情報TOP
naoru.com/なおるコム/ナオルコム/





麻疹(はしか)






ナオルコムTOP ブログ 食物から検索 病名・検索 漢方薬・検索 医薬品(50音順) 50音順(すべて)









麻疹の漢方薬
はしか
発疹
発熱








はしか
⇒急性伝染病。届出伝染病。
麻疹は感染してから10〜11日たってから、感冒のような症状の熱が出ます。この時期に口腔粘膜にコブリック斑ができる。この前駆期の熱は1〜2日でいったんんは解熱します。ついで、1〜2日の後に高熱とともに発疹ができはじめます。
発疹は針頭大〜えんどう豆大の赤い斑状皮疹で、まず顔面に生じ、それから全身に広がる。
発疹が出そろうと、1〜2日で解熱するとともに、その発疹の色も退色する。
4日経っても解熱しないのは他の合併症があることが多い。

◎麻疹ウイルスの感染によって、発熱・咳・目の充血・全身性の発疹を起こす。

◎飛沫感染する。

◎好発年齢:2年以上〜就学年齢。

◎好発時期:春秋

麻疹ウイルス感染による主に小児の発疹性疾患

Koplik斑・・・上気道炎症状に続いて出現する口腔頬粘膜の小白斑
発疹・・・・・・耳後部、頸部から始まり全身に広がる紅色の斑状丘診状皮疹、融合傾向を示し、色素沈着を残す。
抗体価・・・・・高値(1〜2週間で)
白血球・・・・・基準値〜基準値以下
<1>WBC(↓)
<2>尿ジアゾ反応(+)
<3>麻疹抗体価(↑)


白血球:減少
好中球:初め増加し後減少。
好酸球:消失
リンパ球:相対的リンパ球増加




症状 発熱・・・・高熱
発疹
リンパ節腫張
その他:
  1.粘膜カタル、
  2.粘膜疹、
  3.リンパ腫
  4.気管支炎
  5.肺炎

<1>部位:
「頚、耳介後部より始まり、全身に拡大する。」
「耳後部・頚部・顔面・上肢・体幹・下肢の順に出現。」

<2>性状:
「不規則な丘疹、米粒大。」
「一部は融合し大小不同の斑紋となるが、健康皮膚面を残す落屑は軽度で、色素沈着が残る。」

<3>発疹の出現:
「初めに軽度に発熱、次いで一旦下がり、高熱とともに発疹する。

<4>コプリック斑(Koplik斑):(カタル期)





麻疹の臨床(厚生労働省
麻疹の臨床症状
  • 麻疹の潜伏期間(ウイルス曝露から症状発現)は通常10日前後であり、発熱、カタル症状、結膜充血が数日間持続した後、頬粘膜における特徴的なコプリック斑が現れる。その1-2日後から顔面に発疹が出現し始め、その後全身性の特徴的な発疹が出現し、高熱が数日間持続する。重症化しなければ症状発現7〜10日後に回復していく。


麻疹の臨床経過
  1. 前駆期〈カタル期〉:(2〜4日間)
    • 通常麻疹感受性者が麻疹ウイルスに感染すると、10日前後(8〜12日)の潜伏期間を経て前駆期(カタル期)として発症する。この時期には38〜39℃の発熱が続き、倦怠感、上気道炎症状、結膜炎症状が出現し、次第に増強する。乳幼児では下痢、腹痛等の腹部症状を伴うことが多い。発疹が出現する2日前頃には頬粘膜に、やや隆起し紅暈に囲まれた約1mm径の白色小斑点(コプリック斑)が出現する。コプリック斑は麻疹に特異的であり、診断的価値が高いが、発疹出現の2日前頃に出現し、発疹出現後2日以内に急速に消退する。また口腔粘膜は発赤し、口蓋部には粘膜疹がみられ、しばしば溢血斑を伴うことがある。カタル期に次いで、発疹期となる。
  2. 発疹期:(3〜5日間)
    • カタル期の発熱が一旦下降(1℃程度)したあと、半日位後に再び高熱(多くは39.5℃以上)を発すると共に、疾患特異的な発疹が耳介後部、頚部、前額部より出現し、翌日には顔面、体幹部、上腕に広がり、2日後には四肢末端にまでおよぶ。ウイルス曝露から発疹出現までおよそ2週間である。発疹が全身に広がるまでの3〜4日間は39.5℃以上の高熱が続く。発疹は当初は鮮紅色扁平であるが、まもなく皮膚面より隆起し、不整形の斑状丘疹となる。指圧により退色することも特徴の一つではあるが、次第に融合していき、次いで暗赤色となり、出現したときと同じ順序で退色していく。発疹期には上気道炎症状、結膜炎症状等のいわゆるカタル症状はより強くなる。麻疹の臨床経過での特徴はこのように前駆期(カタル期)と発疹期が比較的はっきりと分かれており、発熱もカタル期の終わりに一旦下降した後、より高熱を呈する(二峰性発熱)。
  3. 回復期
    • 回復期に入ると発疹は退色し、発熱もなくなり、カタル症状も軽快していく。発疹は色素沈着がしばらくは残存する。麻疹は通常このような経過をたどり、合併症がなければ回復していく。


麻疹の合併症
  • 麻疹に伴って引き起こされる合併症は30%にも達し、その約半数が肺炎であり、以下腸炎、中耳炎、クループ等がある。また、頻度は低いものの、脳炎合併例もあり、肺炎と並んで麻疹による2大死因といわれており、要注意である。
  1. 肺炎
    • 麻疹に合併する肺炎には、大きくわけて細菌の二次感染による細菌性肺炎とウイルス性肺炎等があるが、最近の死亡例や呼吸管理を要する重症例には、間質性肺炎が多くみられている。
  2. 脳炎
    • 1000例に0.5〜1例の割合で発生する。麻疹の重症度に関係なく、発疹出現後2〜6日頃に発症することが多い。半数以上は完全に回復するが、精神運動発達遅滞や麻痺などの後遺症を残す場合があり、10〜15%は死亡するといわれている。特異的治療法はない。
  3. 亜急性硬化性全脳炎(SSPE)
    • 麻疹罹患後平均7〜10年で発症し、知能障害や運動障害が徐々に進行し、ミオクロニーなどの錐体・錐体外路症状を示す。徐々に進行し、発症から平均6〜9か月で死の転帰をとる進行性の予後不良疾患である。麻疹ウイルスの中枢神経系細胞における持続感染により生じるが、本態は不明である。麻疹初感染時の症状はほとんどが軽症で、その後もウイルスの一部の蛋白の発現に欠損が認められる欠損ウイルス粒子として存在し続けると言われている。


非典型的な経過をとる麻疹
  1. 修飾麻疹(Modified measles)
    • 麻疹に対して不完全な免疫を持つ個体が麻疹ウイルスに感染した場合、軽症で非典型的な麻疹を発症することがある。その場合潜伏期は14〜20日に延長し、カタル期症状は軽度か欠落し、コプリック斑も出現しないことが多い。発疹は急速に出現するが、融合はしない。通常合併症はなく、経過も短いことから、風疹と誤診されることもある。以前は母体由来の移行抗体が残存している乳児や、ヒトγ−グロブリンを投与された後にみられていたが、最近では麻しんワクチン接種者がその後麻疹ウイルスに暴露せず、ブースター効果が得られないままに体内での麻疹抗体価が減衰し、麻疹に罹患する場合(Secondary vaccine failure)もみられるようになった。
  2. 異型麻疹(Atypical measles)
    • 現行の弱毒生麻しんワクチン接種以前に、生ワクチンの発熱率が高く、不活化ワクチンと併用されていた時期があった。不活化ワクチン接種2?4年後に自然麻疹に罹患した際にこの病態(異型麻疹)がみられることがある。4?7日続く39?40℃台の発熱、肺炎、肺浸潤と胸水貯溜、発熱2?3日後に出現する特徴的な非定形発疹(蕁麻疹様、斑丘疹、紫斑、小水疱など、四肢に好発し、ときに四肢末端に浮腫をみる)が主症状で、Koplik斑を認めることは少ない。全身症状は1週間くらいのうちに好転し、発疹は1?3週で消退する。回復期の麻疹HI抗体価は通常の麻疹に比して著明高値をとる。発症機序はホルマリンで不活化された麻しんワクチンが細胞から細胞への感染を予防するF(fusion) 蛋白に対する抗体を誘導することができなかったことあるいは不活化ワクチン由来のアレルギーによると推論されている。異型麻疹と修飾麻疹とは全く別の病態であり、現在わが国では異型麻疹の発生はない。




麻疹ウイルス
パラミクソウイルス科に属し、RNAウイルスである。
  • ・飛沫感染で、感染力強い。
    基準値:
    4倍未満(CF法)(NT法)
    8倍未満(HI法)





合併症が怖い
7歳頃から時々物忘れをするようになり、それまで上手だった字が下手になってきた。1ヶ月ぐらいして手足が無意識的に動くことに気づき来院した。

検査により、血液や髄液の中の麻疹の抗体が高いこと、脳波の異常などから『
亜急性硬化性全脳炎(SSPE)』と診断された。

麻疹にかかった(1歳未満が多い)あと、数年の潜伏期間を経て発病する極めてまれな中枢神経の病気で、麻疹ウイルスによる遅発性ウイルス感染症と呼ばれている。

決定的な治療法はなく。最近特定疾患に指定された。

発病を予防するには麻疹にかかることを防ぐことである。

麻疹ワクチンを徹底し、子供(特に1歳未満)を麻疹から守ることである。実際ワクチンの接種が行き届いている先進国ではこの病気は最近ほとんどみられない。


麻疹はこの他にも、『肺炎』や『脳炎』といった重篤な合併症が知られており後遺症を残すことが多く、今でも軽んじてはいけない重要な子供の病気の1つである。麻疹のワクチンもやらない人が多くなったが、自分の子供を麻疹から守るためにも、1歳未満のワクチンを接種してほしい




麻疹(はしか)の漢方薬
黄蓍建中湯

黄連阿膠湯

黄連解毒湯
  1. 疹未だ尽きず、怫々として発熱し、煩悶寧らざる者を治す。
  2. 発せず、内欝煩悶、面熱し、赤斑皮中に隠々し、発透する能わざる者:「牛蒡子・甘草・大黄」《麻疹心得続録》
  3. 毒熱壅滞し因って面赤、身熱、譫語、煩渇、疹色赤紫にして黯を帯びる者、先ず「化斑湯」を与え、差えざる者は「牛蒡子・甘草・大黄」を用いて一下すべし。《麻疹心得続録》


葛根黄連黄U湯

葛根湯

銀翹散

桂枝加葛根湯 

桂枝加厚朴杏仁湯(初期)

桂枝加大黄湯

桂麻各半湯

犀角解毒湯《寿世保元》

柴苓湯《万病回春》

十仙湯《寿世保元》

小柴胡湯
  1. 麻疹、及び痘瘡等にして、煩渇甚だしき者には、証に由り石膏を加味し、或いは白虎湯を合方す。《奥田謙蔵》
  2. 麻疹発し、熱頗る解すも、余熱未だ解せず神色了了ならず、食未だ進まざる者:「荊芥・防風・連翹」《麻疹心得続録》
  3. 発疹後には一般に小柴胡湯を用い、順調なものはこれで治る。また微熱が続き肺結核の続発が考えられるような場合にもこの方尾w用いる。頸部リンパ節腫脹、気管支炎、中耳炎などが併発した場合は小柴胡湯加桔梗石膏として藻チル。小柴胡湯で効のない場合は、柴胡清肝散で奏功することがある(漢方診療医典)
  4. 麻疹発して後、胸脇苦満、嘔吐、煩渇し、飲食進まざるを治す:「桔梗石膏」


消毒飲《寿世保元》

升麻葛根湯《万病回春》

四物湯《寿世保元》
  1. 麻疹前後に熱に潮ありて退かざる等の症を治す。《寿世保元》
    @渇を発する:「麦門冬・犀角汁」
    A嗽には:「括楼仁」
    B痰あれば:「貝母・陳皮」
    C患部が紅紫乾燥して暗晦:「生地黄を使い紅花・


真武湯
  1. 麻疹には附子剤を用いることはほとんど無いと古人は言っているが、筆者は急性肺炎と麻疹が合併した重症患者に、真武湯と四逆湯を用いて治したことがある。高熱がいつまでも続き柴胡剤で効のない時は附子剤を考えてみる必要がある(漢方診療医典)

四苓湯《万病回春》

清金降火湯《済世全書》

宣毒発表湯

走馬湯

蘇葛湯《済世全書》

大柴胡湯

大承気湯

大青竜湯

竹葉石膏湯

竹葉柳蒡湯

調胃承気湯

猪苓湯

導赤散《万病回春》

二仙湯《寿世保元》

麦滑散《陳氏》

白虎加人参湯

白虎解毒湯《寿世保元》

防風通聖散《万病回春》

麻黄湯
  1. 麻疹、脈浮数にして、発熱、身疼、腰痛し、喘咳し、表壅りて出斉せざる者を治す。《類聚方広義》


麻杏甘石湯
  1. 疹初め出で透徹せず、無汗喘急する者は表気閉塞、その毒払鬱するなり。麻杏甘石湯に宜し


麻疹一方《寿世保元》








解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査