増悪の危険
  3. 腎障害・・・腎負荷が増大、Mgの排泄遅延
  4. 中毒性巨大結腸症
    • 穿孔から腹膜炎、腸管出血の恐れがある。






テトラサイクリン系抗生物質→吸収を阻害し効果減弱
ニューキノロン系抗生物質→吸収を阻害し効果減弱
酸性薬剤(exサリチル酸)
  • 尿pHを上昇させて、排泄促進し、効果を減弱させる
塩基性薬剤(exメタンフェタミン)
  • 尿pHを上昇させて、排泄促進し、効果を増強させる


  1. 心機能障害の者→Mgが心機能抑制
  2. 高Mg血症→血中Mg濃度が上昇
  3. 胃切除の既往歴ある者
  4. 腹部外科手術の既往歴ある者
    • 術後の癒着がる場合、腸閉塞や腸管穿孔の恐れがある
  5. 腸管狭窄および高度な便秘
    • 腸閉塞や腸管穿孔の恐れ
  6. 腸管憩室→腸管穿孔の報告あり。
  7. 高齢者

  1. まれに、腸管穿孔、腸閉塞、虚血性大腸炎および高Mg血症を起こすことがある。腸管穿孔・腸閉塞・虚血性大腸炎は腸管内容物の増大、蠕動運動の亢進による腸管内圧の上昇により発症し、高Mg血症は腸閉塞により本剤が腸管内に貯留しMgの吸収が亢進することにより発症する。
    1. 患者の日常の排便状況を確認し、投与前日あるいは投与前にも通常程度の排便があったことを確認してから投与。
    2. 等張液を投与する場合は、短時間での投与を避けると共に、腸管の狭窄或いは便秘などで腸管内に内容物が貯留している場合は注して投与。
    3. 本剤の投与により排便があった後も腹痛、嘔吐が継続する場合には、腸管穿孔がないかどうか確認。
  2. 自宅で服用させる場合には以下の点に注意
    1. 患者の日常の排便の状況を確認させると共に、前日あるいは服用前に通常程度の排便があったことを確認させ、排便が無い場合は相談するように指導。
    2. 副作用が現れた場合、対応が困難な場合があるので1人での服用は避けるように指導。
    3. 消化器症状(嘔気。嘔吐、腹痛・・)やめまい、ふらつき、血圧低下などの副作用について事前に患者に説明し、このような症状が現れた場合は、直ちに受診する旨を伝える。
  3. 高張液を投与すると体内水分を吸収し脱水状態が現れる→水を十分に摂取させる
  4. 小腸の消化吸収阻害→連用回避
  5. 排便に伴う腸管内圧の変動により、めまい、ふらつき、一過性の血圧低下などが発現→観察しながら投与



重大な副作用
  1. 虚血性大腸炎
    • 腹痛、血便などの異常で、中止し処置する。
  2. 高Mg血症
    • 嘔気、嘔吐、徐脈、筋力低下、傾眠などの症状がでる
    • →電解質の測定と処置
  3. 腸管穿孔
  4. 腸閉塞
その他の副作用
  1. 顔面蒼白
  2. 血圧低下
  3. 血清Ca上昇/低下
  4. 血清Cl上昇/低下
  5. 血清K上昇/低下
  6. 血清Mg上昇
  7. 血清Na上昇/低下
  8. GOT上昇
  9. GPT上昇
  10. しびれ
  11. ジンマシン
  12. 総コレステロールの上昇
  13. 総ビリルビンの上昇
  14. 掻痒感
  15. 脱力感
  16. 単球数の増加/減少
  17. 潮紅
  18. 尿ケトン体の陽性化
  19. 尿酸値の上昇
  20. 尿タンパクの陽性化
  21. 尿pHの上昇
  22. 白血球数の増加
  23. BUNの低下
  24. 不快感
  25. 腹痛
  26. ふらつき
  27. 発疹
  28. めまい





関連情報 便秘
大腸ガン
麻痺性イレウス






解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査