ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



麻黄(まおう)



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





広告



麻黄EPHEDRAE HERBA


[麻黄]

Ephedra sinica

Ephedra

中国、内蒙古に自生する小低木。
マオウ科Ephedraceae草麻黄Ephedra sinica Stapf(シナマオウ)その他同族植物の地上茎。
<1>シナマオウ(川麻黄):山西省北部に自生。
<2>フタマタマオウ(山麻黄):東北部から内蒙古に自生。
<3>キダチマオウ(木本麻黄):内蒙古、陰山山脈の山岳部に自生する。
<4>エフェドラ・ゲラルディアーナ:パキスタン産
麻黄の名は、舌の先を麻痺し、黄緑色になるところからくる。
北満ではフタマタマオウを「馬不食草」と呼んでいる。
放牧された家畜は、麻黄をよく知っていて、けっして食べない
使


地上茎
《傷寒論》に節を去りの注釈があるが ・・・《吉益東洞》(日本漢方/古方)は・・・後世の改ざんとして・・・全草を用いた。

味は苦く、性は温、無毒。温瀉燥中散

肺・膀胱経

麻黄=辛温解表薬
(発表薬)=発汗させて表邪を去る薬物。
発表薬には「辛温発表薬」と「辛涼発表薬」がある。
辛温発表薬・・・
 (麻黄・桂枝・紫蘇葉・荊芥・独活・防風・白芷・細辛・生姜・辛夷)
辛涼発表薬・・・
 (柴胡・升麻・葛根・薄荷・牛蒡子・菊花・香)
麻黄は辛温発表薬に含まれ、実証表症に用いられる。


“麻黄味辛能出汗 身熱頭痛風寒散”
麻黄、味辛、表を解し、汗を出し、身熱、頭疼に。風寒に発散す。
《万病回春》汗を止むるには根を用う。






(発汗・鎮咳・利尿)

◎中風・傷寒頭痛・瘟瘧を治し、

◎汗を出させ

◎邪熱の気と寒熱を治し

◎五臓の邪気を除き

◎理を通させ

◎瘟疫と山嵐瘴気を治す。

◎風寒頭痛に良い。「節を去り煎服。」

◎発表し、出汗して、根節はよく止汗する。人参で麻黄を添えると表の寒汗がない人は2服すればすぐ効果が現れる。

◎傷寒の解肌・発汗に良い。「水煎服。」

◎温瘧で汗の出ない症を治す。

◎上半身の浮腫。







ハ-バリストは全草を用いる。
<1>喘息:
<2>花粉症
<3>アレルギーの治療
<4>関節炎
<5>体液の停留

<1>アルカロイド:
  エフェドリン(ephedrine):
      血管を収縮させて、血圧を顕著に上昇する。
      心臓を興奮させる。
      気管平滑筋の痙攣を緩解する。
  ノルエフェドリン
  メチルエフェドリン
  プソイドエフェドリン(pseudoephedrine):
      心拍を抑え、血圧を下げる。
      利尿作用が顕著。
      気管平滑筋の痙攣を緩解する。
<2>タンニン

<3>サポニン
<4>フラボン
<5>精油:
     発汗作用
     インフルエンザウイルスを抑制する。


麻黄の薬理作用
交感神経興奮作用
  • エフェドリン(ephedrine)には、
  • アドレナリン(adrenaline)類似の交感神経興奮作用がある。
    • 少量投与・・・で瞳孔散大、
    • 多量では・・・全身麻痺・血圧上昇作用
    • 発汗作用
    • 気管支筋を弛緩する。
      1. 持続的で緩和(adrenalineとの違い)
      2. 経口投与でも分解されない


鎮咳作用
  • エフェドリンは、紀元前2700頃の中国で「血圧を下げ、発汗を促し、血の通りを良くし、咳にも効く」植物として使われてきた麻黄から、日本の長井義博士が発見したもの


利尿作用
  • pseudoephedrineが、腎臓血管を拡張して、利尿作用


腎機能を悪化
  • プソイドエフェドリンにはプロスタグランジン生合成阻害作用があるとみられ、腎血流量を低下させ腎機能を悪化させる可能性がある。


胆汁分泌促進作用


解熱作用
  • 非ステロイド系抗炎症剤(NSAIDs)と類似の作用
    • 含有するプソイドエフェドリンに鎮痛・抗炎症作用がある。。

(注意)
  1. 高齢者ほど有害作用が出やすい
  2. 慎重な投与が必要
    1. 病後の衰弱期、
    2. 著しく体力が衰えている者
    3. 胃腸の虚弱な者
      • 胃下垂の者に胃腸障害が起きやすい。
    4. 食欲不振・悪心・嘔吐がある者
    5. 発汗傾向の著しい者
    6. 狭心症・心筋梗塞などの循環器系に障害がある者
      • 狭心症発作を誘発することがある
    7. 重症の高血圧患者
    8. 高度の腎障害がある者
      • 腎不全が増悪することがある
    9. 排尿障害がある者
    10. 甲状腺機能亢進症の者

(併用注意)

併用すると、マオウの副作用が出やすくなる
  1. エフェドリン類を含有する製剤
  2. モノアミン酸化酵素阻害剤(MAO阻害剤)
  3. 甲状腺製剤・・・チロキシンなど
  4. カテコールアミン製剤・・・エピネフリンなど
  5. キサンチン系製剤・・・テオフィリンなど



麻黄の薬能 出典
中風、傷寒、頭痛、瘟瘧を主る 《神農本草経》
表を発して汗を出し、邪熱の気を去り、咳逆上気を止め、寒熱を除き、堅積聚を破
汗を発し、風寒を去り、喘咳を治す 《薬性提要》
壅を解き、湿を逐い、疼を除く 《古方薬品考》
喘咳・水気を主治するなり。
旁ら悪風・悪寒・無感・身疼・骨節痛・一身黄腫
《薬徴》
数方を歴観するに、麻黄の喘咳・水気を主治するや明らかなり。
故にその証にして悪風・悪寒、汗なく身疼、骨節痛・一身黄腫の者に用ひて皆治するなり
喘咳水気を主治す。「水気」=浮腫 《重校薬徴》
故に一身黄腫、悪風、悪寒、無汗を治し、頭痛、発熱、身疼、骨節痛を兼治する。
甄権は根節は汗を止むと曰う。妄なり。根を去りキザミ用う
胸満には麻黄を用いず。身疼には杏仁を用いず。
陽を発する 《大塚敬節》
発汗し、平喘し、利水する 《中薬大辞典》
傷寒の表実、発熱悪寒無汗、頭痛鼻塞、骨節疼痛、咳嗽気喘、風水浮腫、小便不利、風邪の頑痺、皮膚不仁、風疹痒を治す






薬対 ・・・・薬能の方向転換説が有名
桂枝と配合すれば発汗作用が表面に現れるが、
石膏とは逆に止汗作用となり、
杏仁とは鎮咳作用が強くなる。
朮・苡仁・赤小豆などの利水薬と配合すれば利尿作用がより顕著となる。
『麻黄+乾姜』
『麻黄+杏仁』→咳嗽気喘を治す
『麻黄+桂枝』→強い発表作用(表実無汗の者に)
『麻黄+桂枝+石膏』
『麻黄+細辛』
『麻黄+熟地黄』
『麻黄+赤小豆』
『麻黄+石膏(生)』
 →止汗作用
『麻黄+白朮』→表湿による浮腫・疼痛を治す
『麻黄+附子』
『麻黄+苡仁』
『麻黄+連翹』
漢方薬  葛根湯  (麻黄4)
五積散
 (麻黄1)
小青竜湯 
(麻黄3)
麻黄細辛附子湯 
(麻黄4)
麻黄湯   
(麻黄5)       
麻杏甘石湯 
(麻黄4)
麻杏甘湯
 (麻黄4)






<1>《陶弘景》
“これを用いるには節根を去り、水で煮て20回余り沸騰させるのだが、その時、竹片で上に浮かぶ沫を掠め取り去る。上沫は煩を生じ、根節は能く汗を止めるものだから”

<2>以下の場合には、使用を避ける。
 1.高血圧
 2.緑内障
 3.甲状腺亢進症
 4.冠状動脈血栓症

<3>以下の者は使用出来ない。
 1.モノアミンオキシダーゼ阻害薬(抗うつ薬)使用者



明治18年、14年間のドイツ留学から戻った長井長義博士は、マオウからエフェドリンを分離した。
さらに、エフェドリンの化学構造から
[β-フェニル・イソプロピルアミン]
[β-フェニル・イソプロピル・メチルアミン]
という化合物の合成にも成功した。
それが、前者からゼドリン、後者からヒロポンという覚醒剤につながった。










解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査