ドクトルアウンの気になる情報
なおる/ナオル/




慢性胃腸病の漢方薬






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)







機能性胃腸症

慢性下痢

慢性胃炎






慢性胃腸病の漢方薬
  1. 安中散
    1. みずおちに、慢性のケイレン性疼痛があり、皮膚や筋肉が弛緩し、脈と腹部が軟弱で、へその横でドキドキして、胃のあたりをたたくと水音がする(胃内停水がある)者
  2. 胃風湯
    1. 下痢がながく続いて、患者が衰弱している場合に用いるので、真武湯証との区別がむずかしいこともあるが、本方は炎症が直腸にあって、粘血便を出し、裏急後重の気味がある者に応じる。
      本方は残存性の炎症が腸管の下部にあって、下痢の止まない者にもちいるので、裏急後重は決して強いものではない。また下痢するときには、腹痛を訴え、大便が肛門に激突して音をたててピチピチと飛び散るのも、本方を用いる目標である。
      直腸潰瘍に用いてよく、これで全治したものもある(漢方診療医典)
  3. 延年半夏湯
    1. 慢性の胃腸障害があり、立っているとみずおちが痛み、左の肩・背中にこりと圧痛があり、足が冷え、左の腹部が緊張している者
  4. 甘草瀉心湯
  5. 香蘇散
  6. 香砂養胃湯
  7. 五積散
    1. 胃酸過多症、胃内停水があり、呑酸、恷G、嘔吐、胸中、心下不快、下痢等もあって手足の冷える者《矢数道明》
  8. 五苓散
    1. 嘔吐があり、口が渇き尿量が減り、吐くとまた渇き飲むとすぐに吐く者
  9. 柴胡桂枝湯
    1. 胃痛を訴え、みずおちがつかえて堅く、へその横の下腹部に痛みがあったり、腹直筋が緊張している者
  10. 小建中湯
    1. 腹直筋の緊張が強く、腹部が膨満して、腹壁が薄く指でつまめる者で、肩こりや腹痛を訴え、血色悪く、精力が衰えている者。
  11. 生姜瀉心湯
    1. みずおちがつかえ、食べ物のニオイがするゲップがあり、おなかがゴロゴロして、下痢する者
  12. 小柴胡湯
    1. 食欲がなく、口が苦く、舌に白いコケがあり、吐き気・嘔吐、胸脇苦満がある者
  13. 四逆散
    1. 胸脇苦満があって、腹直筋が緊張し、手足が冷え、神経過敏な者
  14. 参蘇飲
  15. 真武湯
    1. 新陳代謝機能が衰え、胃のあたりをたたくと水音がする(胃内停水がある)、小便の出が悪く、腹痛・下痢があり、倦怠感・手足の冷えがある者
    2. 新陳代謝機能が衰え、胃腸に水分がたまり、排尿が不十分で、腹痛、下痢、倦怠感があり、手足の冷える者。
    3. 慢性胃腸「カタール」等にして、常に手足に寒冷を覚える証《奥田謙蔵》
  16. 参苓白朮散
  17. 清熱解欝湯
    1. 上腹部の疼痛が長引き、胸焼けがして、他薬が無効の者
  18. 旋覆代赭湯
    1. 腹部は軟弱で、みずおちに胃の蠕動亢進が見られたり、みずおちがつかえて堅く、嘔吐、胸焼け、ゲップする者
  19. 大柴胡湯
    1. 筋骨たくましく肥満気味で、胸脇苦満があり、便秘気味の者
  20. 断痢湯
  21. 人参湯
    1. 胃腸が冷えて体力無く貧血気味で疲れやすい者。
    2. みずおちつかえ、下痢(水様便・泥状便)、胃痛、嘔吐などがある者
    3. 慢性胃腸病で衰弱している患者に、人参湯を与えると、3〜4日たつと浮腫がくることがある。これは非常によい徴候であって、やがて、その浮腫のとれる頃には見違えるほど病状が軽快して、全治に向かうものである。ところが、ある時、一老人で貧血し、衰弱し、食欲無く、冷え症で、気力の無いのを目標にして、人参湯を用いたところ、2〜3日たって浮腫が現れた。そこで、これは良い徴候ですよといって、引き続き人参湯を用いたところ、浮腫はますますひどくなり、どうもおかしいので、検尿したところ、タンパク尿があり、慢性腎炎をもっていることが分かった。そこで五苓散に転方して、浮腫のとれたことがあった。瞑眩ではなかった《漢方診療医典》
  22. 半夏厚朴湯
    1. 貧血性、無力アトニータイプで、冷え性で疲れやすい者。
    2. 気分が重く、腹部軟弱で、動悸、むくみがあり、尿量減少して、胃のあたりをたたくと水音がする(胃内停水がある)
  23. 半夏瀉心湯
    1. みずおちがつかえて堅く(心下痞硬)、食欲無く、下痢や吐き気、嘔吐があり、腹部でゴロゴロ鳴る者
  24. 半夏白朮天麻湯
    1. 普段から胃腸が弱く、胃下垂や胃アトニーがあり、やせて貧血気味の者。
    2. めまい・頭痛・嘔吐があり、肩こりや背中の張りがあり、足が冷える者
    3. 38歳の主婦。
      「半月前より食欲不振と鳩尾に膨満感を覚え、食事をするとその当たりが痛いという。手足が冷え、貧血がある。便通は1日1会。肩こり、めまい、頭重、腰痛、不眠を訴え、軽い耳鳴りがある。月経量は少なく、期間は2〜3日で終わるという。出産は2会。体格は普通で、顔色は青白い。
      脈は沈んで弱く、腹を診てみると、鳩尾当たりにつかえがあり、ふくらんでいるが、全体的には柔らかい。
      血圧は(96-80)。
      そこで、脾胃の虚であろうと考えて柴芍六君子湯を10日間服用させたが、5日目頃からめまいと頭痛。悪心を起こすというので、半夏白朮天麻湯にかえた。1週間服用し、いくらか良いので、ほとんど同一の処方を4ヶ月間続けさせたところ、胃腸症状も睡眠状態も良くなり、5ヶ月間の服薬でほぼ治った。」《矢数圭堂》
  25. 茯苓飲
    1. 胃にガスと水が充満し、食欲が無く、口に水が上がってくる者
    2. 足が冷え、尿量が少なく、胃が痛んだり、みずおちに抵抗を感じる者もあります
  26. 平胃散
    1. みずおちがつかえ、腹鳴する者
  27. 補中益気湯
    1. 食べ物の味が無く、疲れやすく、元気がない者
  28. 六君子湯
    1. 胃腸が弱く、胃部に振水音あり、脈・腹ともに軟弱、みずおちがつかえる感じ、食欲無く、疲れやすく、貧血・冷え性の者。
    2. 食欲衰え、体力虚弱、冷えやすく、下痢し易い《矢数道明》



チェック
関連情報
機能性胃腸症」「慢性下痢」「慢性胃炎








TOPなおるナオル病院ランキング血液検査くすり情報針灸よく使う漢方薬