胃腸
①消化不良を伴う
②胃炎
腹痛
下痢


へいいさん
平胃散
①急慢性の胃腸カタル
腹痛
③悪心
④嘔吐。
⑤口内炎


おうれんとう
黄連湯
①胃部のつかえ。
②腹鳴を伴う下痢・軟便。
③悪心
④嘔吐


はんげしゃしんとう
半夏瀉心湯
①みぞおちに抵抗感。
肩こり

③足が冷えるものの、
④慢性胃炎
⑤胃痛
⑥食慾不振。


えんねんはんげとう
延年半夏湯
①腹部膨満感。
腹痛があって下痢便秘
③ケイレン性の便秘
④腸炎。


けいしかしゃくやくとう
桂枝加芍薬湯
のぼせて、
②胃がつかえる
③急性胃炎、
④口内炎、
⑤二日酔い。


おうれんげどくとう
黄連解毒湯
①胃部に冷感。
②慢性下痢
③胃痛。


にんじんとう
人参湯
貧血冷え症で
②胃部重圧感。
③軟便気味で疲れやすい


りっくんしとう
六君子湯
①気分がふさぎ気味。
貧血
③手足が冷える。
④胃腸虚弱
⑤胃下垂
⑥消化不良


こうしゃりっくんしとう
香砂六君子湯
貧血・冷え症傾向。
②胃炎
③神経性胃炎・胃痛
④胃腸虚弱
⑤胃下垂
⑥消化不良


さいしゃくりっくんしとう
柴芍六君子湯
①胃部膨満感
②胃神経症。
③胸やけ
④ゲップ。


ぶくりょういん
茯苓飲
①やせて顔色悪い。
②食欲無く
下痢が続く。
食欲不振
⑤慢性下痢
⑥病後の体力低下。


じんりょうびゃくじゅつさん
参苓白朮散
疲れやすい
腹痛
③動悸
④便が細く兎糞状の便。
⑤過敏性腸症候群
⑥ケイレン性便秘


しょうけんちゅうとう
小建中湯
①冷えが強く、
腹痛
③腸の蠕動亢進、
④腹部膨満感(異常)


だいけんちゅうとう
大建中湯
①慢性下痢。
②冷え
③倦怠感。
④尿量減少を伴う


しんぶとう
真武湯
①気力乏しく、手足倦怠。
②疲労・食欲不振
③ヤセ。


ほちゅうえっきとう
補中益気湯
①胃腸虚弱者・冷え。
頭痛
③目まい。


はんげびゃくじゅつてんまとう
半夏白朮天麻湯
①冷え症で神経質
②胃神経症
③胃十二指腸潰瘍。
④シクシク痛み、甘いものが好き


あんちゅうさん
安中散
①胃痛・悪心
食欲不振
③慢性化に+安中散


さいこけいしとう
柴胡桂枝湯
①精神不安。
②胃神経症
③胃部停滞(膨満感)。
④悪心・嘔吐


はんげこうぼこうとう
半夏厚朴湯
①胃がもたれて、ときに胸やけ。
②消化不良
③腹部膨満感
④食欲不振
⑤急慢性胃炎
⑥胃弱。


かみへいいさん
加味平胃散
①更年期に伴う胃神経症。
②不安
イライラ


かみしょうようさん
加味逍遙散
①胃痛に頓服。 しゃくやくかんぞうとう
芍薬甘草湯


慢性胃炎の漢方薬
  安中散
  1. 慢性胃炎で胃痛の長く続く者に用いる。患者はやせ型で、血色がすぐれず、冷え症で、腹にも脈にも力がない者によい。また心下部で振水音を証明できる者があり、臍部で動悸が亢進していることがあり、胃液が口に逆流してくることもある。この処方を用いて良い患者には、甘党が多く、酒客は少ない(漢方診療医典)
  2. みずおち(鳩尾)にケイレン性の疼痛があり、皮膚や筋肉が弛緩して脈・腹部軟弱な者。
  3. へその横に動悸があり胃内停水を認める者
  4. やせ型のストレス性胃炎。
  5. 冷たい飲食物で下痢しやすい。

一貫煎

温胆湯

温脾湯

益胃湯

黄連湯
  1. 心窩部に痛み、胃がもたれる、重苦しい。

加味逍遥散

甘露飲

固本丸

柴胡桂枝乾姜湯

柴胡桂枝湯
  1. 胸脇苦満、腹直筋の緊張
  2. ストレス性、上腹部痛、胸焼け、
  3. ストレス性胃炎、胃十二指腸潰瘍、胆嚢ディスキネジー、慢性膵炎、過敏性腸症候群など

左金丸

四君子湯
  1. 平素から胃腸が弱く、気力に乏しく、血色にすぐれず、食が進まず、手足がだるくなり、食後にねむけを催すものによい
  2. 胃アトニーを兼ねた胃炎によい。
  3. 脈にも腹にも力がないものを目標とする(漢方診療医典)
  4. 胃腸虚弱で気力・体力が衰えた者。
  5. 冷たい飲食物で下痢しやすい。
  6. 血色悪く、やせ気味。

沙参麦門冬湯

小建中湯
  1. 腹直筋の緊張が強く、腹部が膨満し、腹壁が薄く指でつまみやすい者で、肩こり、腹痛を訴える、血色がわるい者

小柴胡湯
  1. 胸脇苦満、往来寒熱、食食欲不振、舌白苔、微熱、神経質
  2. 小児の胃炎に用いる機会がある。食欲が無くて、悪心、嘔吐のある者によい。この処方も胸脇苦満のある者に用いるが、乳児では、胸脇苦満が証明できないことが多い。肝炎を胃併発しているものがよい(漢方診療医典)

小半夏加茯苓湯

生姜瀉心湯
  1. 半夏瀉心湯を用いるような患者で、噫気があり、ことにその噫気が食物の臭気を伴っているような場合に本方を用いる(漢方診療医典)

逍遥散

■参蘇飲

清熱解欝湯
  1. 慢性胃炎で痛みを主訴としているものに用いるが、衆方規矩には“心痛はすなわち胃脘痛なり。多く気うつし、日久しく薀積するによりて、熱となりて痛みをなすを治す”とあって、いろいろと気をつかったために、胃を悪くして、胃痛を訴える者を治するのであるが、ここに注意しなければならないのは「熱をなす」の語である。この「熱をなす」の語によって漢方で言う「熱状」のあることを知らねばならない。この「熱状」は、新陳代謝の亢進を意味し、安中散が新陳代謝の沈衰する「寒状」を目標とするのに対比する。
    そこで脈ぬも腹にも、ある程度の力があって、軟弱でない、また舌は湿潤せずに、乾燥の傾向にあり、苔のつくこともある(漢方診療医典)

旋覆代赭湯
  1. 生姜瀉心湯を用いて噫気のやまない者に用いる。体力、気力ともに生姜瀉心湯を用いる患者よりも弱いものを目標とし、腹壁が弛緩していて、胃腸の運動を望見できることがある。胃潰瘍の手術後ひっきりなしに噫気が出てやまない患者に、本方を与えて著効を得たことがある。噫気のほかに、胸やけを訴えるものに用いて良い(漢方診療医典)

増液湯

大建中湯

大柴胡湯

丁香柿蒂湯

丁香茯苓湯
  1. 慢性胃炎が長引き、体力が消耗し、舌苔、口臭、悪心、嘔吐、食欲減退などの症状が続き、脈は沈微となり、腹部が軟弱無力となった者に用いる。
  2. また胃部に振水音を証明し、醗酵がひどくて、薬も食事とともに吐いて受け付けない者にも用いる。
  3. 心、肝、肺、腎などの諸病に続発するうっ血性胃炎にも用いてよいことがある(漢方診療医典)

当帰湯

二陳湯

人参湯
  1. 平素から胃の弱い患者で、血色がすぐれず、冷え症で食欲が無く、食欲があっても、少し多く食べると、腹が一杯になって苦しい者によい。また口にうすい唾液がたまる者、冷えると尿が多くでて近いものも、本方を用いる目標である。脈波沈遅、弦小、遅弱のものが多い。
  2. 本方を用いて良い腹証に2通りある。1つは、軟弱無力で、まったく抵抗のない者、他の1つは、腹壁がうすく、腹筋をベニヤ板の陽に触れる者である。ともに、人参湯をもちいてよい
    慢性胃炎で、ひどく痩せている人が、本方を飲むと、3、4日たって浮腫の現れることがある。これは良いしるしで、薬が病気に的中した証拠であるから、続けてのんでいると、体質が変化して丈夫になる。もし浮腫が気になるようなら、五苓散を3、4日飲むと必ず消失するが、そのままにしておいても、自然に消失して、栄養状態がよくなる。ひどい冷え症で、脈微弱のものには人参湯(別名:理中湯)に附子を加えて、附子理中湯として用いるがよい(漢方診療医典)
  3. 冷たい飲食物で下痢しやすい。

麦門冬湯

半夏瀉心湯
  1. 体質中等度、栄養状態良好。
  2. 心下痞硬
  3. 胃もたれ、胃が重苦しい、胃部がつかえる
  4. 嘔気、下痢、胸焼け、腸内でゴロゴロ音
  5. 過敏性腸症候群、口内炎、不眠症にも。

茯苓飲
  1. (上腹部がつかえ苦しい、胃部振水音、舌苔白潤)
  2. 胃にガスと水が充満し、そのために食べられない者に用いる。また口に水があがってくる者にもよい。本方を用いる患者の腹にはりきがあり、人参湯、六君子湯、安中散などを用いる患者よりも腹部に弾力がある(漢方診療医典)
  3. 胃にガスが多く、膨満、心窩部に振水音。
  4. 胃が張って苦しくて食べられない。

茯苓飲合半夏厚朴湯

平胃散
  1. 心下痞、腹鳴などがあり脈・腹部普通の者
  2. 食後腹鳴り、下痢するときは反って気持が良いというもの《矢数道明》
  3. 上腹部不快感、不消化感、過食による胃炎。
  4. 腹部にガスが多く、膨満。

養胃湯

六君子湯
  1. 運動機能不全型に。
  2. 機能性ディスペプシア(FD)のファーストチョイス
  3. 体質虚弱、消化機能が低下食欲不振、膨満感、胃が重い。
  4. 冷たい飲食物で下痢しやすい。
  5. 食後眠い。

苓桂朮甘湯

良附丸







○アカメガシワ・アキカラマツ・アロエ・ウコン・カミツレ・クロモジ・ショウブ・ツルナ・ホオノキ・ヨシ。


慢性胃炎
慢性胃腸病の漢方薬
胃炎
機能性胃腸症
萎縮性胃炎
慢性胃腸病
瘀血
広告








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査