ようこそ!!     ドクトルアウンの気になる健康情報 へ     シッカリ食べて  ・・・  バリバリ働き  ・・・  グッスリ休んで ・・・ ドッサリうんちをする。     そんな私に・・・・・なりたい。    
情報TOP



麻疹(はしか)の漢方薬



HOME ブログ 通 販 通販カタログ 病名(症状) 漢方薬 医薬品(一般名・商品名)





麻疹(ましん) 

はしか

発疹

発熱
広告



麻疹(はしか)の漢方薬
  1. 黄蓍建中湯
  2. 黄連阿膠湯
  3. 黄連解毒湯
    1. 疹未だ尽きず、怫々として発熱し、煩悶寧らざる者を治す。
    2. 発せず、内欝煩悶、面熱し、赤斑皮中に隠々し、発透する能わざる者:「牛蒡子・甘草・大黄」《麻疹心得続録》
    3. 毒熱壅滞し因って面赤、身熱、譫語、煩渇、疹色赤紫にして黯を帯びる者、先ず「化斑湯」を与え、差えざる者は「牛蒡子・甘草・大黄」を用いて一下すべし。《麻疹心得続録》
  4. 葛根黄連黄U湯
  5. 葛根湯
  6. 銀翹散
  7. 桂枝加葛根湯 
  8. 桂枝加厚朴杏仁湯(初期)
  9. 桂枝加大黄湯
  10. 桂麻各半湯
  11. 犀角解毒湯《寿世保元》
  12. 柴苓湯《万病回春》
  13. 十仙湯《寿世保元》
  14. 小柴胡湯
    1. 麻疹、及び痘瘡等にして、煩渇甚だしき者には、証に由り石膏を加味し、或いは白虎湯を合方す。《奥田謙蔵》
    2. 麻疹発し、熱頗る解すも、余熱未だ解せず神色了了ならず、食未だ進まざる者:「荊芥・防風・連翹」《麻疹心得続録》
    3. 発疹後には一般に小柴胡湯を用い、順調なものはこれで治る。また微熱が続き肺結核の続発が考えられるような場合にもこの方尾w用いる。頸部リンパ節腫脹、気管支炎、中耳炎などが併発した場合は小柴胡湯加桔梗石膏として藻チル。小柴胡湯で効のない場合は、柴胡清肝散で奏功することがある(漢方診療医典)
    4. 麻疹発して後、胸脇苦満、嘔吐、煩渇し、飲食進まざるを治す:「桔梗石膏」
  15. 消毒飲《寿世保元》
  16. 升麻葛根湯《万病回春》
  17. 四物湯《寿世保元》
    1. 麻疹前後に熱に潮ありて退かざる等の症を治す。《寿世保元》
      @渇を発する:「麦門冬・犀角汁」
      A嗽には:「括楼仁」
      B痰あれば:「貝母・陳皮」
      C患部が紅紫乾燥して暗晦:「生地黄を使い紅花・
  18. 真武湯
    1. 麻疹には附子剤を用いることはほとんど無いと古人は言っているが、筆者は急性肺炎と麻疹が合併した重症患者に、真武湯と四逆湯を用いて治したことがある。高熱がいつまでも続き柴胡剤で効のない時は附子剤を考えてみる必要がある(漢方診療医典)
  19. 四苓湯《万病回春》
  20. 清金降火湯《済世全書》
  21. 宣毒発表湯
  22. 走馬湯
  23. 蘇葛湯《済世全書》
  24. 大柴胡湯
  25. 大承気湯
  26. 大青竜湯
  27. 竹葉石膏湯
  28. 竹葉柳蒡湯
  29. 調胃承気湯
  30. 猪苓湯
  31. 導赤散《万病回春》
  32. 二仙湯《寿世保元》
  33. 麦滑散《陳氏》
  34. 白虎加人参湯
  35. 白虎解毒湯《寿世保元》
  36. 防風通聖散《万病回春》
  37. 麻黄湯
    1. 麻疹、脈浮数にして、発熱、身疼、腰痛し、喘咳し、表壅りて出斉せざる者を治す。《類聚方広義》
  38. 麻杏甘石湯
    1. 疹初め出で透徹せず、無汗喘急する者は表気閉塞、その毒払鬱するなり。麻杏甘石湯に宜し
  39. 麻疹一方《寿世保元》









解説TOP通販TOP広告TOP病院ランキング血液検査